くにしおもほゆ

羅針盤を見誤ることなかれ

そのほかいろいろ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
京都賞の賞金、1億円に倍増 35周年控えノーベル賞並みに 6月発表の第34回から 

 科学や芸術など多分野の国際的業績をたたえる「京都賞」を主催する稲盛財団(稲盛和夫理事長)は12日、同賞の賞金を従来の各部門5千万円から各1億円に増額すると発表した。今年6月に発表される第34回同賞から適用される。
 来年の同賞創設35周年を前にした記念事業の一環。ノーベル賞など、海外の主な国際賞と肩を並べる賞金額になる。併せて稲盛理事長は「『利他の心』を永久に」と題したメッセージを発表し、「京都賞は社会への恩返しであると同時に、私の利他の哲学の実践」と同賞への思いを述べた。
 同賞は昭和59年創設。エレクトロニクスやバイオテクノロジーなどの先端技術部門、生物学や数学などの基礎科学部門、音楽や演劇などの思想・芸術部門の3部門で計3賞が贈られる。過去受賞者にノーベル医学・生理学賞を受けた山中伸弥・京大教授(平成22年先端技術部門)、大隅良典・東京工業大栄誉教授(24年基礎科学部門)らがいる。

ノーベル賞は世界中で子供でも知っているのに、この「京都賞」は日本国以内でさえいまいち認知度が低いですね。
イメージ 1
   
   イメージ 2  イメージ 3
京都賞は稲盛和夫氏(京セラ・KDDの設立者)によって設立された稲盛財団によって行われていて、もう第34回になります。
中国の「孔子平和賞」が嘲笑の的になっているのを尻目に、着実に回を重ねてきました。
京都は伝統が息づく街であると同時に、自由な発想が生まれる土壌も併せ持っており、京大からはノーベル賞の授賞者が多く出ています。独自な発想の技術で大きく成長した京都セラミック(現京セラ)と一脈通じるものがあったのでしょう。
賞金がノーベル賞に匹敵するというのは凄いですね。世界の研究者にとって大きい励みになります。

ケニアの首都ナイロビの南西約50キロに位置するリフトバレー(Rift Valley)州ナクル(Nakuru)郡マイマヒウ(Mai-Mahiu)近郊で6日、今年3月に大雨の後に出現した大きな地割れを写真に捉えた。
 地割れの近くには、自分撮りをする見物客らが訪れている。(c)AFP

   
イメージ 1
   ケニア・リフトバレー州ナクル郡マイマヒウ近郊で、3月の大雨の後に出現した大きな地割れの
    そばを歩く人々(2018年4月6日撮影)。(c)AFP PHOTO / SIMON MAINA


この画像は見た瞬間に「大地溝帯」が出現したと感じました。
「大地溝帯」とは、アフリカ大陸の東部を南北に走る巨大な割れ目です。
 
 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4

現在の地球上にある大陸は、元々今の位置にあったものではありません。
大昔に「パンゲア」という超大陸が存在して、これが次々に割れて移動していったものです。
これが「大陸移動説」というものですが、「説」と言っても、現在では定説ですね。
大陸移動説 ←はwikiのページです。分割してゆくイメージが動画でも説明されています。

オーストラリアの大陸が早い時期に分かれて、隔離されて珍動物が多く残りました。アフリカの東部では今でも大陸の分割が進行していると見られています。
上の画像の割れ目のあっち側とこっち側は、将来は利害が不一致になったりして、国家も分裂するかもです。

日本はいいですね。分裂するどころか、東日本と西日本は糸魚川で合体したものですし、海底火山が新島となって領土に加わるし、太平洋の諸島も少しづつ日本に近づいてきます。もちろん、超長いスパンの話ですよ。!(^^)
 


