くにしおもほゆ

羅針盤を見誤ることなかれ

全体表示

[ リスト ]

宮崎淳さんは2011年10月に起こったトルコの大地震を救援するため「国際NGO 難民を助ける会」のメンバーとして活動されていましたが、宿泊したホテルが翌月の余震によって倒潰し、救出はされたものの病院で亡くなっておられます。
 
写真は現地で慕われていた宮崎さん、そして丁重な葬儀の式典です。
日本とトルコの強い絆については良く知られていますが、御存じない方は一番下の報道記事に簡単に載っていますのでご覧ください。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トルコ:宮崎さん忘れない…地震救援、死亡 銅像も設置へ

毎日新聞 2013年02月03日 10時19分(最終更新 02月03日 12時49分)
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20130203k0000e040125000p_size5.jpg
トルコで制作中の宮崎淳さんの銅像=エンシジ・ムラートさん提供
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20130203k0000e030134000p_size5.jpg
宮崎淳さんの銅像が設置される公園「ミヤザキ・パーク」=エンシジ・ムラートさん提供
 11年11月、トルコ東部の大地震の救援活動中に亡くなったNPO法人職員の宮崎淳(あつし)さん(当時41歳)=大分市出身=の銅像が今夏、トルコ国内の黒海に臨む「ミヤザキ・パーク」と名付けられた公園に設置される。「被災者を救おうとトルコまで来てくれた宮崎さんのことを忘れないように」と、公園がある市の市長が企画した。宮崎さんの母恵子さん(69)は「悲しみは癒えないが、遠いトルコの方々が息子の活動をたたえてくれて元気が出る」と話している。
 トルコ東部をマグニチュード7.2の地震が襲ったのは11年10月。多数の人々ががれきに閉じ込められた。宮崎さんは東京都のNPO法人「難民を助ける会」の職員として被災地に入ったが、11月9日の余震で宿泊先のホテルが倒壊し、亡くなった。会に入ったのは約3カ月前で、トルコは宮崎さんにとって初めての海外支援国だった。
 銅像が設置されるのはトルコ西部のゾングルダク県コズル市。地元の芸術家が宮崎さんの顔写真を基に高さ約2メートルの銅像を制作した。昨年夏に市長と会った同県出身で福岡市在住のエンシジ・ムラートさん(36)によると、制作費を市が予算化した。市長は「東日本大震災後の報道を見て、日本人の我慢強さに感動した。その後に、トルコで日本人が犠牲になり、とても悲しかった」と話していたという。公園には既に「ミヤザキ・パーク」と書かれた看板がある。

 ◇各地の公園、診療所に「ミヤザキ」命名

 「難民を助ける会」によると、トルコでは、宮崎さんが亡くなった東部ワン市の大学内の診療所や高校の実験室、イスタンブール市の防災用の公園など、既に複数の場所に宮崎さんの名前を冠した名称が付いているという。特に被災地では宮崎さんの名前は多くの市民の記憶に残っているといい、恵子さんは「昨年5月に被災地を訪れた時に、子供たちからも『宮崎さん』と声をかけられ、胸が詰まった」と話す。
 「難民を助ける会」の堀江良彰事務局長は「宮崎さんが聞けば、照れくさがると思うが、彼の気持ちが銅像のような形で現地に残るなら、うれしい」と話している。【遠藤孝康】

 ◇親日国のトルコ◇

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮崎淳さんにトルコ全土で哀悼の意 大統領は天皇陛下に感謝の書簡

2011/11/14 19:10 (J-CASTニュース)
トルコ東部で発生した地震で、救援活動のため現地を訪れていたNPO法人「難民を助ける会」の宮崎淳さんが亡くなったことに、トルコではインターネット上で哀悼の意を表す人が現れている。
トルコの大統領は天皇陛下に書簡を送り、宮崎さんへの弔意を示した。遺体がトルコを離れる際は、空港でトルコ政府によるセレモニーが行われた。

