くにしおもほゆ

羅針盤を見誤ることなかれ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

【主張】
参院選と原発 再稼働に向け進む好機に エネルギーは国家の基盤だ

2013.7.9 03:28 (産経)主張
 国内の全原発に対して大幅な安全強化を義務づけた新規制基準が8日、施行された。
 原発の早期再稼働を目指す北海道電力など4電力会社は、5原子力発電所10基について、安全審査を求める申請を原子力規制委員会に対して行った。
 安価で安定した電気の供給は、喫緊の課題である。東京電力福島第1原子力発電所の事故を受けて関西電力の2基を除く全原発が止まっている現状では、電気料金のさらなる値上げや、電力不足による大停電の発生が危惧される。
 エネルギーの確保は国家の基盤に関わる重大事だ。参院選を通じて原発利用のあるべき姿を各政党間で論じ合ってもらいたい。
 
 ≪代替手段どうするのか≫
 だが、原発をはじめとするエネルギーの議論は盛り上がりを欠いている。原子力技術の輸出を含めて、明確に原発肯定の姿勢を示しているのは自民党だけだ。
 民主党は「2030年代の原発稼働ゼロへあらゆる政策資源を投入」と、相変わらず脱原発を標榜(ひょうぼう)している。他の政党も大同小異だ。即時廃炉や再稼働の完全否定を唱えている党もある。
 では、電力不足の解消はどうするのか。電力会社は計画停電などを回避するために、火力発電をフル稼働させている。燃料代が膨張し、相次ぎ大幅赤字に転落している。液化天然ガスなどの輸入急増で、国の貿易赤字もかつてない規模になっている。二酸化炭素の排出削減にも逆行している。
 太陽光や風力などの再生可能エネルギーを一つ覚えのように語るのは、現実逃避に等しい。
 福島事故の直後なら、再生可能エネルギーへの過大な期待も許容されたかもしれないが、すでに3年目に入っている。
 感情論を克服し、原子力利用のプラス面を、エネルギー安全保障の観点から正当に評価すべき時機に来ている。
 日本はエネルギー自給率が4%と極めて低く、先進国では例外的な存在だ。その上、島国なので、欧州のように他国からの電力輸入には頼れない。日本の特異性を自覚することが必要だ。
 それでも、福島事故後は原子力発電の必要性を口にしにくい空気がある。心ない悪口や嫌がらせを受けかねないからだ。
 「原子力ムラ」や「安全神話」などという言葉でレッテルを貼っての排除や攻撃は、どの国のどの時代においても、もっともおぞましい行為である。
 少なからぬ人々が、現実的には原発を動かして電力不足を打開せざるを得ないと考えているはずなのに、それを口にしにくくなっている。この現状が怖い。
 
 ≪グローバルな視点持て≫
 政治家も同様だ。脱原発が日本の将来にとって危うい道であることは分かっているはずだが、選挙でそれを口にすると票が逃げるのではないかと躊躇(ちゅうちょ)している。
 再稼働を急がなければ、国富の流出が拡大し、立地地域では原発を保守整備で下支えしてきた協力会社の技術が衰退していく。
 規制委による安全審査の開始で見えてきた原発の再稼働に関しては、自民党の主導が不可欠だが、規制委の判断と地元自治体の理解に、げたを預けるような公約集の姿勢ではいささか頼りない。
 規制委の現在の体制では、安全審査を受けられる原発は、同時に3基が上限とみられ、しかも1基の審査に半年以上を要する見通しだ。申請してから審査に着手するまで、1年以上、待たされる原発も出てこよう。
 これではあまりに遅い。国は審査業務の迅速化を促すべきだ。独立性を盾に、それを規制委が渋るようなことはあってはならない。独善性は許されない。
 日本の原子力の利用は、取りも直さず世界の問題でもある。その現実を、国民も政治家もしっかり胸に刻むことが必要だ。
 日本の脱原発は、新興国への安全確実な原発の供給を危うくし、米国との間で築いてきた原子力分野での協力関係を一方的に捨て去ることを意味している。
 民主党政権時代に、当時の菅直人首相らが対応を誤った結果、袋小路に迷い込んでいるのが、日本の原子力政策の現状だ。
 そこから抜け出し、日本に必要なエネルギーの活力を回復させる好機が、この参院選の中にあるはずだ。世界の目と地域の目の複眼思考で原発再稼働を考えたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
真の勇者、吉田所長に深く哀悼の意を表します。
所長が職を賭して行動したのに、原子力行政はいまだに活断層が何ちゃらかんちゃら。
それほど己の身が可愛いのか。吉田所長と己を比べて恥じる心は持ち合わせてないのか。
 
