くにしおもほゆ

羅針盤を見誤ることなかれ
陸・海・空ミリタリーNEWS    

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

『電脳工廠・兵器・(武器,弾薬)庫』( アメーバブログ)より転載させて頂きました。

 
(以下、転載記事  ↓のタイトルをクリックして元記事に行けます)                               日本

防衛省人事 陸上総隊司令官に眦津貶総監 陸海空約70人

  
NEW2019-08-20 06:02:58
テーマ:
朝雲(古)新聞
 トップニュース

防衛省人事 陸上総隊司令官に眦津貶総監
陸海空約70人
(2019年8月23日)

2019年8月19日更新
 
 
眦栂上総隊司令官
 
井筒航空総隊司令官
 
中尾佐世保地方総監
 政府は8月8日の閣議で、住田和明陸上総隊司令官の勇退を認め、後任に眦長郤東方総監を充てる人事を了承した。陸自ではこのほか、北方総監に吉田圭秀8師団長、東方総監に小野塚貴之陸幕副長、中方総監に野澤真2師団長が就任する。海自では勇退する菊地聡佐世保地方総監の後任に中尾剛久舞鶴地方総監、空自では勇退する武藤茂樹航空総隊司令官の後任に井筒俊司西空司令官が就く。将に9人、将補に16人が昇任し、約70人が動く。いずれも8月23日付。
 
 
 
 防衛関連ニュース

RDEC教官要員など参加幹部 陸幕長に出国報告
(2019年8月6日)

2019年8月19日更新
 
 湯浅陸幕長(中央)に出国を報告したRDEC派遣要員ら。左から吉田事務官、津田憲二2尉、藤堂団長、本田泰士3佐、中上聡2尉、末吉部長(8月6日、陸幕長応接室で)
 【陸幕】国連施設部隊早期展開プロジェクト「RDEC(アールデック)」の教官要員などとしてアフリカのウガンダに派遣される陸自12施群(岩見沢)副群長の藤堂康次2佐以下陸自幹部4人と内閣府PKO事務局の吉田祐樹事務官が8月6日、陸幕を訪れ、湯浅陸幕長に出国を報告した。末吉洋明運用支援・訓練部長が立会した。
 5人を応接室に迎えた湯浅陸幕長は、先月、国連本部での国連平和維持活動(PKO)参謀長会議に参加した際のエピソードを明かし、「RDECを所掌する国連活動支援局の・・・
 
 
 
 防衛関連ニュース

ロシア軍哨戒機2機 日本海など往復
(2019年8月8日)

2019年8月19日更新
 
 ロシア軍のツポレフTu142哨戒機=写真=2機が8月8日、対馬海峡の公海上空を通過し、日本海と東シナ海を往復飛行したため、空自の中空、西空のF15戦闘機などが緊急発進して対応した。領空侵犯はなかった。
 ウラジオストク方面から日本海に飛来した2機のTu142は、南西に進路を取り島根県の竹島と・・・
 
 
 
 防衛関連ニュース

ロシア海軍駆逐艦が宗谷海峡を東進
(2019年8月8日)

2019年8月19日更新
 
 8月8日午前10時ごろ、ロシア海軍の「ウダロイⅠ」級ミサイル駆逐艦1隻(満載排水量約8600トン、艦番号572「アドミラル・ヴィノグラドフ」)が北海道・宗谷岬の西方約130キロの公海上を東に向け航行するのを海自1ミサイル艇隊のミサイル艇「くまたか」が確認した。
 露軍艦はこの後、宗谷海峡を東進してオホーツク海に入った。
 
 
 
 防衛関連ニュース

JMASの鈴木理事長らにカンボジアから勲章
地雷処理や学校建設など評価
(2019年7月8日)

2019年8月19日更新
 
 カンボジア地雷処理センター(CMAC)の隊員たち(右側)から盛大な歓迎を受けるJMASの鈴木理事長(左から2人目)=7月8日、カンボジアで(JMAS提供)
 自衛隊OBらでつくる認定NPO法人「日本地雷処理を支援する会」(JMAS、岡部俊哉会長=前陸幕長)の鈴木純治理事長(元中方総監)と、同会の特別協力企業の小松製作所(コマツ)の浦野邦子取締役は7月8日、カンボジアの発展に寄与したとして、国王からの「カンボジア王国友好勲章」を受章した。
 この勲章は同国の発展に貢献した外国人に贈られるもので、バンテアイミアンチェイ州で同日、JMASが建設した小学校の校舎を地元に引き渡す式典に来賓として出席した両氏にカンボジア地雷処理センター(CMAC)のヘン・ラタナ長官から伝達された。
 式典には地元住民ら約300人が出席。鈴木、浦野両氏の祝辞に続き、同州のオウム・レットライ知事とCMAC長官が謝辞を述べ、JMASの事業継続を強く要望した。州知事の謝辞の中で地元住民が一斉に起立し、日本語で「・・・

