くにしおもほゆ

羅針盤を見誤ることなかれ

[転載]その他の記事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

パチンコ屋の倒産を応援するブログ 』(exciteブログ)より転載させて頂きました。

 
(以下、転載記事  ↓のタイトルをクリックして元記事に行けます)                                      

告げ口はあの国の文化です


人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
---------

国民民主党の玉木雄一郎が安倍総理に憲法議論をしようと呼びかけはじめました。

なんか吹っ切れた感がありますね。信用はまったくしていませんが、
立件民主党に「反日」という民主党の中心的票田を取られていることもあるのでしょう。

これで憲法審査会を開かせない勢力が
立件民主党、共産党、社民党
ということがよりはっきりすることになるでしょう。

SNSでは玉木雄一郎に対して#裏切り者に死を みたいなのが大量にわいているようです。

戦前、共産党が転向者に対して死を以てうんたらかんたらと吹き上がるのが
赤旗などでも記事になっていましたが、
日本のサヨクの血なまぐさい本質部分は何十年経ってもかわらないようです。

参議院選挙は2/3を防いだと言うことを勝利であるかのようにアピールしている
反日野党どもですが、
これは支持者向けにこうアピールしておかないと突き上げを食らうからでしょう。

与党を過半数割れに追い込んでねじれを作る事ができなかった以上、
野党側の負けという事実は変わりません。
特に立件民主党は2017年の選挙にくらべれば明らかに比例票を減らしており、
この点を突かれると大変苦しい言い訳をしなければならなくなります。

これから反日左翼名物の「総括」が始まるでしょう。

枝野ら幹部どもがポストに居座り続けるためにも
党首の選定既定のルールを作っていない立件民主党ですので
こういう「総括」を求める声が大きくなれば党内にしこりをのこすことになるでしょう。

志の低い人達の集団がそのまま現状維持で居座れるのか?
ニヤニヤしながら眺めておく方がいいかもしれません。



WTOの一般理事会で韓国が「日本の輸出規制を議題にしろニダ!」と言い出した件で
韓国はどこの国からも支持を得られなかった事をロイターなどの海外メディアが報じていますが、
これが韓国では・・・。

https://www.yna.co.kr/view/AKR20190724189852088
【日本を追い詰めた韓国】(韓国 news1)

以下、これらの報道や日経新聞、ロイターの記事などを元にざっくりとWTO一般理事会であった事まとめ。


-----
韓国政府代表
「日本が行ってるのは徴用工問題に絡めた政治的に不当な報復であり許されない輸出規制ニダ!
「世界の貿易システムにも影響を与えかねない問題ニダ!」

日本政府代表「単に運用見直しですが?」

〜米国その他の参加国は関わりたくないし絡まれたくないので皆静観〜


韓国政府代表
「会議中に他国から特に発言が無かったのは、韓国政府への強力な支持を示すものだ!」

韓国メディア
「日本の素顔を暴いてやったニダ!大勝利だったニダ!」

-----


ここまで読んで脳が理解を拒絶している人は正しいです。

普通の日本人にこの精神構造は理解できないかと思います。


また、ボルトン補佐官が訪韓しましたが
最初に会談したのが保守系野党の自由韓国党の議員だったことは
いまの文政権に対する米国の切り捨て姿勢をよく表していると思います。

-----
【韓日問題には言葉少な、「安保請求書」を差し出したボルトン氏】
(2019/7/25 朝鮮日報 より抜粋)
-----

この記事によれば
・韓国からの仲裁要請(日本に韓国をホワイト国に戻せと圧力をかけてほしい)
 →ボルトンは日韓仲良くやれればいいよねの原則論を言っただけで要請への回答なし

ボルトンからはというと。

・ホルムズ海峡に派兵して多国籍による安全保障維持に協力しろ
・在韓米軍の費用をもうちょっと負担しろ
・GSOMIA破棄を日本との交渉の道具に使っている事について韓国をたしなめた

韓国は政府もメディアも
GSOMIAの破棄を言い出したからアメリカがあわてて来てくれた
これでGSOMIAの破棄は日本に言うことを聞かせるための道具になる。
と、ホルホルしていたわけですが、
これって言うことを聞かないと手首を切るぞと
自分の手首にカッターをあてているブスというより
自分の頸動脈にカッターをあてているような状況だろうと思います。