外来カマキリ、中国産竹ぼうきから侵入? 在来種駆逐か

  イメージ 1
ムネアカハラビロカマキリ。胸が赤っぽい色をしているのが特徴だ(研究チームの苅部治紀さん提供

 外来種の「ムネアカハラビロカマキリ」というカマキリが国内で急速に広がっている。在来種のカマキリを駆逐するおそれが心配されるが、研究者が調べたところ、中国産の竹ぼうきについた卵が海を越え侵入してきた可能性が高いとわかった。卵から幼生が大量にかえる時期を前に、専門家は「自宅や学校、公園で使われる竹ぼうきに卵がないか注意してほしい」と呼びかけている.
 ムネアカハラビロカマキリは中国などにすみ、日本では2000年代に初めて発見された。日本にいる在来種のハラビロカマキリに似ているが、腹側が赤っぽいほか、体長が最大8センチほどと大きく、卵の孵化(ふか)時期が早いなどの違いがある。
 神奈川県立生命の星・地球博物館などの研究チームによれば、東京都や新潟県、愛知県、京都府、鹿児島県など少なくとも20都府県で見つかった。生態系への影響はまだよくわかっておらず、法律によって飼育などが禁止される「特定外来生物」ではないが、侵入した地域で在来種がほぼ見られなくなったケースが、愛知県豊田市や神奈川県秦野市などの複数の地区で確認されている。新潟県では在来種が「準絶滅危惧種」に分類されている。環境省の曽宮和夫・外来生物対策室長は「生態系への侵略性に注目している。情報収集を進めなくてはいけない」という。
 外来種は通常、侵入地点から時間をかけて同心円状に広がるが、ムネアカハラビロカマキリは近年各地で同時多発的に発見され、在来種説も出たほどの「謎のカマキリ」。人間がペットとして持ち込み、故意に放した可能性もあるが、侵入経路は不明だった。
研究チームは、「竹ぼうきが原因」とするネット上の「うわさ」をきっかけに調査を開始。東京都の多摩動物公園では17年5月〜12月に仕入れた中国・浙江省産の竹ぼうき420本の約3%で、大きさ約2センチの卵のかたまり(卵鞘〈らんしょう〉)が見つかり、卵から生まれたムネアカハラビロカマキリの幼生も確認した。16年には神奈川県内のホームセンターで売られていた竹ぼうきでも卵が見つかった。

この報道が絶滅危惧種ならぬ絶滅期待種の朝日新聞だとは面白いです。
日本は各種外来生物によって古くからの固有生物が危機に瀕しています。
ここでは植物のことは、ちょっと横に置いておいてお話しましょう。

日本の国鳥のキジが中国大陸から来たハクビシンに喰い荒らされています。
韓国から獰猛で繁殖力の強いツマアカスズメバチが来てミツバチを襲い、日本固有のニホンミツバチを襲っています。駆除が行われていますが油断できません。
ほかにも、魚も鳥もいろんなのが棲みついてしまいました。

カマキリって捕食する昆虫ですが、日本のカマキリも減ったということは外来種に喰われたのでしょうか。
上の画像を見ると、鎌を拡げて「ニッポンいい所アルネ」と云ってるようで腹がたちます。
中国人、韓国人も外来種です。
人間とそれぞれの国の生物は似てる気がします。
昔からの日本には人も動物も獰猛なのは、あまりいませんでした。
カマキリを真似た「蟷螂拳」というのもありますね。ますますピッタリだ。

とにかくまずは竹箒をしっかりチェックしましょう。

私はひとつだけ知っています。
(おぼろ)
 
唱歌「朧月夜」
  イメージ 1

1.菜の花畠に、入日薄れ、
 見わたす山の端(は)、霞ふかし。
 春風そよふく、空を見れば、
 夕月かかりて、にほひ淡し。

2.里わの火影(ほかげ)も、森の色も、
  田中の小路をたどる人も、
 蛙(かはづ)のなくねも、かねの音も、
 さながら霞める朧月夜

ほかに「祇園小唄」には「月は朧に東山〜♪」と歌われています。
朧を美しいと感じる日本人の美意識も、あらためて凄いと思います。
その感性も無意識に現代人に受け継がれていますね。
 
辞典で月へんを調べると他に朖・朦があって、そう言えば朦朧( もうろう)には二文字あります。
朖は私は使われれているのを見た記憶ないです。

もっと、もっと一杯あるだろう!って?
胸、腕、腰、脳・・・
それらは「肉」の字が変形して現代では月へんと同じになった「 肉月」(にくづき)ですね。
体に関係する字で、お月さまとは関係ありません。

  イメージ 3  イメージ 2

これとは別に「舟」の字が変形して出来た舟月(ふなづき)というのもあって、 服、朋、朕がそれに当たるということです。
活字やPCの文字では肉月、舟月は同じですが、筆記では正しくは中の二本の横棒の書き方が違うんですね。
 
記事を作っていて同時に自分自身の勉強になりました。
知ってることの押し付け記事になりましたが、
年寄の教えたがりと、大目に見てやってください。
私も偉そうなことは言えません。まだまだ勉強!

