くにしおもほゆ

羅針盤を見誤ることなかれ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

マスコミの偏向報道って・・・・・・。
シナや韓国からの日本への批判は報道されるのに
各国が寄せて下さる日本への友情は
知らされない私達日本人・・・・・・・
日本を嫌っているのは
シナ、 韓国、 北朝鮮だけで  
それなのに、日本が最も手厚くもてなすのは
この三ヶ国よね。
友情を表して下さる国の方々には
知らん振り。
You Tubeを検索してたら、これが目にとまって
オランダの方々が
これだけ熱いチャリティコンサートをやって下さっていたなんて・・・・。
テレビで報道しないから、私達はわからないのよ。
今更だけど、感謝の気持ちで一杯です。
マスコミ、こういうの放送してよ〜〜〜〜!
       http://blogram.jp/users/agent/vote/?uid=134194#ref=vote">blogramランキング参加中!
                      
  ↑クリックをお願いします

開く トラックバック(1)

 以前、朝日新聞の内幕ー中国からお金をもらっているというリークをこのブログに載せたことがありました。
 これです。
   ↓
436:文責・名無しさん :2006/10/05(木) 13:52:41 ID:i5Oy+TLy
迷ってたけど決心がついた、暴露します…。
俺、元朝日新聞社社員だけど、同僚の女が、社内でもかなり上の幹部と寝たらしくて、 その時その幹部が女に、
「うちの会社、実は購読者が少なくなっても、広告がなくなっても、金は入ってくるんだよ。外国からな。だから俺は金に困ることはない。お前なにか欲しいものあるか?」

と言ったらしい。その時その女はわけがわからなかったらしいが、俺がひそかに女に教えてもらった時、一発で
「やっぱり朝日は中国から資金提供を受けているのか…」とわかった。

その幹部のおっさんは確かに凄まじく金持ちで、車はマイバッハを持ってるらしい。

 疑ってはいたが、本当だと知った時はなんだかすごく怖く、衝撃がはしった。確かに、社内にいても政治的な話題は厳禁だし、記事を書くにしても最終調整で何故か少し変わっていたりした(今の世の中悪い。これだから日本は。といったように諦め、脱力感を煽る感じ)。

−「朝日新聞社は、とある思想やパラダイムに日本の世論を誘導する見返りに、中国から大量の資金を貰っている。」−

これはおそらく週刊誌にも書いてない、事実だ。

 こんな事を聞いたら、
 ごく普通の日本人として、当然、国税に「たかが、新聞社員ごときでマイバッハに乗っているそうですよ? 脱税では?」と言って調査を促します。こんな平凡な私でさえこうですから、私以外の大勢の日本人も声を上げたと思います。
 その結果の(官僚側の意図的な)リークなのかどうか分かりませんが、(自民党も毎日抗議が殺到するそうですし、かなりの垂れ込みがある模様です)事態はこんな風になっていたのですね。
 ★【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】(361)朝日批判の超弩級スクープ

 叩(たた)きがいがなくなったというわけでもないだろうが、このところ週刊誌の
朝日批判はめっきり減っている。
 ところへ、『週刊文春』(5月17日号)が今週も超弩(ど)級のスクープ。

 「朝日新聞主筆若宮啓文氏 女・カネ・中国の醜聞」

 主筆と言えば朝日の社論を決定する最高責任者、まさに本丸直撃だ。どんな醜聞なのか。かいつまんで言うと、2008年2月、自著が中国で翻訳出版され、その出版記念パーティーに招かれた若宮主筆(当時、論説主幹)が美人秘書を同伴。〈「しかも会社の経費を使ってビジネスクラスに乗せ、高級ホテルに宿泊していた」(朝日新聞幹部)〉
 09年、朝日は東京国税局の税務調査を受け、社内の飲み食いに使った金を取材費として計上していたことが発覚、〈「数億円単位の修正申告」(同OB)〉をさせられた。その後〈(社内で)「徹底的に経費を再チェックした。その際、若宮の不正が発覚したのです」(同OB)〉〈「彼はこれを認め、全額を会社に返済しました」(同幹部)〉。