いずれにせよ、韓国的な価値観は日本人にも米国人には理解しづらいでしょう。

期待してたボルトンの訪韓では
ボルトンに米国から日本に韓国をホワイト国に戻せと圧力をかけてもらえない。
という彼らの期待とは違った結果になったわけですが、
韓国は文政権の首相がこういうことを言い出しています。


-----
【韓国首相「予期せぬ事態」警告=日本に協議呼び掛け】
【ソウル時事】韓国の李洛淵首相は25日、日本政府の輸出管理強化措置について「万一、日本が状況をさらに悪化させれば、予期せぬ事態につながる恐れもある」と警告した。その上で、日本政府に対し「事態をこれ以上悪化させず、外交的協議を通じ解決策を見いだそう」と呼び掛けた。

 国政懸案点検会議での発言を首相室が公表した。李氏は「われわれは外交的協議の準備ができている。日本政府の賢明な判断を期待する」と述べた。
 日本政府は半導体材料などの輸出管理強化措置に続き、輸出先として信頼できる「ホワイト国」から韓国を除外する措置を8月中にも発動する見通し。李氏の発言には、追加措置発動を防ぎ、協議に持ち込みたい思惑があるとみられる。
 ジュネーブで開かれた世界貿易機関(WTO)の一般理事会で24日、韓国政府は日本の措置に関し「政治目的による措置だ」と主張し、撤回を要求。日本側が「安全保障上必要な運用の見直しで、WTOの議題としては適切ではない」と反論し、平行線をたどった。韓国側は2国間協議を提案したが、日本側は応じなかったという。
(2019/7/25 時事通信)

-----

我々の協議要請を受けないとどうなるかわからないぞ!
露骨に日本を脅す方向に出ましたね。

韓国はホワイト国を続けるための最低限の条件であるエビデンスの提出を拒否し続け
日本からの協議要請もひたすら無視しつづけました。

さらには韓国からイランや北朝鮮への違法輸出が急増している事を
韓国国会で指摘されている事実も踏まえ
安全保障のために製造国として、また国際社会の一員として
日本は自国の製造品が不正なことに使用されないように管理を強化するという当たり前の判断をしました。


朝鮮半島の文化としてケンカのやり方というものが
他の文化圏のものとは全く違うのだということをあらためて日本人は知るべきです。


韓国人同士のケンカは本人同士が言い争うのではなく、
周りの人達、それこそ無関係な第三者も巻き込んで
「いかに相手が悪いかを宣伝する」のです。

韓国においては「相手の劣等性を指摘できれば自分の優位性を証明したことになる」のです。
このため相手がいかに悪い奴か無いこと無いこと騒ぐのも当たり前。
そして特に強い第三者がいたらそこにすり込んで相手を嫌わせる事ができれば
自分たちでその第三者をどうにかすることができる力が無いから絶対的な勝ちということになります。

朴槿恵が安倍総理の外遊後にそれぞれの国に行っては日本の悪口を言っていた事が告げ口外交と言われたことがありましたが、
告げ口というのは韓国の伝統、文化なのです。

だからこそ今回GSOMIA破棄に言及したら米国が慌てたということで
韓国政府も観光メディアも米国に告げ口して日本に言うことを聞かせることができるぞと大喜びしたわけです。


なので韓国人と付き合っていた日本人がちょっと揉めた時に
韓国人が周囲にあること無いこと告げ口して回り、
友人関係を悪化させられ友人を減らされたので
その韓国人に対しておまえとはもう関わらないと別れを告げたら
「え、なんで???」
という反応を示されるということになります。

この韓国人にとっては
「ウリが正しいことを証明したからおまえが謝罪して仲直りになるニダ。ウリは何も悪い事をしていないニダ。」
すでに相手の劣等性を証明したので自分が正しい事が確定した。
よって自分の中の記憶も自分が正しいということに置き換えが完了しており、
自分が相手から非難されるのはおかしいという考えになるのです。


今回のホワイト国からの除外については
韓国はWTOで相手にされなかったわけですが、
RCEPの協議の場でも持ち出すようです。

とにかく無関係な他の国を巻き込みまくろうという形です。

告げ口を使って相手がいかに劣等であるかを証明したことにできれば勝ち。
こういう連中ですからまともな話し合いにならないのは当然なんです。


日本政府の方はというと

-----
【韓国の優遇措置除外を8月2日にも閣議決定】
 政府が半導体材料の韓国向け輸出規制強化を巡り、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を、8月2日にも閣議決定する方向で調整していることが26日、分かった。8月下旬にも除外される見通し。
(2019/7/26 共同通信)

