くにしおもほゆ

羅針盤を見誤ることなかれ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1323ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

 トップニュース

「東アジア戦略概観2017」防衛研究所が発表
(2017年4月14日)

2017年4月24日更新

イメージ

 防衛研究所は4月14日、昨年1年間の国際情勢について安全保障上の観点から独自に分析した年次報告書『東アジア戦略概観2017』=表紙=を発表した。
インド洋で中国の存在感拡大
 今年のトピックスは「インド洋地域の安全保障――中国の進出への域内諸国の対応」。シーレーンの要衝に位置するスリランカで、「一帯一路」構想を掲げる中国が「真珠の首飾り」戦略の下、「コロンボとハンバントタの2大港や、沿岸都市をつなぐハイウエー開発に関与してきた存在感は大きい」と指摘した。
 一方で、インドは中国による港湾建設がいずれ軍事的な意味を持つことを強く懸念。パキスタンが中国と共同開発したJF17戦闘機12機のスリランカへの輸出が昨年実現しなかった背景には、・・・





 防衛関連ニュース

「東アジア戦略概観2017」防衛研究所編 概要

2017年4月24日更新
http://www.asagumo-news.com/homepage/htdocs/news/newsflash/201704/170424/photo/17042402aa.jpg
(↑クリックすると別枠で表示します(Jpeg))
イメージ

第1章 欧州戦略環境の変動 東アジアへの影響
 欧州は近年、これまでにないほどの戦略環境の変動に直面しており、複数の脅威への同時並行的な対応が求められている。
 欧州が直面する第1の脅威は、「東の脅威」として高まるロシアの強硬姿勢である。これに対しては、北大西洋条約機構(NATO)による同盟国への「安心供与」と対露「抑止」が大きな柱となり、2016年7月のワルシャワでのNATO首脳会合などを通じ、態勢強化が進められている。
 第2に「南の脅威」、すなわち中東・北アフリカ情勢の悪化がある。「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)に対する有志連合の空爆が継続される一方で、シリア和平への見通しは立たず、リビア情勢も不透明な状況が続いている。
 これに関連して、第3の脅威として「内なる脅威」である難民・移民およびテロの劇的な増加が挙げられる。16年の難民・移民の流入数は、前年に比べれば減少したものの、問題が解決されたわけではない。また、テロの脅威レベルは依然として高く、欧州諸国間の警察および情報機関のさらなる協力が急務となっている。この「内なる脅威」に追い打ちをかけたのが、6月23日の英国における国民投票での、欧州連合(EU)離脱の決定だった。欧州は文字通り「複合危機」に襲われている。
 欧州のこうした状況は、地理的には遠く離れた日本にとっても無視できない意味を持っている。全般的な観点からは、欧州が域内および近隣地域の問題に忙殺され、いわば内向きになってしまう懸念がある。より具体的には、そうした状況下で欧州のアジア関与、中でも日本にとって関心の高い中国との関係および対中認識がいかに推移するのかという問題がある。
 欧州域内および近隣地域における脅威・危機への欧州の対応と対中関係の展開は、常に直接的にリンクしているわけではないが、・・・




 防衛関連ニュース

「しらせ」お疲れさま
 5カ月の南極観測支援を終え帰国

2017年4月24日更新

イメージ

 昭和基地がある南極・東オングル島の「ふじケルン」に自衛艦旗を掲揚する乗員たち。中央奥の氷海上に砕氷艦「しらせ」が見える(12月29日、昭和基地で)


イメージ

 氷海上で停船観測を行うため、観測機器を海中に投入する「しらせ」乗員(2月15日)


イメージ

 無事の帰国を果たし、151日ぶりに我が子を抱き上げる「しらせ」乗員(4月10日、東京・晴海ふ頭で)
・・・他
 「昭和基地開設60周年」となる今次の南極への航海は、これまでにないほど順風満帆だった――。
 4月10日、約5カ月間にわたる第58次南極地域観測支援行動を終えて海自の砕氷艦「しらせ」(艦長・大鋸寿宣1佐以下179人)が東京・晴海ふ頭に帰国した。

天候恵まれ、順調に航海
 「しらせ」は昨年11月11日に東京を出港、豪州フリーマントルを経て12月28日に昭和基地沖に接岸した。その途中の暴風圏では例年よりも艦の動揺は少なく、また南極の周辺も多年氷帯の崩壊で海面は薄い氷状だったため、2代目「しらせ」が2009年に運用されてから最も早い昭和基地沖への〝接岸〟となった。
 また、今次の砕氷航行では、・・・