資源とエネルギーをしっかり確保することに関心もなく、産業に与える影響にも関心もなくて明日の日本を語るなかれ。
国民の生活は、周辺国の脅威に対して国が護れ、充分な資源と資源とエネルギーで産業がフル回転することなしに、あり得ない。
国民はいつまでも待っていられない。

JALの対応が最高と大絶賛…一体何があった?=中国版ツイッター

ー【社会ニュース2013/07/06(土) 10:51 (サーチナ)
 
http://news.searchina.ne.jp/2013/0706/national_0706_019_small.jpg
拡大写真
  天候などの理由でフライトが遅延するのはやむを得ないことだが、毎碗五元さん(アカウント名)はフライト遅延が発生した時の日本航空(JAL)の対応のすばらしさについて、微博(中国版ツイッター)でつぶやいた。
 
  毎碗五元さんは、北京発東京経由サンフランシスコ行の便に搭乗したが、天候ゆえに北京からの離陸が大幅に遅れたそうだ。そのため、経由地の東京で宿泊を余儀なくされたという。東京到着時にはJALスタッフが、乗客1人1人に状況を説明してくれ、ホテルとタクシーが予約済みであり、次の日の昼食分とタクシー代として2000円を受け取ったという。
  毎碗五元さんは「こんなにも人間味のある対応で、本当にすばらしい! 特売チケットでここまでしてもらって、申し訳ないくらいだ」と感想を述べている。
 
  ほかの微博ユーザーからも「JAL、ANAのサービスは超スゴイ」、「JALは本当にすばらしい! 仕方ないが、これが差だ。でもこれは国民の民度とも関係がある」など、日本の航空会社のサービスを称賛するコメントが並んだ。また、「日本人の民度の高さは認めざるを得ない」、「実務に徹し、プロフェッショナル、仕事に打ち込む民族だな」など、仕事に対する取組みという面で評価する意見も。
 
  中国と比較したコメントも多く、「中国の大都市と資本主義国の差はほとんどないが、普通の市民の民度では中国は30年遅れており、サービス業では中国は100年遅れている」、「オレはこれを見て涙が出てきた。オレ達ってずっと虐待されてきたんだな」など、中国ではこのようなサービスは受けられないであろうということのようだ。
 
  事実、中国では航空便の遅延が大きなトラブルに発展した事例が多い。例えば2011年には中国・広東省の深セン空港で、天候不良による航空便の遅延に腹を立てた乗客らが警官を殴ってけがをさせる事件が発生した。遅延に苛立った客が暴れ、航空会社が秩序を保つために警察に通報すると、興奮した乗客らは駆けつけた警官数名を囲んで暴行し、6名が公務執行妨害や公共秩序騒乱などの疑いで拘束、派出所に連行された。(編集担当:畠山栄)(イメージ写真提供:(C)123RF.COM)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
比べて、何とも酷いアシアナである。次から次に本質的な問題が明るみに出てくる・
調べてみたらこんなにあるんですね。

アシアナ航空の日本発着路線

出発地 到着都市 便名 飛行時間
福岡チェジュ韓国OZ1391時間13分
東京・羽田ソウル韓国OZ1772時間40分
大阪ソウル金浦韓国OZ11151時間50分
成田ソウル韓国OZ1072時間40分

*アシアナ航空が運航する路線、または提携エアラインとコードシェアしている一部の路線を掲載しています。その他の路線は航空会社ウェブサイトでご確認ください。
 
 
 
何が悲しくて韓国へ、それも本質的な問題だらけの航空会社の便に乗るのでしょう。
 
空の旅はやっぱり日本の翼、JALかANAを最優先で行きましょう。
信頼感が違いますね。
イメージ 1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アピール
対馬が韓国からの観光客押し寄せによる諸弊害を排することができるよう支援しましょう。
対馬支援@wiki』  イメージ 1
 このwikiのアイドル画像「恵海(めぐみ)」ちゃんです。
 