-----


粛々と手続きを進めています。

それにしても政府が散々「輸出強化じゃないからな、管理変更しかしてないぞ」
と言っているのに相変わらず共同通信は輸出規制強化って書いています。
韓国側に有利になるようにデマの流布を続ける姿勢は変えませんね。
さすが共同通信と言ったところでしょうか。


この記事にあるとおりに8月2日の閣議決定だと
8月23日から優遇除外品目が1,100品目にも適用される事になるようです。

韓国がきちんと書類をそろえて申請すれば買えるので
輸出規制ではありませんのでお間違いなく。


---------
↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓

 パチンコ屋の倒産を応援するブログ 』(exciteブログ)より転載させて頂きました。


(以下、転載記事  ↓のタイトルをクリックして元記事に行けます)



人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
---------

国民民主党の代表選では予定通り玉金が勝ったようです。
対する津村議員側は国会議員の票は38と
この38と津村議員は離党予備軍とみていいでしょう。
これで一応離党する理由ができましたからね。

玉金がそれなりの器があるのなら
むしろ津村に副代表就任を要請して
挙党一致の体制を作ろうと見せるべきなのですが、
寝首をかかれずに済みそうな大塚元代表を副代表に据えるようです。



では、まずは共同通信のフェイクニュースから

【MOX燃料の再処理断念 電力10社、核燃サイクル崩壊】
 通常の原発でプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を燃やすプルサーマルを巡り、原発を持つ電力会社10社が、一度使ったMOX燃料を再処理して再び燃料として利用するための費用の計上を、2016年度以降中止していたことが2日、分かった。政府は核燃料サイクル政策の一環としてMOX燃料の再利用方針を掲げていたが、資金面での根拠を失い、事実上、MOX再処理の断念となる。

 MOX再処理には新たな再処理工場の建設が必要で、巨額の費用がかかることが断念の理由とみられる。核燃料の再利用は一度のみとなり、核燃料サイクルの意義は大きく崩れることになる。
(2018/9/2 共同通信)



この記事はきちんと事前に経産省の担当者に取材して書かれたもののようです。
そのことは世耕弘成経産大臣がツイートしていますが、
以下、世耕大臣のツイートから。

https://twitter.com/SekoHiroshige/status/1036819157507923969
世耕弘成 Hiroshige SEKO @SekoHiroshige
酷い誤報。
法改正で、今まで電力会社内で引当てていた燃料処理用資金を、各社は使用済燃料再処理機構に対し拠出する事にしたもの。
電力会社経営環境に拘らず資金積立を着実に行う為であり、このことで記事中の「再処理断念」や「費用計上中止」といった事にはなりません。


世耕弘成 Hiroshige SEKO @SekoHiroshige
確認したところ、事前取材に担当課はきちんと事実関係を説明しています。にも拘わらずこのような記事になったのは、意図的な報道と言わざるを得ません。記事は全国地方新聞に引用されたため、影響は甚大。
現在訂正を申し入れ中です。



共同通信の場合はあからさまな嘘だとバレた場合に
記事を黙って書き換えて何事もなかったかのようにするだけで、
今まできちんと「訂正記事」として記事を出したことはありません。

自分たちが配信社だという立場から
本来であれば配信先に対して
先の記事は誤報であったときっちりと訂正記事を出すのが筋ですが、
むしろ配信社として裏に隠れられるので
こういうデマを繰り返してきたと言っていいでしょう。

WEB上の記事だけを後からこっそり訂正したり
削除することでたとえ非難されても訂正したという事にするのです。

ですが、各オールドメディアにはすでに配信されたデマが回り、
それを各社が報じているという現実がありますので
きちんと訂正記事も配信するのが筋です。

日本のマスゴミはこういう歪な形で
オールドメディアの連中は徹底して
「俺達は無謬」
ということにしてきました。

テレビや新聞などのオールドメディアに頼るとバカになる。
これはもう確定事項です。


お次は朝日新聞とか名乗ってる反日嘘つき新聞の記事から。

【自民の総裁選「公平・公正な報道」要求、専門家から懸念】
 自民党は7日告示・20日投開票の総裁選をめぐり、「公平・公正」な報道を求める文書を新聞・通信各社に出した。自民党は近年、報道機関に対して同様の「要請」を繰り返しており、専門家からは表現規制につながることを懸念する声などが出ている。

