竿師つれづれ

海の、船釣竿と淡水ではタナゴ・小鮒用竿を中心に製作しています。ご来店お待ちしています。

全体表示

[ リスト ]

今回紹介するのは、脇差粟田口近江守忠綱です。

認定書が2種類あります。
一つが下、小道具の認定書です。

イメージ 1


黒塗刻鞘刀拵が、特別貴重小道具として認定されています。

もう一つは下記刀身

イメージ 2


中身忠綱が貴重刀剣としてにいていされています。
この刀剣は何時頃のものでしょう?
江戸時代の物なんでしょうか?

全体の姿を見て下さい。

イメージ 3


上が納めた状態、中が抜いた状態、下が刀身です。
この刀は、尾張の徳川様の物っだったと聞いています。
全体に小ぶりですが、華美な所が無く落ち着いた、
非常に美しい拵えです。
中段の写真でおわかりかと思いますが、
刀身の長さ1尺7寸2分(約520mm)と短いのですが
鞘は、刀身に比べかなり長く作って有ります。
又、鎬(しのぎ)の上部を全体にかなり深く掘り込んで
全体を軽く仕上げている様に思います。
下の刀身の大写しご覧になると良く判ると思います。
こんな事から、どの徳川様の差料か判りませんが
お年を召されてからの物で、軽くしたのではと思いますが?

イメージ 4


写真では良く判りませんが、非常に綺麗な刃紋が出ています。
何と言う刃紋なんでしょう?
鎬部分かなり削り込んでいるのが分かるかと思います。

鐘(こじり)部分見て下さい。

イメージ 5


猿が池に写った三日月を木の上から、枝で取ろうとしている
図が象嵌されています。素晴らしい絵柄です。
裏側に銘が入っています。寿叟法眼作とあります。
江戸時代のそれなりの方の様ですが、どんな人だったんでしょう?
法眼と言うのは僧侶の位だと思うんですが、
拵えを作る人とどんな関係が有るんでしょう?
知っている方読んでいましたら教えて下さい。

漆は呂色の単色塗りです。山形に削り込んだ鞘に漆を塗って
研ぎあげていますが、山の山頂の丸みを壊さず、
更には谷の部分に漆が溜る事もなく、綺麗に研ぎあげています。
どうやって塗りそして研ぎ出したんでしょう?
素晴らしい仕事をしています。とても真似出来る物では有りません。
漆を扱うものの端くれとして、憧れてしまいます。

目貫です。

イメージ 6


片方が布袋様ですが、もう一方は何でしょう?
布袋様いい顔してます。

下げ緒と、柄頭部分です。

イメージ 7


この下げ緒の結び方ってどうなってるんでしょう?
きっと難しいんでしょうね?
どの様に結ぶのか知りたい物です・・・?
どなたか分かる方いませんか?

鍔の周り部分です。

イメージ 8


縁にも綺麗な象嵌が入っています。

鍔も見て下さい。

イメージ 9


城の絵が入っています。
少し錆を落としてから写真を撮れば良かったのですが
さび落としが、見当たらなかったのでそのま撮りました。
本当はモットモット綺麗だと思います。

この脇差は大名の持ち物だと思いますので、細かな所まで非常に
気を使って作っているのは当たり前ですが、目線を変えると
日本人の素晴らしい所は、このような技術が庶民にまで行き渡って
いたことだと思います。
江戸時代の小物(根付、キセル、道具、手拭・着物の柄)等を見ても
半端なものは作っていません。
全て職人が徹底的に手を入れて、俺の技術を見ろと言わんばかりに
主張しているところだと思います。
それを庶民の間で「粋」という言葉を使って表現する。
何とも「粋」では有りませんか・・?
中国でも韓国でも、他の欧米諸国でも王侯貴族の物は素晴らしいが
庶民の物は貧相です。
美術工芸品の技が庶民にまで行き渡っている、そこが日本の芸術・技術の
素晴らしいところ・特徴ではないでしょうか?
粋が売りのこもの屋さん如何でしょう?