「トルコ国民は自己犠牲の精神を決して忘れません」

http://www.j-cast.com/images/2011/news113088_pho01.jpg
トルコ外相はツイッターで「宮崎さんの家族は我々の家族だ」とつづった
トルコ東部では現地時間2011年11月9日、マグニチュード5.7の地震が発生、宮崎さんが宿泊していたホテルが倒壊した。数時間後に救出、病院に搬送されたが、その後亡くなったという。
同地では10月23日、死者600人に上る大地震が起き、宮崎さんは現地で救援活動に携わっていた。そのさなかに被害に見舞われ、日本だけでなくトルコの人たちも胸を痛めた。事故後ツイッターでは、英語で「勇敢な宮崎さんの死を大変悲しんでいます」「宮崎さんこそ手本となる人物だ」といった、宮崎さんを称える書き込みが見られる。「日本の皆さんに申し訳ない」との言葉もあった。
在日本トルコ大使館は11月11日、ウェブサイト上で宮崎さんの活動について、「感謝と敬意とともにいつまでも我々の記憶に留まるでしょう」との声明を発表した。だがトルコ側の「思い」はこれだけにとどまらない。
トルコの英字紙やカタールのアルジャジーラ(英語版)は、トルコのアブドラ・ギュル大統領が天皇陛下に手紙を送ったと報じた。書簡の中でギュル大統領は、日本から送られた被災地への支援に対して「2国間の友好と親密さの証だと感じた」と記した後、宮崎さんと、今回の地震で負傷した「難民を助ける会」の近内みゆきさんについて触れ、
「私たちトルコ国民は、おふたりの自己犠牲の精神を決して忘れません。被災地・バンにおける献身的な活動を通じて、私たちの心の中に長く記憶されることでしょう」
と最大級の賛辞を贈った。
またトルコのアフメット・ダーヴトオール外相も、ツイッターで「宮崎さんの家族は、これからずっと私たち(トルコ人の)家族だ」と投稿、大切な家族の一員を失った宮崎さん一家の心中に配慮したメッセージを送った。

イスタンブールの空港でトルコ政府が式典

宮崎さんの遺体は現地時間11月12日夕方、トルコを離れた。出発前にはイスタンブールの空港で、トルコ政府による追悼式典が催された。ひつぎは日の丸に包まれ、政府関係者や現地の救助隊員が見送った。被災地のために活動した宮崎さんへ、最大限の敬意を示したものと考えられる。ひつぎは14日、大分市の実家に到着した。
日本とトルコは、地理的には遠く離れているが双方で「助け合い」の歴史を刻んできた。古くは1890年、紀伊半島沖で当時のオスマン帝国の軍艦が沈没した際、近隣住民が生存者を介抱して最終的には日本側がトルコに送り届けた「エルトゥールル号遭難事件」が挙げられる。これに対してトルコは、イラン・イラク戦争さなかの1985年、イランに取り残された日本人を脱出させるため撃墜の危機があるにもかかわらず航空機を派遣し、救出に成功した。
両国はまた「地震国」との共通点があり、一方が震災で大きな被害を出すともう一方が救助の手を差し伸べてきた。1999年8月、死者1万7000人以上を出したトルコ北西部地震では、日本政府がすぐに人命救助隊を派遣。外務省によると、95年の阪神淡路大震災で救援活動を経験した隊員も送っている。また震災復興として、236億円の緊急円借款供与と、約5億2800万円の緊急物資・無償援助を実施した。これに対してトルコも2011年3月11日の東日本大震災で、赤十字社に相当する赤新月社から援助隊約30人が来日し、被災地での救助活動にあたった。トルコ政府は、飲料水や毛布といった物資も提供している。

この記事に

閉じる コメント(19)