 「総裁選挙に関する取材・記事掲載について」と題する文書は8月28日付で、総裁選挙管理委員長の野田毅衆院議員名で出された。選管委が「すべての面において公平・公正が図れるよう全力を尽くして」いるとしたうえで、①取材は規制しない②インタビュー、取材記事、写真の掲載にあたっては、内容、掲載面積などで各候補者を平等、公平に扱う③候補者によってインタビューなどの掲載日が異なる場合は掲載ごとに全ての候補者の氏名を記し、②の原則を守る――の3点を留意点として求める。

 自民党側は、過去の総裁選でも同様の文書を出してきたと説明するが、安倍政権下では報道機関への「介入」と受け取れる事案が目立つ。2014年衆院選の際には、NHKや在京民放5局に選挙報道の「公平中立」を求める文書を送付。直前に安倍晋三首相が出演したTBSの番組でアベノミクスの効果が感じられないとの街頭インタビューに対し、「全然声が反映されていない。おかしいじゃないですか」と不快感を示したこともあり、「報道圧力」との批判を浴びた。今回の総裁選はそもそも、一政党の代表を選ぶもので、公正な選挙の実現を目的とする公職選挙法が適用されることもない。

 政治とメディアの関係に詳しい専修大の山田健太教授(言論法)は、自民党が今回出した文書について「強い公益性を有する政権政党が法的根拠もなく表現を規制することは決してやってはいけない。量的な公平を求めるのも、『公平』の解釈に問題がある」と指摘。「『公平・公正』を求めることは政権与党にとっての『偏向報道』を許さないということの裏返しであり、政権批判を許さないという姿勢に近い。結果として自由にものが言えなくなり、社会の分断を後押しすることにつながりかねない」と警鐘を鳴らす。

 一方、名古屋大大学院の日比嘉高准教授(日本近現代文化)は、真実や事実を軽視する「ポスト・トゥルース」(脱・真実)の傾向が強まる世界的風潮のなかで、「何が『公平・公正』であるか、社会的に共有できる軸が失われかけている」と指摘。そうした状況のなかで自民党が報道機関への要請を繰り返すことも、「公平・公正を判断する軸が手前勝手に作られないか注意深く見る必要がある」と話す。
(2018/9/3 朝日新聞)



自民党は今回に限らず、2009年の政権後退前だって
公正公平に報道してくれとメディアに要求しています。


民主党の毎年約20兆円をバラマキで使う政策は
金で有権者の票を釣るためのものでしたが、
財源は「埋蔵金」などと糸井重里みたいなことを言っていました。

TV番組で岡田克也がお得意のバラマキ政策自慢をしていたら
政策通の細田博之官房長官にフリップでもって
きっちりとぐうの音も出ないレベルで論破されてしまい、
岡田克也はその番組内でまともな反論もできずに終わりました。

自分たちのデタラメ政策が、
ごまかす言い訳すらできないレベルで
完璧に論破されたことに腹を立てた岡田克也は
自民党に抗議するのではなく
テレビ局に「自民にフリップを持ち込ませるな」
と要求しました。

そして各TV局はこの要望を受け入れて
自民側からのフリップ持ち込みを禁じました。

岡田克也が行うであろう屁理屈の展開を予測し、
それにぴったりと照準を合わせてフリップを用意し、
あらゆる屁理屈を封じるための指摘箇所を事前にまとめていた
細田博之議員の勝ちです。

ですが、民主党は自分たちに不都合なので
今度から同じ手は使えないようにさせたわけです。

そしてマスゴミ側は民主党政権を作るために
産経新聞もメディア談合に乗っかっていたくらいで
マスゴミは民主党応援団としてメディアスクラムを徹底していました。

そんな中で生放送での討論というすきを突いた
細田博之議員を褒めるべきですが、
同じ手を使わせないためにもマスゴミ各社は
民主党側からの要求に応じました。

そしてこの
「自民党議員の持ち込んだフリップでデタラメ政策が完全に論破された事に腹を立てた岡田克也がテレビ各社に自民党議員にフリップを持ち込ませないようにしろと要求し、この要求を各社が飲んだ」
という事についてマスゴミは報じませんでした。