 防衛関連ニュース

海自P3Cが海賊に乗っ取られた
貨物船の動向監視 ソマリア沖・アデン湾
(2017年4月8日、9日)

2017年4月24日更新
 アフリカ東部のジブチを拠点に、ソマリア沖・アデン湾の警戒監視活動に当たっている海自の「海賊対処航空隊26次隊」(指揮官・三澤一仁2佐以下1空群=鹿屋=基幹の隊員約60人)は4月8、9の両日、同海域の国際推奨航路で海賊に襲われたツバル船籍の貨物船の動向監視を行った。
 部隊は8日夕(現地時間)、「貨物船が海賊に乗っ取られた可能性がある」との一報を受け、第151連合任務部隊(CTF151、司令官・福田達也海将補)司令部と調整、・・・





 防衛関連ニュース

事務共通システム(ALCOSS)
補本が初の換装 後方関連業務を効率化
(2017年3月1日)

2017年4月24日更新

イメージ

 ALCOSSの換装を祝い、テープカットを行う(左から)津曲空幕情報通信課長、尾上本部長、小島本部長、白石部長(3月1日、空自補給本部で)
 【空補本=十条】空自補給本部は3月1日、十条基地で後方関連業務を効率的に処理する「事務共通システム(ALCOSS)」の換装記念行事を実施した。換装は今回が初めて。
 ALCOSSは人事、会計、教育訓練、整備や補給など、空自の21業務の処理を行うもの。平成25年3月に空幕・補本、補給処の両電算機と「基地補給分散処理装置」の「補給3システム」「空自データ処理近代化システム」などを統合してALCOSSに移行、業務の効率化が図られた。
 記念行事には尾上定正補給本部長をはじめ、換装に携わった富士通の小島健男特機システム事業本部長、日本電気の白石一彦ナショナルセキュリティ・ソリューション事業部長と津曲明一空幕情報通信課長ら約30人が出席。テープカット後、器材のお披露目も行われた。




転載元転載元: 電脳工廠・兵器(武器,弾薬)庫

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

この言葉はかつて「憂国忌」のポスターにあったフランスの大物文化人で政治家(ドゴール政権の文化相)でもあるアンドレ・マルローの言葉です。
アンドレ・マルローはとても日本文化に造詣が深かった人物です。
イメージ 4
彼の文化論(少し長いですが、興味あるかたはどうぞ)
陸上自衛隊の東部方面総監部で起きたいわゆる“三島事件”の報に接して、彼はこう云ったという。
でもこの言葉は結構難解で、当時学生だった私は憂国忌のポスターを同志と貼って廻りながら、その意味を考えていて、月日が経ってもずっと頭の片隅にありました。

三島氏の愛刀の「関孫六(せきのまごろく)」は元々は、当時暴れてい全学連が皇居になだれ込んだら陛下を御守りして斬って斬って斬りまくるための物でした。それだけ悲壮な覚悟をして私軍「盾の会」も自費を投じて編成したのに、総監室で割腹と介錯という終焉は、本望ではなかったと私は解釈しています。

イメージ 3

あれから年月が経って、日本に今の安倍政権、米国にトランプ政権、英国にメイ政権が出来ました。ドイツでも同様の動きがあります。時代は世界の「統合」ではなく、明らかに民族と国家の自立の方向へ向かっています。
三島氏が身を挺して守ろうとしたもの、それは日本の精神文化です。天皇、憲法、刀。これらは日本の精神文化というキーワードでつながります。
この精神文化を蔑ろにしてしまった今の憲法に対して、激しい反発の心を持っていました。やっとのことで改憲の気運が盛り上がりつつある日本を三島氏はどう見てくれるでしょうか。「遅すぎるぞ!」と叱るかもしれませんね。

三島氏につては、文学者も左翼どもも夫々勝手に自分なりの解釈しています。
アンドレ・マルローの言葉についても、受け取り方はいろいろあるでしょう。
私としては、同一化され包含されてしまう世界への警鐘だったと受け取りました。
長年の疑問も解決しました。
もしアンドレ・マルローが今も健在だったとしたら、「いまは三島氏の不在ではなくて、世界中に夫々の三島氏がいっぱい居る。」と云うかもです。



