大人にとってはいいとされているミネラルウォーターだからって、赤ちゃんにとっては慎重に考えなければならない点もあるようです。ミネラルウォーター(水道水よりも体にいいと考えられています)の中には、硬度の高い硬水と言われる種類のお水があります。

この硬水を赤ちゃんが飲んでしまうと、お腹を壊してしまったりする原因にもなりかねません。実は、大人でもミネラルをとり過ぎてしまうと、赤ちゃんと同じように下痢を引き起こしてしまったり、高血圧や動脈硬化などの疾患を引き起こしてしまうことがあるのです。

体にいいといわれているミネラルが、逆にミルク(日本の乳児用粉ミルクはとても栄養価が高く、中国を始めとする海外でも人気だそうです)の栄養成分を損なわせる事もあるでしょう。ですから、赤ちゃんのミルクを作る時は、ミネラルやその他の不純物を取り除いたピュアオォーターが望ましいです。さらに、放射性物質がふくまれていないかどうかもきちんと検査をして、公表している業者のウォーターサーバーを選びたいと思います。

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事