なにせ当時は産経新聞だって
民主党政権を作るためにでっち上げニュースに参加していましたからね。

民主党政権ができるので批判的な記事を書くと干されるから
民主党に媚びる流れに乗っかろう
という考えだったのだろうとは思いますけど。


平然と嘘を言う石破茂が
あからさまに安倍総理と現政権、そして自民党を
嘘つきだと繰り返しほのめかした上で
「正直、公正、石破茂」
と打ち出している事に
マスゴミは批判どころか石破茂を持ち上げ続けています。

一方で自民党が「公平、公正な報道をしてほしい」
と要望を出したら
マスゴミは「不当な圧力だ!言論の自由がー!」
と批判しているのですからお話になりません。

少なくともこの10年について公平、公正な報道をしたことがない
という厳然たる事実があるからこそ
自民党は繰り返し要望をしているに過ぎません。



ちょっとおもしろい記事があったので拾っておきます。
毎日新聞から。

【<自民党総裁選>両陣営選対本部が発足 出席議員数に差】

これ、現在は毎日新聞が記事をこそっと差し替えて
ネタになっている部分を書き換えたので書き換え前の記事を載せます。

-----
自民党総裁選に立候補する安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)の両陣営は3日、選対本部の発足式を東京都内でそれぞれ開いた。

首相陣営の会合には細田、麻生、岸田、二階、石原5派と竹下派衆院側などから議員230人が出席。秘書などの代理人出席116人と合わせると、出席者は同党国会議員の8割を超えた。

首相は「担ぎ手は素晴らしいが、みこしがぼろいと言われないように頑張らなければいけない」とあいさつ。選対本部相談役の麻生太郎副総理兼財務相は「6年間の自民党の成果、その代表が安倍総裁そのものだった。この顔を今代えるのが国益に沿うかを考えなければならない」と首相への支持を呼びかけた。

石破陣営の会合には石破派や竹下派などから国会議員18人が出席した。広島、岡山両県に出張中だった石破氏は欠席した。選対本部長の尾辻秀久元参院副議長はあいさつで「武士道を真ん中に据え、正々堂々と戦っていこう」と訴えた。

出席者数で首相陣営に大きく水をあけられた石破派陣営の幹部は「投票のときにこっそり石破氏の名前を書いてもらうことが大事だ」と語った。【高橋恵子、村尾哲】

-----



>選対本部長の尾辻秀久元参院副議長はあいさつで「武士道を真ん中に据え、正々堂々と戦っていこう」と訴えた。

>出席者数で首相陣営に大きく水をあけられた石破派陣営の幹部は「投票のときにこっそり石破氏の名前を書いてもらうことが大事だ」


この部分が面白いのに
「こっそり石破の名前を書いてもらうことが大事だ」
を削除するなんて・・・毎日新聞の中の連中はわかってない。

石破派は色物枠だからネタキャラとして弄り倒した方がいいんです。


すでに石破茂の外交スタンスは
日本が譲歩して相手の話を聞くことが大切だという
彼の主張でどのような低レベルなものかは予想ができます。

外交をやったことのない外交音痴が
アホなブレーンに囲まれてよりアホさに磨きがかかるとか
本当にお笑いみたいなことになっています。

そんな石破は「あらゆる手段で政策訴える」なんて言っていますが、
具体的なプロセスが無い、つまり中身がろくに無い
言ってしまえばスローガンを並べたものを政策集と言っている状態です。

あとはただひたすら今の自民は云々と自民批判。

2012年のときはここまでボロを出していなかったので
党員票を稼ぎましたが、
マスゴミのデマに乗っかって自民批判を繰り返し
「自分だけは違う」
と見せようというやり方は
自民党を支えてきた自民党員が一番嫌うことでしょう。

すでに議員票での大敗は確定しているので
石破茂が頼みにしている党員票での大敗もありそうです。

10−1
10−0
10−1
3−2
トータルで33−4
みたいなことになりそうですね。


---------
↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓
イメージ

パチンコ規制大まかな内容
パチンコの大当たり出玉数は2400個→1500個へと上限が大幅減少
パチンコの大当たりラウンド現行16ラウンド→10ラウンドに減少
パチンコにおける検定試験項目に4時間における出玉試験が追加
パチンコ台にもスロット同様の6段階設定が可能に!
4時間の遊技においてパチンコ・パチスロの出玉払い出し数を発射総個数の1.5倍未満へ
2018年2月1日以前に検定通過機種は検定期間満了まで設置可能(最長3年)
遊技に当たって、4時間で5万円以上の出玉を制限


さて、規制の中で中々進まない問題が一つ。

【封入式のパチンコ機】でありんす。

封入式というのは、

釘を勝手にいじれないようにするために、

ガラス枠を開けれない仕組みにすることじゃ。



ただし、問題がある。

ガラス枠を自由に開けれないということは、

玉が詰まった場合に、

それを直す手段がなくなるということでありんす。



ではどうするのか?