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

テレ東NEWS

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

嫌韓・謙中チャンネル


日韓対立激化、沈黙の中国はこう観察していた


8:55min

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

パチンコ屋の倒産を応援するブログ 』(exciteブログ)より転載させて頂きました。

 
 (以下、転載記事  ↓のタイトルをクリックして元記事に行けます)                                      

  日本側が韓国に合わせる理由がない


人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
---------

まずは中央日報の社説から。

-----
【【社説】節制した光復節対日メッセージ…安倍政権が応える番だ】
(2019/8/16 中央日報)
-----

日本側が協議をしようとするのなら応じてやるぞという
上から目線を崩さない無礼な文在寅の演説を受けての社説なのですが、
文在寅の演説の目的をよく代弁していると思います。
勝手に人の家の庭にボールを投げ込んで
「ボールはおまえ達の側にある、おまえ達が誠意ある対応を示す番だ」
と言っているんです。


そもそも文在寅の政治スタイルが「反日一辺倒」でしかありません。
対日外交に対しては文在寅は就任以来反日しかやっていないんです。


その上で対テロという国際社会の合意に対しての韓国の動きはというと・・・。

-----
・対テロという国際的な枠組みを作っていくことで国際社会で合意し
各国で武器製造に転用できる物資の輸出管理を徹底する事を進めており、
日本を含めた各国が法律を整備している中、
北朝鮮への支援のためなのか文在寅は3年間法整備を無視し続けてきた。
(なので韓国だけは武器製造に転用できる物資の流通管理が整備されていない)

・韓国による不正転売、不正輸出、不正流用等への懸念から
日本は韓国に対して再三にわたり協議要請をするも文在寅政権はずっと無視を続けた。

・文在寅就任から日本からのフッ化水素等の輸入量が倍増。
  →日本側にその用途のエビデンスの提出を拒否し続けて現在も出していない

・文在寅就任からイランや北朝鮮への不法輸出の摘発事例が急増
 (しかも摘発内容がすべて「事後」に不正の事実を確認しただけで阻止できていない)
-----

これで外務省や経産省の官僚が当初は
韓国をホワイト国から除外する事に対して断固反対の姿勢だったんです。
下手をすれば韓国のせいで日本も巻き込まれて
日本も欧米市場から排除されかねない致命的なリスクをもっているのに・・・です。

で、自民党内から経産省や外務省の官僚を説得を繰り返し
政治主導によってホワイト国除外が進められました。


朝鮮人応募工タカリ裁判の件では
-----
・国際法無視の「朝鮮人応募工タカリ裁判」で自身の思い通りの判決が出るように韓国大法院のメンバーを入れ替えたのが文在寅
・韓国大法院が文在寅の思惑を裏切らないように判決を出す直前に前大法院行政処次長を見せしめ逮捕

・日本側の抗議に対して「三権分立だから日本も韓国大法院の判決を受け入れるしかない」と会見で説明
(国際条約よりもそれぞれの国の法律よりも韓国の裁判所の方が上であるから日本も従えという文在寅のミラクル理論)
-----

それ以外にも文在寅は

-----
・日韓慰安婦合意のために作られた財団を一方的に解散させた。
(日本側だけが合意を履行したのに韓国側は何一つ合意を履行しなかった上に国家間での合意をやっぱり破った)
-----


ホワイト国からの除外という日本側の対応は
日本の経済を守るためにも取らなければならない措置でした。

ところが自称・外交の天才の文在寅は
日本に対して脅しと嫌がらせを繰り返しました。

いつもだったらこれで日本が必ず譲歩して韓国が一方的に利益を得るだけ
という形になっていたのにいくら脅しや嫌がらせを続けても
日本がホワイト国除外措置を撤回しない。おかしい!

そこで新たな方法として急遽韓国版ホワイト国(具体的な中身はよく決まっていない)を
先月末にでっち上げ
「日本をホワイト国からしてやったニダ」
「これでお互いホワイト国からの除外は不毛なので日本は韓国のホワイト国からの除外を撤回するニダ」

韓国式交渉術の基本ですね。

一方的に自分たちに非がある場合には勝手に自分たちの新たな条件をつくって
「どっちもどっちニダ」とか
「こっちは(ついさっきでっち上げた条件)譲歩してやったニダ。おまえも譲歩するニダ」
とやるのです。

しかしながらホワイト国除外は
あくまでも日本側が「特例として認めてあげていた」だけの制度で
お互いの国の合意によって作るものではありません。
ですから世耕大臣は韓国側の主張の一切を相手にしていません。

そりゃそうですよ。
在日の特別永住許可だって
「日本政府側が特例中の特例として認めてやっている」
だけであって在日どもが特例撤廃を認めないから撤廃できない
という手合いのものではないんですから・・・。
(在日特権を固定化させる合意をした中山太郎、海部俊樹、小沢一郎の罪は重い)