さて、マスコミはフランスのルペン候補については、どれもこれも「極右」のラベル貼りをしています。
なでしこりんさまは現在、病気の治療に専念してブログは閉じられましたが、過去に何回かフランスの国民戦線についての記事もお出しです。
その中から少し貼っておきます。

  イメージ 1 イメージ 2
  ルペン党首と姪のマリオン・マレシャル・ルペン




この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


恋愛大国フランスの大統領選最有力「24歳年の差婚」エマニュエル・マクロン氏 夫人はミニスカ美脚で…

  イメージ 1
 
2016年3月、経済相時代にパリのエリゼ宮で撮影されたマクロン氏とブリジットさん(AP)

いや、だだ、それだけです。済みません。
どちらかというと、対抗の候補を応援しています。

でも懐かしいですね。
「チャタレイ夫人」とダブってしまって、「夫人」と聞くだけで「ケシカラン!」と思ったものでした。
アキエ夫人?
困ったこともあったけど、いいんじゃないでしょうか。!(^^)

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

かけだし鬼女の「今が日本の一大事〜よければ一緒に凸しよう!〜」』(FC2ブログ) より転載させて頂きました。
一人ひとりが行動を起こさないで日本は良くならないですよね。
 
(以下、転載記事。下のタイトルをクリックして元記事へ行けます。)

マジかよ?今年も宮崎県が下朝鮮との「少年少女国際交流事業(←ホームステイ有!)」を募集だと?! 


「ブログランキング」と「にほんブログ村」に参加しています!
ご来場早々お手数ですが、2種類の応援クリックをお願いします(土下座)

*INポイントでランキングされます*
このブログ直接訪問→バナークリック→人気ブログランキング(にほんブログ村)に跳ぶルートがINポイント。
図々しいですが、お気に入り(ブックマーク)もしくは検索で訪問していただけたら幸いです(再び土下座)

↓ ブログランキングはコチラ ↓
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1d/0c/8136d83cd2772495004d8eedde30d20e.png

↓ にほんブログ村はコチラ ↓
にほんブログ村 政治ブログへ
 


ゴールデンウィークの下朝鮮旅行がキャンセル相次いでるそうです
(当たり前だっ!)
あの、智弁和歌山の下朝鮮修学旅行も延期…
(中止じゃねえのかよっ!)
そんな中、コメ欄からびっくらこく(古!)情報頂きました…

宮崎県…マジでヤバくね?

今年も宮崎県は子供たちを韓国にホームステイさせる予定です。
県のHPには掲載されていませんが、地元紙に募集のお知らせが掲載されました。
「アンニョンハセヨ!少年少女国際交流事業」参加者募集
小学校5・6年生、中学生、高校生の皆さん、韓国の学生と交流して
友情の輪を広げてみませんか。

内容=韓国学生のホームステイ受入
    韓国訪問(ホームステイ含む)
    韓国事情の学習など
日程=ホームステイ受入 2泊3日
    7月28日(金)〜7月30日(日)
    韓国訪問 4泊5日
    8月2日(水)〜8月6日(日)
募集定員=小学5・6年生
       中学生
       高校生(リーダー)
     計36人
参加費=4万円
申込期限=5月10日(水)までに各学校にお申し込みください。
(コメント転載ココまで)

=====

それもホームステイって…
下朝鮮の一般家庭に泊まるのも!
下朝鮮人が自宅に泊まるのも!
どっちも最上級の罰ゲームじゃん!!!!!!

今年の募集要項はググっても見つからなかったが
↓ 昨年の「交流」が記事になってた ↓
言葉の壁超え友達に 県交流事業、韓国小中高生が来県
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_20547.html
2016年7月27日

本県と韓国の小中高生が交流する「アンニョンハセヨ!少年少女国際交流事業」(県主催)の
韓国団員の歓迎式は27日、宮崎市の宮崎ブーゲンビリア空港であった。
韓国から来県した42人(児童生徒36人、引率者6人)を本県職員らが出迎えた。


えっと、下朝鮮との「交流」って、愚の骨頂、今の情勢でもやる?
あの智弁和歌山ですら、修学旅行延期だぜ?
下手したら在日朝鮮人の里帰りすら延期されてるんじゃねえかという(号泣)情勢なのに
なにが悲しゅうて、日本の、大切な小中高生がしかも自腹で(!)
下朝鮮に行くと思うのかっ(呆)

いや!