それが今、問題となって答えが出ていない

状況下にあるのじゃ。



釘が有るからいじるのであって、

無ければいじることはできん!

じゃから、要所要所の釘は無くしてゆけばよい。

代わりにアクリルで玉の通り道を

作ってゆくのが主流になるじゃろう。



実は、アクリルで玉の通り道を作っている

機種は存在する。

じゃが、ヘソ釘(入賞釘)と呼ばれる場所には

まだ使用されていない。

じゃから、技術的には何の問題もなく、

ぱちんこに設定が復活するときには、

ヘソ釘はもちろん、大幅に釘の使用が

減ると予測する。



いま、わっちらの釘をメンテナンスする技術は、

今後は必要とされない技術となる。

残業も労力も軽減されるので、

大いに歓迎したい。



転載元転載元: 独り言をなんとなく・・・、

なでしこりん様のブログ(言論統制のアメーバブログ)より転載させて頂きました。
このブログ(不死鳥復活サイト)のURL: http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/
 
(以下、転載記事  ↓のタイトルをクリックして元記事に行けます)

ハーフ美人を選んで日本代表っておかしくない?...ミス〇〇って奇をてらいすぎ! 今度は象使い?

2016-09-05 23:00

ミスコン日本代表をハーフ美人にしてもプラスにはならないと思う。
.....日本代表には「日本人らしい日本人」ではいけない理由でもあるの?

.....なでしこりんです
。私は男女問わず「ミス〇〇」「ミスター〇〇」コンテストは嫌いではありません。人間の中には「きれいなもの」を見るのが好きな人が大勢います。と同時に、「人間は外見だけじゃないよ」ということをわかっている人も大勢いると思うんです。今日は「ミス・ワールド」の話題。最近のこの手のチャンピオンって「独自の基準」で選ばれているようですね。多数の意見なんてどうでもよいのでしょうか? 記事は「東スポWeb 」からです。

.......................イメージ 1 

.....世界最古のミスコンテスト「ミス・ワールド」の2016年日本代表選考会が5日、都内で行われ、31人のファイナリストから「ミス・ワールド日本代表」に、東京出身の通訳でモデルの吉川プリアンカさん(22)が輝いた。
 
.....“日印ハーフ”が今年の“美の象徴”になった。吉川さんの父親はインド人、母親は日本人。T176・B80・W62・H90の極上ボディーを誇る。象に乗れる免許である「象使い」の資格も持つ。今後の活動にはボリウッド(インド映画界)への進出も視野に入れる。

.....日本代表の選考対象は、18〜27歳の日本国籍を有する未婚女性。応募総数は6920人だったhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160905-00000038-tospoweb-ent

.......................イメージ 2 
...............................吉川プリアンカさん

.....以前、東京や神戸で行われているファッションショーの関係者の中に在日朝鮮人がいると聞いたことがあります。北朝鮮関係者の反日意識は強烈ですからね。日本人を辱めることを「北への忠誠」と考えていても不思議ではありません。こういうコンテストの優勝者から日本人が除かれることにも関係してるのでしょうか?

.......................イメージ 3 
.......................宮本エリアナ・・・これは審査員がおかしい!

.....それにしても、2015ミス・ユニバース日本代表の「宮本エリアナ」は「独自の基準」で選ばれた優勝者でした。果たして、普通の日本人が審査員なら彼女を選んでしょうか?私なら彼女には投票しなかったでしょう。外見を問うコンテストで外見が二の次なら、ミス〇〇は止めるべきです。宮本エリアナに関してはただの「反日ハーフ」でしかなかったような気がします。

............................イメージ 4 
.................................................イメージ

.....そして 今回の「象使いの女性」って? それって特技と呼ぶべきものなんでしょうか? おまけに「ボリウッド(インド映画界)への進出も視野に入れる」って! それはそっちでやるべきであって、ミス・ワールド日本代表とは関係のないこと。ていうか、「ミス・ワールドを利用するな」という声も出てきそう。よりによってハーフの女性を日本を代表に選ぶ審査員って何者なんでしょうか? やっぱり、「日本人はずし」が目的なんですか?