 男女関係については若宮主筆、美人秘書とともに否定しているのだが、それより問題は朝日の主幹ともあろうものが〈中国外交部の別働隊〉と言われる中国人民外交学会に出版パーティーを開いてもらい、ホイホイと出席している点だ。一種のハニートラップにかけられたのではないのか。

 石原慎太郎知事の「尖閣購入計画」を痛烈に批判している若宮主筆のコラムを読むにつけ、その疑念が増す。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120512/bks12051212010004-n1.htm
 これは朝日新聞の幹部の愛人の話のリークと重なる気がするのですが???
そして、青木直人さんはこんな事を仰っていたんですね!
中国大使館の接待に沈むマスコミ人
http://www.youtube.com/watch?v=TBy4VrTvuSM(リンク切れ)

>中国大使館ですね麻布のですね、記者懐柔するんですよやっぱり。
>女子十二楽坊がライブやるんですよ大使館で。日本の新聞やテレビの記者呼んで。
>チャイナドレスを着た美人のお姉さんたちがお酌をしながら女子十二楽坊を
>ライブで聴くんですよ。そうやって日本のメディア、新聞記者やテレビの関係者は>懐柔されていくんですよ。

>「小泉首相の靖国参拝は慎重であるべきだ」とテレビで言ってるような連中は
>女子十二楽坊と老酒で篭絡された連中なんですよ。僕は誰が行ったかみんな知ってますよ。

>朝日新聞なんかは一面で書きまくる訳ですよ…女子十二楽坊を見たクセに。(略)
>でそんな事は一切言わずに日本とアジアの為に東アジア共同体だ何だの勝手な事を言っといて…ちゃーんとお前の座ってる椅子には毒針が仕込んであるだろう、と私は言いたい訳ですよ。

なるほどー。
 公然の秘密だったんですね。
あまりにも中国好きすぎておかしいとは思ってましたが、やっぱりこういうことだったんですねー。
 女子十二楽坊も仕掛け人の中国人が「日本でこそ十二楽坊はデビューしなければならない」と言っていたので、何でだ?と腑に落ちなかったのですが、
つまりは、日本侵略のためのハニトラ要員と云うことだったんですね。ハニトラに箔をつけるために、デビューさせて付加価値をつけるなど、手が込んでいるじゃありませんかー   (o ̄д)y…
 中国スパイは、悪びれもせずに
「日本にはスパイ防止法案がないから助かった。他の国なら銃殺刑になることでも何のお咎めもなしだった。後悔しているのは日本女性と日本国籍をとる前に離婚したこと。日本国籍をとって置けばよかった。今でも国家のために尽くす用意はしている」と言っていました。
 一日中働いてくたくたなので、これ以上は書けませんが、売国奴はじわりじわりとその包囲網が狭まっていますね。
 しかし、日本は一度、掃除をしなければなりませんね。多分埃でもうもうとして、しばらく涙目になるでしょうが、その後、視界がはっきりしてくれそうです。
 それにしても、押入れの掃除とか、きついですねー。
いるものといらないものの判断から始まって、如何に効率よく整頓するかを考える。埃は吹き払い、掃除機で吸い取って、時には水洗い。
毎日、山のように荷物を捨てています。
一時はまるで、引越しみたいでした。
 ごみを出すにもお金がかかるご時勢なのに、お財布に痛いです。
 ごみを捨てているくせに、ミキモトのフォトフレームと小さな時計を買ってみました。ミキモトらしく、フレームに小さな真珠がついています。
時計の一つは動かなくて不良品でした。
最近、私的にやたら不良品率が高いのが気になります。
旅行用キャリーバッグもキャスターの一つは地面から浮いていましたし、どうしたんだろう?
日本製品が特ア人が生産ラインに入ることによって劣化している気がするのは私だけでしょうか? どうか、杞憂でありますように。

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事