いつもの脅しがダメならと
急遽韓国版ホワイト国制度をでっち上げて
「日本も悪いのだからどっちもどっちニダ」
という話にする手も全く通じませんでした。

そこで自称・外交の天才の文在寅は彼なりの次の一手として
「日本側が協議したいというのなら応じてやっても良いニダよ?」
と、あくまでも自分たちの方が立場が上であるというスタンスを全く崩さない状態で
日本側に自分たちが歩み寄ってやったんだぞとやってきたに過ぎません。

これも相手にする価値は全くありません。

韓国側は現時点においても
韓国での不正輸出、不正流用、不正転売等を規制する法整備を行わないままです。

韓国側が「日本が韓国側の流通管理を信用できる」ための仕組みを整備しないのですから、
日本が「今後韓国はエビデンスつけて申請出してね」と求めるのは当然でしょう。

朝鮮人応募工タカリ裁判の件だってそうです。
日韓基本条約を守らないで
「日本に賠償をタカリ続ける新たなカードニダ!」
とやっているのですから日本側が韓国側と協議する話ではありません。

韓国が国と国で合意した内容を少しでも守ろうとするのならまだマシでしょう。
実際には日本との国と国との合意について全く守ろうとせずに、
ひたすら反故にしているだけです。

日本側は韓国をまともな国と扱わないのはむしろ「当然やらなければならない措置」でしかありません。

ホワイト国除外の件は
日本の経済のためにやらなければならない当然の措置でした。

朝鮮人応募工タカリ裁判の件の件は
文在寅がその権力を使って裁判結果を導いたものでもあり、
国際条約を守らない韓国に対して日本が譲歩する理由が全くない事案の一つです。
したがってこれも相手にする意味がありません。


結局、韓国側の主張というのは
「すべて日本側が相手にする価値がない」
というしかありません。

韓国側が勝手な事をやって勝手に自爆しているだけの話に
日本側が付き合う理由などないのですから。


一方で権力の乱用に躊躇のない文在寅に対しては
韓国内で文在寅退陣要求デモが繰り返し行われているようで
8月15日には特に大規模なものになっていたようです。

-----
【8.15の光復節にソウル駅で文在寅大統領退陣要求デモが行われる】
8月15日は韓国では光復節といい独立を記念する日だ。そんな8月15日にソウル駅と崇礼門(すうれいもん)を結ぶ道路にて文在寅(ムン・ジェイン)大統領の退陣を要求する国民大会が開かれた。
8月15日の13時、共和党とチョンマンイン無罪釈放本部などで構成された「朴槿恵大統領の無罪釈放の1千万国民運動本部」がソウル駅広場で集会を開催。

現在、彼らは文在寅大統領の退陣を要求し朴槿恵前大統領の弾劾に反対する集会を進めている。

現場に集まった参加者らは「文在寅退陣」、「文在寅弾劾」などのメッセージが書かれた帽子や旗などを振りながら自分たちのメッセージを伝えている。

特に彼らは、「文在寅大統領が日本の経済報復を予測しないまま、北朝鮮の心配ばかりしている」と声を挙げた。
(2019/8/15 ゴゴ通)

-----

参加者20万人とも30万人とも言われています。
ですが韓国と日本のマスゴミはこの事実について基本的に報じません。

日本のマスゴミはもう中の人達が基本的にキムチに乗っ取られていると考えれば、
韓国にとって都合の良くない話は無かったことにするということでしょう。
昨日もTBSがなぜかTBS以外で韓国人の不祥事について
過去に遡ってSNSの書き込みを削除させている事でもTBSの汚鮮度がわかります。
さすがは「韓国語ができないと出世できない」と社員に言わしめたテレビ局です。

では韓国メディアのほうは何でかというと、
文在寅が露骨に韓国メディアに圧力をかけているからです。

韓国大好きで韓国のことばかり報じる日本のマスゴミですが、
韓国の都合の悪いニュースが報じられないので実態があまり伝わっていません。

文在寅はその独裁を確かなものにするために
警察トップも逮捕していますし、
韓国司法からも見せしめ逮捕を3人も出しています。

マスゴミもまた文在寅が逮捕をちらつかせ、また公然と記者を批判し、
韓国与党も韓国国会からでも特定の記者への批判を公然と行っています。

日本のマスゴミは言論の自由がというのなら
韓国の現状をきちんと報じて批判したらどうでしょうかね?

韓国マスゴミは文在寅によって繰り返し恫喝をされ、
文在寅批判の記事を書かなくなりました。

そのため文在寅退陣要求デモについても黙ったままなのです。

韓国版菅直人と言っていい文在寅は
その無能さで韓国を追い詰め、自分をも追い詰めていくのでしょう。

日本がこれに付き合う理由はありません。

むしろ日本は韓国から大量に日本に逃げ込もうとしてくる
不法入国や不法滞在をもっとしっかりと取り締まれるように
ビザ無し渡航をとっとと廃止すべきですし、
入国管理ももっともっと強化すべきでしょう。

すくなくともフェリーでやっているように
「基本ほとんどチェックしない」
というやり方を許すのは間違いです。
(だから日本からの美術品盗難ルートはフェリーが基本になっているのですし)

---------
↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事