1day,1page

ろんぐろんぐたいむはろう

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

FC2レポート

chargeupさんの「アメブロレポート」発、他社ブログサービスレビュー企画に参加します。
私の担当は、ブログレビューサイトで軒並みトップに君臨しているあのFC2です。緊張するぜ。私の筆力では畏れ多くもあの素晴らしきFC2の真の魅力をみなさまにお伝えできないに違いな(はいはい、今やりますってば)

【追記:2007/1/12】
FC2ユーザー sugar pot様から、トラックバックをいただきました。
FC2ブログって
この記事の誤り・疑問点を詳細かつわかりやすく訂正・補足してくださっています。ありがとうございます。以下、私の記述が誤っていた部分のみ追記訂正しましたが、読者様におかれましては、その他の部分についてもぜひ sugar pot様の記事をご参照ください。

記事作成の自由度

テキスト入力時、折りたたみ式の「続きを読む」設定ができる。普通は「導入文」+「本文」という使い方? 私は「創作 + 裏話」「妄想文 + 照れ隠し文」「四角四面主張文 + ひとりごと・ぼやき」といった用法で使っています。HTMLタグ入力支援機能あり。文字の色・大きさ・太字・斜体・打消し線・下線の指定、引用枠の挿入が簡単。テキストに変化を付けたいユーザーには良。テキスト容量は無制限。

記事に画像ファイルを添付アップするY!Bと違い、ファイルのアップロードスペースが別にある(先にアップロードしておき、記事作成時にURLを指定)。添付アップと比べると一手間多くなるが、同じ素材ファイルを使いまわすユーザーにはこのほうが楽かも。音源・動画・java・テキスト・CSSファイルなどもアップロードできるという気前のよさ(私には猫に小判)。1ファイル500kまで、容量の上限は1GB。

拡張性の高さ

ともかくテンプレートが豊富。「公式テンプレ」+「ユーザー共有テンプレ」でどれだけ数があるのかわからない。変えて遊ぶだけで1ヶ月楽しめそう。小説連載に使えそうな変り種のテンプレもあり。創作ブロガーならやっぱFC2ですよ!CSSをイジる器量があればカスタマイズ可能。

アクセス解析・カウンターはもちろん、豊富なブログパーツを公式/共有プラグインから選んで設置できる。共有テンプレ/プラグインの異様なこの豊かさにおいて、FC2はYahoo!の対極。

データ保護

カテゴリー別/月別にデータをバックアップ(ダウンロード)できる。さすがと言いたいところだがコメントは対象外のよう・・・ちぇ〜。ログのインポート機能あり。
【追記:2007/1/12】
バックアップデータにはコメント・トラックバックデータも添えられるそうです。完璧!(自分のバックアップデータを見れば済む話でした・・・手抜き^^;)

ユーザー保護

プライベートモードに設定すれば、閲覧パスワード付きのブログに早変わり。閲覧者を(Y!Bのように)同一サービス利用者に限定しない点がいい。コメント・トラックバックとも承認後公開機能あり。言及リンクなしTB・英数字のみのコメント/TBを弾く機能ありでスパム対策も充実。新記事を投稿するたびに英文コメント(スパム)が入るようになって、はじめてこの機能のありがたさを知った。

禁止IP・禁止ワードを設定できるので、不快なコメントやTBを繰り返す訪問者をブロックできる。Y!Bの脆弱なシステムに鍛えられたこの私には使い時がわからない機能。そこまでしたくなる揉め事がブログで発生するものなの?ものなのか?ものなのかもね・・・
「なりすましコメント防止機能」とかいうのがあるらしいが、私にはわかりまへん。

発信・コミュニケーション支援

内緒コメント機能あり。私のブログでは、管理画面まで行かないと確認できないので、見落とす可能性あり。私は内緒コメントはあってもかまわない派です(※ただし、レスはお約束できません)。

管理画面でFC2ブロガーの訪問履歴を見ることができる。履歴リストで訪問者のブログイメージを見れたり。けっこうおもろい。このあいだ久しぶりに見たら、みつくるさんの履歴があったよ、ハイホ〜! アクセス欲しさに大量のブログを渡り歩く(いわゆる巡回)行為の温床となっている、かどうかはわからないが、表に出ていないのでトラブルの元になることは少ないと思われる。

トラックバック企画などのユーザー参加型企画をFC2がやっているのかは未確認。やっていても盛り上がっているのかどうか。FC2提供のチャットサービス・掲示板などを利用しているユーザーが一定数いるならば、オープンなSNSの雰囲気をかもし出しているユーザー陣営があるかもしれません。

新記事投稿時、さまざまなブログ検索サービスに「情報の更新を送信する(pingを飛ばす)」ことができるらしい。Y!Bには皆無の機能だが・・・どういった効果があるのだろうか。わからん。

運営者の姿勢

FC2の運営姿勢はおおむね好評の模様。問い合わせたことは無いが、ユーザーサポートは悪くない印象。
ユーザーフォーラム

利用規約で規定されている「禁止行為」も一般的な条項で、特筆すべき点はないような。特筆すべきは、ユーザーが作成したコンテンツの著作権についての文言。
ユーザーはFC2ブログ内においてユーザーが作成したテキスト・画像・テンプレート等の内容について著作権を有するものとします。
FC2はユーザーが作成したコンテンツを転載、要約する権利を有します。
Yahoo!(※Y!Bではない)の利用規約の文言とは雲泥の差。
ユーザーはYahoo! JAPANに対して、当該コンテンツを日本の国内外で無償で非独占的に使用する(複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案を含む)権利を許諾(サブライセンス権を含む)したものとみなします。また、ユーザーは著作者人格権を行使しないものとします。
こうして比べると、FC2の善良な日本語には涙が出るねぇ。やっぱり創作するならFC2だね。

FC2でもブログ強制削除があるのか。あるとしたらどういったプロセスを経るのか、を調べたいところですが、規約に説明はありませんでした。敢えて上げるなら、ここか。
禁止行為を行った場合は予告なく利用を停止しするとともに、禁止行為に基づきFC2または第三者が損害を被った場合は、当該ユーザーはこれを賠償するものとします
利用停止・・・てことは、更新停止処分(ログは残る)ということなのか?

総評

◆記事作成の自由度 ○
◆拡張性の高さ ◎
◆データ保護 ◎
◆ユーザー保護 ◎
◆発信・コミュニケーション支援 △?
◆運営者の姿勢 ○
と判定しました。各評価項目のバランスが良い上に、初心者にとっても上級者にとってもイジりがいがある、スタンダードなブログにも個性的なブログにもなり得る、それがFC2ブログ。素晴らしい。なぜ私はまだYahoo!に居るのだろうか。かなり疑問。

調べる根気が尽きたので、とりあえずここまでにします。お粗末。

開く コメント(39)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事