顔アイコン

かってわが国は世界屈指の道義国家でした。
本当の意味において道義を忘れてしまったのは、我々日本人なのかも知れません。

親日國こそ未来永劫、感謝と友情をもって付き合いしていくべきです。
感動しました。
後程、転載させていただきます。

ナイス

2013/2/4(月) 午前 8:37 釜坂信幸 返信する

カマちゃん様、お早うございます。
トルコの国の人々はこんなにも義に熱い。
今の日本人は見習うとともに、真の親日国をもっと大切にしなければなりませんね。
ないす!ありがとうございます。

2013/2/4(月) 午前 8:55 watch_compass 返信する

顔アイコン

転載させて頂きます。

ポチ凸

2013/2/4(月) 午前 10:41 hito 返信する

hitoさん、転載ありがとうございます。!(^^)!

2013/2/4(月) 午前 11:43 watch_compass 返信する

トルコは昔から親日で、反シナ系ですので、このような国とどんどん親交を深めるべきでしょうね。マスゴミは嫌いますが。

2013/2/4(月) 午後 0:38 れおん 返信する

れおんさん、こんにちは、
流石は明治以来の友邦、トルコですね。
こういう話はマスコミが大嫌いですが。

2013/2/4(月) 午後 0:49 watch_compass 返信する

顔アイコン

素晴らしい。エルトゥールル号の件以来、トルコは世界でも指折りの親日国ですが、こんなふうにお互いの友好を末永く深めていけるといいですね。お亡くなりになった方たちにはお気の毒ですが、トルコ国でこれほどまでに追悼してくださるのは、もしかしたら、他国に比べ、かなり例外的な取扱いかもしれません。ナイスです。

2013/2/4(月) 午後 9:05 [ 桃実 (Momomi) ] 返信する

桃実さん、実に素晴らしいですね。
トルコの人達は友好には友好で、尽くせば尽くして返してくれる恩義の国民性ですね。
彼等は日本人を民族的に仲間だとみなして、日本の友達だということを誇りに思ってくれているフシもあります。
ないす!ありがとうございます。

2013/2/4(月) 午後 10:02 watch_compass 返信する

顔アイコン

このような国とお付き合いしたいです。
トルコの義理堅さに日本はしっかり答えていないような気がします。

ナイス

2013/2/4(月) 午後 10:08 あきら 返信する

あきらさん、こんばんは、
本当にそうですね。
ここまで尽くしてくれるトルコに、日本人として恥ずかしいです。
ないす!ありがとうございます。

2013/2/4(月) 午後 10:13 watch_compass 返信する

見返りを求めなくとも、両国がこのように好ましく歴史を刻んで来られたことに感銘を受けます。

このお話は知りませんでした。トルコの人達の尊い心に感謝するためにも浸透して欲しいです。


2013/2/4(月) 午後 11:04 [ - ] 返信する

蒼さん、こんばんは、
日本からの善意は明治時代も今回も個人、あるいはボランティアの活動です。トルコの善意は国家として実行されています。

2013/2/4(月) 午後 11:54 watch_compass 返信する

顔アイコン

転載させてください。

2013/2/5(火) 午前 0:33 あまのじゃく 返信する

顔アイコン

転載させていただきます。

2013/2/5(火) 午前 4:10 釜坂信幸 返信する

あまのじゃくさん、お早うございます。
〇と転載ありがとうございます。!(^^)!

2013/2/5(火) 午前 4:29 watch_compass 返信する

カマちゃん様、お早うございます。
転載ありがとうございます。!(^^)!

2013/2/5(火) 午前 4:32 watch_compass 返信する

内緒さま、いつもお世話になります。
ないす!もありがとうございます。

2013/2/5(火) 午後 6:24 watch_compass 返信する

顔アイコン

こんにちは。
初めておじゃまをします。トルコの件につきブログを転載させていただきたくお願い致します。 削除

2013/3/2(土) 午後 0:10 [ シゲ ] 返信する

シゲさん、はじめまして。
転載ありがとうございます。!(^^)!

2013/3/2(土) 午後 0:39 watch_compass 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事