ちなみに若い人との会話で漢字の話が出るとき、
「いーへん」 → それは「にんべん」
「ねーへん」 → それは「しめすへん」!
「ねーにちょんへん」 → それは「ころもへん」!(怒)
こんなの勘弁してくれ〜!! 



 イメージ 1  イメージ 3

奈良公園で「鹿にかまれた」…相談の8割外国人

 奈良市の奈良公園で2017年度、観光客らが鹿にかまれるなどの被害相談件数が過去最多の164件(170人)に上ったことが奈良県への取材でわかった。
 インバウンド(訪日外国人客)の増加に伴い、約8割が外国人という。「鹿せんべい」を与えている際に被害に遭うケースがほとんどで軽傷が多いというが、奈良県は注意を呼び掛ける動画を作成したり、看板を設置したり対策を進めている。
 多くの中国人観光客が行き来する東大寺南大門付近。楽しそうに鹿せんべいをあげようとした瞬間が〈驚き〉に変わった。「鹿にかまれた。どうしたらいいか」。そんな相談や通報が、ツアーガイドや警備員を通じて県に相次ぐ。
 県奈良公園室によると、統計を始めた13年度の全体の相談件数は50件。うち外国人は12件だったが、17年度(1月末現在)は128件と10倍に増えた。そのうち中国人は8割以上の106件。鹿せんべいを与えるのをじらしたり、記念撮影の時に頭突きをされたりしてけがをするというのが大半で、けがは手の皮がめくれたり、血がにじんだりする程度という。
 相談の多くは「狂犬病が怖い」という内容。担当者は「日本では50年以上、狂犬病は発生していません」などと中国語で書いたチラシを示し、希望者には消毒を施している。県が設置する「奈良公園のシカ相談室」は24時間体制で電話対応できるようにしている。
 対策として、公園内には鹿との接し方を図で示し、注意書きした縦1・7メートル、横0・9メートルの緑色の看板を40か所設置。英語、中国語、韓国語、仏語で鹿についての注意点を伝える動画を作成し、閲覧できるように昨年12月には看板にQRコードを貼りつけた。
 同室の担当者は「餌の与え方を知ってもらい、けがを負わないことが最優先だ。今後は外国人向けのスマートフォンの観光アプリと連動して、動画の閲覧や注意を呼び掛けることを検討したい」としている。
 県によると、16年に県内を訪れた外国人観光客は165万4000人で、うち中国人が69万5300人で全体の約4割を占め、増加傾向にある。(山本貴広)
Copyright © The Yomiuri Shimbun

画像の男性はせんべいを高く持って、明らかにシカをじらせていますね。
シカの気持ち、分かります。
「また騒がしい奴らがやってきた。」
「せんべい呉れるなら普通に呉れ。あせる。もうイライラするぅ(怒)!」 → カプッ

グラフでも明瞭なように、日本人が噛まれる件数は増えていません。
そもそも動物をいとおしく思う気持ちがあれば、わざとからかったりしません。
特に春と秋は仔鹿を見つけても近寄ったりしません。
だから問題はシカにあるのではなく、中国人にあるのです。
もう中国人は奈良公園に案内するなよ!

奈良も京都も中国人だらけ。
これは日本国民の総意の結果ではありませんね。
ここまで酷くなっては「観光立国」なんて要らないと感じます。
インバウンド利権の自民党二階幹事長。
旅行業界・観光業界を仕切る大親分でもあります。

また勝手にコマーシャルしたくなりました。
中国人を大量呼ばなくてもしっかり営業できる良いお手本です。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事