.....イメージ 5  イメージ 6 

.....戦前の 日本人女性の写真を見ると本当に「やまとなでしこ」と呼ぶにふさわしい女性が数多くおいでです。私は何も日本人代表に外国人の要素を無理して入れる必要はないと思うんです。外国人審査員にこびて、ハーフを選んでも、それこそまともな審査員はそんな日本代表を選ばないでしょう。選ぶなら知性と美貌を備えた日本人を選んでほしい。私はハーフ美人さんを否定しませんが、日本人代表なら日本人顔の人を選んでほしい。果たしてどれだけの日本人が「ハーフ美人=日本代表」に共感できるでしょうか? By なでしこりん

なでしこりん様のブログ(言論統制のアメーバブログ)より転載させて頂きました。
このブログ(不死鳥復活サイト)のURL: http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/
 
(以下、転載記事  ↓のタイトルをクリックして元記事に行けます)

これは必見! 何度見てもすごいリオ・オリンピック閉会式での日本のPR映像!安倍総理も登場!

2016-08-23 00:01
日本の本気度と、日本の良さが表現された素晴らしいプレゼンでした!
....椎名林檎でよかった!小池都知事でよかった!安倍総理でよかった!

.....なでしこりんです
。物事を行うで一番大切なのは「愛」なんだと思います。今日のリオ・オリンピック閉会式の日本のプレゼンが予想以上に素晴らしかったことでネット上は盛りあがっています。

.................イメージ 2 
.................イメージ 3 

..................
.....私は その一番の理由は演出を担当した人たちに「日本への強い愛」があったからだと思うんです。やっぱりこういう演出には日本を愛している人に任せるべきですね。特に音楽監督の椎名林檎さんにはぜひ「2020東京オリンピック」でもプロデューサー&音楽監督をお願いしたいです。以下、ネット上の反応をまとめました。By なでしこりん

........ ........イメージ 4 

椎名林檎でよかった!小池さんでよかった!安倍ちゃんでよかった!
pic.twitter.com/vUnNUTDqzl

..................イメージ 5 

リオの閉会式 日本の演出がすごく 良かった(o(*゚▽゚*)o))✨ アニメを取り入れた映像📺 リオに安倍首相がマリオで 出てきたのが最高(≧∇≦) そして椎名林檎さん プロデュースの舞台‼︎ 4年後の開会式も楽しみ\(^o^)/ pic.twitter.com/CJWxKvLY6p

....... ........ イメージ 6

音楽監督、椎名林檎さん、映像演出•ライゾマ、振り付け•MIKIKO,音楽•中田ヤスタカ。ドラえもん、キティちゃん、キャプテン翼、マリオ(安部さんがマリオになった)。 凄いプレゼンテーションでした… instagram.com/p/BJZGKiPB7DA/

.................イメージ 7 

閉会式が近未来的でめっちゃかっこいい。安倍首相がマリオになったり、ARでスポーツ種目を立体的に表現。CDは佐々木宏、菅野薫、音楽は椎名林檎、中田ヤスタカ、ダンスはMIKIKO。クリエイティブ力が結集してる#閉会式 #リオ五輪 pic.twitter.com/QLNEByA8uR

.................イメージ 1 

引き継ぎは椎名林檎プロデュースとか、見事に大仕事をやり遂げててほんと素晴らしいな。映像も演出もとても良かったし…四年後楽しみだね。東京オリンピックpic.twitter.com/PAwpzwikgD

≪日本のプレゼンを見た海外の反応≫
http://livedoor.blogimg.jp/all_nations/imgs/9/a/9a368df4.pngたった11秒のマリオでブラジルはお株を奪われたな。
http://livedoor.blogimg.jp/all_nations/imgs/8/6/86779d71.png史上最高のオリンピックまで4年もあるとか。タイムマシンはいつ発明されるんだよ?
8 http://livedoor.blogimg.jp/all_nations/imgs/3/c/3c993e23.png リオ五輪の閉会式のなかで2020年の東京オリンピックを期待させる映像が一番良かったな 。
10http://livedoor.blogimg.jp/all_nations/imgs/6/d/6df62743.pngワクワクしてこないかお前ら?俺はワクワクしてるぞ!
http://www.all-nationz.com/archives/1060409364.html

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事