 
mamimami77772さまの『私達の愛する国 日本よ永遠に Japan Forever(exciteブログ)より転載させて頂きました。
韓国や中国への旅行などをやめて対馬に行きましょう。
対馬の物産を購入しましょう。
対馬と日本に大きなメリットがあります。
(以下、転載記事) (下のタイトルをクリックして元記事に行けます)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【対馬】 行ってきました!離島を駆け足で一周り


http://pds.exblog.jp/pds/1/201307/09/16/d0252916_13161279.jpg



★ 4日から対馬、壱岐、五島列島に行って参りました。

やっと来れたよ〜 初めまして対馬ヤマネコちゃん。どうぞ宜しく


と言うわけで、7日夜に帰宅、翌日は仕事で、すっかり疲れ果てました。
写真の修正が済みましたら皆さまに見て頂きたいと思っています。暫らくお待ちください。



★ HEAVENESE BRIDGE スペシャル 〜海の武士道〜   にお出かけ下さった皆様 ありがとうございました。

満員の大盛況だったと聞いています。続編も計画があるそうですので、今後もどうぞ宜しくお願い致します。



会場「キックバック・カフェ」の外まであふれる人
http://pds.exblog.jp/pds/1/201307/09/16/d0252916_13203280.jpg

オープニングは、HEAVENESEの演奏
http://pds.exblog.jp/pds/1/201307/09/16/d0252916_13241992.jpg

恵先生登場
http://pds.exblog.jp/pds/1/201307/09/16/d0252916_13254495.jpg


石井希尚さん、HEAVENESEの皆さん、それからKICK BACK CAFE の従業員のみなさんもお疲れさまでした。恵先生、若い皆さんに来て頂いて良かったですね。

HEAVENESE BRIDGEとはこちら

講師:惠隆之介さん 公式サイト

会場:キックバックカフェ http://www.kickbackcafe.jp/ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以上、転載記事)
アピール
対馬が韓国からの観光客押し寄せによる諸弊害を排することができるよう支援しましょう。
対馬支援@wiki』  イメージ 1
 このwikiのアイドル画像「恵海(めぐみ)」ちゃんです。

【安倍日誌】7月8日

これから当分のあいだ、産経より【安倍日誌】を毎朝転載させていただきます。
安倍総理を応援する我々国民として、益々身近に実感してゆきましょう。


 

【安倍日誌】
8日

2013.7.9 03:16
 【午前】9時から30分、東京・富ケ谷の私邸でNHKのインタビュー。43分、私邸発。10時35分、千葉県のJR津田沼駅北口着。街頭演説。55分、同所発。
 
 【午後】0時2分、同県のJR松戸駅西口着。街頭演説。24分、同所発。26分、松戸市の松戸商工会議所着。同会議所の杉浦裕会頭らと昼食。斎藤健、桜田義孝、渡辺博道各自民党衆院議員同席。1時4分、同所発。2時23分、JR水戸駅南口着。街頭演説。47分、同所発。4時19分、栃木県のJR小山駅西口着。街頭演説。43分から50分、駅構内の貴賓室で茂木敏充経済産業相らと懇談。5時3分、やまびこ213号で同駅発。4分から12分、茂木氏。13分、JR宇都宮駅着。15分から22分、同駅の駅長室で自民党の上野通子参院議員らと懇談。23分、同駅発。25分、同駅西口。街頭演説。46分、同所発。51分、同駅着。6時20分、やまびこ150号で同駅発。7時7分、JR東京駅着。12分、同駅発。30分、私邸着。
2ちゃんねるより転載させて頂きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【悲報】 100年前の ”韓国の写真” が 発 見 される wwwwwwwwwwwwwwwwww

 
1: セルカークレックス(北海道):2013/07/08(月) 20:00:15.14 ID:skwKWx0z0

韓国のネット掲示板に「100年前を比較、韓国 vs 米国 vs 日本 vs フィリピン」というスレッドが立っていたのでご紹介。

1. 韓国人(スレ主)
100年前の韓国

 

イメージ 1

100年前の米国

イメージ 3
 


100年前のフィリピン

イメージ 4


100年前の日本

イメージ 2


3. 韓国人
フィリピンが俺たちよりもいい暮らししてたんじゃん(笑)

12. 韓国人
100年前のフィリピン>>>>>>>>>日本(笑)

14. 韓国人
我が国は本当にゴミだったな

21. 韓国人
米国は100年前も今もすごすぎる

45. 韓国人
米国があれで100年前というのが信じられない 今のソウルよりマシじゃないか
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/30170838.html

元スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1373281215/

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事