くにしおもほゆ

羅針盤を見誤ることなかれ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

たかのめ政経チャンネル
【【上念司×大高美貴】迫るG20!米露中朝それぞれの思惑とは!?                
 
14:59min
『電脳工廠・兵器・(武器,弾薬)庫』( アメーバブログ)より転載させて頂きました。

 
(以下、転載記事  ↓のタイトルをクリックして元記事に行けます)

自衛隊統合防災演習(JXR) 五輪開催中の首都直下地震を想定

  
NEW2019-06-26 00:02:07
テーマ:
朝雲(古)新聞
 トップニュース

自衛隊統合防災演習(JXR)
五輪開催中の首都直下地震を想定
(2019年5月21日~25日)

2019年6月25日更新
 
 
 重傷患者をMEDEVACに乗せてCH47輸送ヘリに搬送する東方衛生隊の隊員(5月25日、朝霞訓練場で)

 
 東方総監部から情報収集の支援要請を受け、ドローンを使い、上空から倒壊家屋などの確認に当たるACSLの操縦者(右下)(5月25日、朝霞訓練場で)

 
 医療搬送訓練で負傷者の応急処置からトリアージまで一連の動作を演練する東方衛生隊員(5月25日、朝霞訓練場で)
 来年の「東京オリンピック・パラリンピック」開催中の首都直下地震発生を想定した令和元年度「自衛隊統合防災演習(01JXR)」が5月21日から24日まで、防衛省と全国各部隊を結び行われた。「都心南部を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生した」との想定の下、山崎統幕長を統裁官に隊員約1万2000人が指揮所演習に参加。陸自東方はJXRに合わせて実動演習を実施し、CH47輸送ヘリを使用した医療搬送訓練をはじめ、ドローンを投入しての情報収集活動なども演練した。自衛隊中央病院では「大量傷者受け入れ訓練」を行い、国際イベント開催中の〝万が一〟に備えた。

ドローンで情報収集 医療搬送訓練 機上で応急治療も 陸自東部方面隊
 東部方面隊は5月21日から25日まで、JXRに連動した独自の防災訓練を実施した。朝霞訓練場では、ドローン事業者などと連携した「災害情報収集訓練」を行ったほか、救急処置や航空後送器材(MEDEVAC)を使った「医療搬送訓練」に当たった。
 災害情報収集訓練には東方と「災害時応援に関する協定」を結んでいるJUIDA、ACSLのドローン事業者2団体とバイクを使い情報収集に当たるVBN(災害ボランティアネットワーク関東)も参加。
 訓練は「被災した2地域への・・・
                   ◇
 次に行われた医療搬送訓練には東方衛生隊と12ヘリ隊(相馬原)が参加した。まず野外救護所と装備品の展示が行われ、「航空後送器材(MEDEVAC)」について説明。重さ245キロの同器材はCH47ヘリに3台まで搭載が可能で、ストレッチャー、応急治療機器、振動対策・・・

防衛省で災害対策本部会議 オリンピック支援部隊を派遣 人命救助72時間で
 防衛省では5月22日、「発災から24時間が経過し、各所で大規模な火災や建物の倒壊により多くの死
 この中で、岩屋防衛相は「オリンピック開催中であることから、競技会場では多くの負傷者や外国人を含めた帰宅困難者が発生している。迅速な人命救助のためには陸路のみならず、海上交通や空路での部隊のさらなる増強を進めなければならない。競技会場における被災者への対応のため、『オリンピック支援部隊』の隊員を派遣する必要がある」と述べ、・・・
 
 
 
 防衛関連ニュース

自衛隊中央病院 大量傷者受け入れ訓練
大型ヘリで患者を空輸
(2019年5月25日)

2019年6月25日更新
 
 「大量傷者受け入れ訓練」で中央病院屋上のヘリポートに降着したCH47輸送ヘリに患者を搬送する陸自の隊員たち(5月25日、三宿の自衛隊中央病院で)
 中央病院(三宿)では5月25日、「大量傷者受け入れ訓練」が行われた。
 上部泰秀病院長が訓練統裁官を務め、防医大、陸自東方、衛生学校などから隊員約390人と日本赤十字社の職員ら約30人が参加した。大量の負傷者が運び込まれる「発災後6〜72時間」の対処要領について、隊員たちは重傷者の救急治療をはじめ、避難所に開設した救護所で世田谷・目黒各区医師会などと連携した救護支援活動を演練した。
 屋上では、都内で唯一、大型ヘリが降着できるヘリポートを使い、患者の航空搬送に当たった。UH1多用途ヘリ2機とCH47大型輸送ヘリ2機が、都内のがん研有明病院、千葉県の国保旭中央病院、日本医科大学千葉北総病院、群馬県の前橋赤十字病院に見立てた陸自朝霞駐屯地の・・・
 
 
 
 防衛関連ニュース

横須賀が拠点の陸自31普連 海自と連携し海上機動訓練
(2019年5月21日)

2019年6月25日更新
 
 陸自31普連の初動対処部隊を海路で被災地に輸送するため、オートバイを「YDT03」の甲板に積み込む乗員たち(5月21日、海自横須賀基地で)
YDTのクレーン使いオートバイ積み込み
 陸自31普連(武山)は5月21日、横須賀基地などで、海自艦艇部隊と連携を図りながら「海上機動訓練」を行った。
 訓練では、①陸自初動対処部隊と海自横須賀地方隊の連携②人員・車両の乗船・下船③激甚地区までの経路偵察とその要領――を演練。連隊は初動対処部隊の派遣から海自の艦船で海上機動し、被災地に展開するまでの時間と一連の流れを検証した。
 強い風雨の中で行われたこの日の訓練には、31普連から隊員12人、偵察用オートバイ2台、海自から水中処分母船「YDT03」が参加した。
 午前11時15分、・・・
 
 
 
 防衛関連ニュース

新政府専用機、首相乗せテヘランに
(2019年6月12日~14日)

2019年6月25日更新
 
 空自特輸隊(千歳)のB777政府専用機は6月12日から14日まで、イランのロウハニ大統領と会談する安倍首相を乗せ、傷者が出ている」との想定で、「第3回防衛省災害対策本部会議」を開いた。
同国の首都テヘランのメヘラバード国際空港と羽田空港を往復した。
 
 
 
 防衛関連ニュース

海自佐世保教育隊 学生388人、烏帽子岳登山

2019年6月25日更新
 
 【崎辺】佐世保教育隊はこのほど、13期一般海曹候補生課程と19期自衛官候補生課程の計388人による最初の鍛錬行事「烏帽子岳登山」を実施した。
 学生は、47年前に烏帽子岳登山競技中に亡くなった35期初任海曹課程学生の糸田幸夫2曹の「雄魂の碑」に黙とうを捧げて基地を出発。道中、東山海軍墓地「海の防人の碑」にも黙とうを捧げ、烏帽子岳に向かった。
 山道ではすれ違う町の人たちから温かい声援を受け、学生たちはそれに応えるようにあいさつを返した。各分隊で・・・
ニュースプラス時事

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事