里帰りの予定があった、在日朝鮮人のみなさま!
そして里帰りの予定がなかった、在日朝鮮人のみなさまっ!

宮崎県という自治体が、下朝鮮との交流事業を中止せず、
日本人を派遣するそうなんで、きっと大丈夫です(棒)
みなさまにおかれては、渡航中止なぞ行わず、バンバン日本を後にして欲しいんですけど!

宮崎県っ!

てめーは、ダメだっ(激怒)

行きたいなら行きたい県職員が自腹でいけばいい、
なんで日本人の学生を、戦争中(←休戦中ですらねえ!)の半島に派遣するのか(激怒)

北のミサイルが飛んで来たら、どう責任とるのだ?
ミサイルが飛ばなくても、緊張状態マックスの朝鮮半島に、
現地の言葉もわからぬ上、
にっくき日帝の(棒)子孫として憎まれてる日本人を派遣するって、
人質にしてください、嬲り殺してください、と言ってるも同義なんじゃっ(激怒)

戦後のドサクサに、関東大震災のドサクサに、阪神大震災のドサクサに、
朝鮮人がなにをやったのか、歴史に学べっ!

日本人が圧倒的多数の、日本ですら、朝鮮人による被害が多発したのに
下朝鮮なんて、圧倒的大多数が、朝鮮人なんだよ(ガクブル!)
なにされるかわかったもんじゃないし、
加害されなかったとしても、不測の事態が発生したとき、
子供たちが自力でなんとか出来るとでも思ってるのか?
それとも同行する大人は責任者は、
愚民語堪能な(←これはありそう…)傭兵なみの能力を持つ人間なのかよ?

こんな状況じゃなくても
売春婦像問題やら衛生問題やらインフラの安全問題やなにやらで(問題あり過ぎ!)
下朝鮮との交流事業だなんて辞めるべきなのに、
なんでこんな

「永久に中止してくださーーーーーーーい!」

という好機に強行しようとするかね(激怒)

宮崎県 お問合せ
https://www.pref.miyazaki.lg.jp/kohosenryaku/kense/koho/index-07.html

宮崎県総合政策部 文化文教・国際課 国際担当
電話:0985-26-7029 FAX:0985-32-0111
E-mail:bunkabunkyo-kokusai@pref.miyazaki.lg.jp

凸凸凸 文例 凸凸凸

今年も「アンニョンハセヨ!少年少女国際交流」参加者募集と耳にしましたが、
現在の朝鮮半島情勢をご存知ないのでしょうか?絶対に中止すべきです。

いつ交戦開始してもおかしくない情勢です。
ソウルは国境線から30キロの位置にあり、真っ先に火の海にされる危険性があります。
緊張状態を受け、韓国への渡航数も減少中で、
韓国に修学旅行を選択していた学校も延期にしています。
そんな中宮崎県は危機管理能力が不足していると言わざるをえません。
子供たちに何かあったらどう責任をとるおつもりでしょうか。

万一渡航中に北がなにかしたら、半島はパニックになることが容易に想像できます。

そんな中、言葉も通じない日本人の子供が、安全に逃げられる訳がありません。

平常時でも韓国では日本人子弟を狙った犯罪が発生しているのに、
非常時では真っ先に人質にされたり、狙われかねないことを認識の上、
永久に韓国との交流事業は辞めるべきです。

【継続はチカラ也!時間があったら凸っちゃおう!〜デイリー3凸のコーナー〜】
↓ 生コン辻元を追い込めっ!↓
辻元が責任者だった東日本大震災義援金3600億の使途がヤバい?!
http://migigimi.blog.fc2.com/blog-entry-1410.html

↓ 二重国籍、ダメ!絶対っ ↓
連合会長「二重国籍だという議員が結構いる、目くじら立てんな」だと!フザケンなっ(激怒)
http://migigimi.blog.fc2.com/blog-entry-1250.html#comment10716

↓ 絶対!スワップ再開大反対 ↓
下朝鮮とのスワップ議論開始キター!竹島は?仏像は?日本にメリットなしに再開は許さねえぞ(激怒)
http://migigimi.blog.fc2.com/blog-entry-1237.html


http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gifにほんブログ村 政治ブログへ
かけだし鬼女のツイッター【@migigimi】←みぎぎみ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1323ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


みんなの更新記事