この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

とても素晴らしい作品ですね!
確かに日本では、庶民のものも凝った作りのものがたくさんありますね。
それが私たちの素晴らしい文化ですね♪

2009/5/5(火) 午前 3:44 Rosen 返信する

顔アイコン

むううううう、これ頂戴!(爆)

2009/5/5(火) 午前 8:33 komono_ya 返信する

顔アイコン

Rosenさん

私はいつも思っているのですが、特に江戸小物とでも言うんでしょうか、身の回りの古いものが素晴らしいと思っています。それは昔どこの家にもあったちゃぶ台であったり、手拭の柄であったり、根付であったり全て庶民の手の届く所に素晴らしい美術工芸品が有りました。
これこそ日本文化の素晴らしい所と思っています。

2009/5/5(火) 午前 9:49 和竿工房 やす 返信する

顔アイコン

こもの屋さん

このも屋さんと、おそらくさんのコラボレーションによる素晴らしい美術工芸品、今後も大いに期待しています。
そして吉永小百合さんにも宜しく伝えて下さい。私、中学の頃からの小百合ストですと・・・・・??あっ・・・・全然関係い・・・・?失礼しました(笑)

2009/5/5(火) 午前 9:58 和竿工房 やす 返信する

顔アイコン

まず刀ですが実物を拝見しない事には刃文も地鉄も分らず銘も細かい鏨運びが判然とせず代別は難しいです。
粟田口近江守忠綱と切り銘するのは初代忠綱と二代だけです。
綱の字を独特に崩していますがこのように切るのは初代と二代の初期作に限ります。二代は元禄のころになると一竿子忠綱と切るようになり綱も崩さない普通のものです。銘だけによる鑑定だと初代忠綱もしくは二代忠綱の初期作ということになります。
摂津の刀工で初代は江戸万治頃、二代は元禄頃活躍した大阪新刀の有名工です。二代のほうが評価は高いです。

2009/5/6(水) 午後 5:27 [ 半死の白頭翁 ] 返信する

顔アイコン

拵えは最幕末から明治初期にかけて流行った突兵(とっぺい)拵えで
ズボンのベルトから吊るようになっていました。丁度下げ緒が巻かれていて写真ではズボン吊りの様子が分りません。
突兵拵えの初期は吊らずに指すようになっていました。
縁頭は肥後の良い物とお見受けしました。
鐔は象嵌がはっきりと見えず、なんとも難しいですが京献上か阿波正阿弥のようにみえます。

2009/5/6(水) 午後 5:59 [ 半死の白頭翁 ] 返信する

顔アイコン

ながながと申し訳ありません。寿痩法眼というのは江戸末期の刀装具界掉尾を飾る名工、東竜斎田中清寿のことです。
嘉永年間に法眼の位に叙されました。
法眼は元々は僧侶の位階で一番上が法印(ほういん)、次が法眼(ほうげん)次が法橋というものでした。
最初は人数も限られていて権威のあるものだったのですが、時代と共に数が増え、修験道の山伏の先達にさえ法印権の大僧都と名乗る事を許すようになり、仏教の方では段々と用いられなくなりました。
一方中世以降僧位に準じて儒学者、仏師、連歌師、医師、画工などに授けたものは江戸末期まで続きました。
金工で授かるようになったのは幕末の頃で有名な後藤一乗は法橋を授けられています。

2009/5/6(水) 午後 6:26 [ 半死の白頭翁 ] 返信する

顔アイコン

白頭翁さん

何時も丁寧な説明を頂き有難うございます。おかげで非常に良く判らいますし、今まで疑問に思っていたことが理解できます。
刀身は初代か2代の作と言う事ですが、何れにしても江戸時代と言う事で理解いたしました。2代目の方が評価が高いと有りますので2代目であるといいですが??
拵えですが、ズボンに吊れる様になっていたとは知りませんでした。
一度解いてどんなに成っているか見たいものですが、戻せなくなるのでやめておきます。又鐔に関しては拵えとは別な人の物だとは思っていたのですが、縁頭を作った人は寿痩法眼では無いんですか。同じ人が作っていると思っていました。

2009/5/8(金) 午後 6:34 和竿工房 やす 返信する

顔アイコン

白頭翁さん続きですが
そうしますと、この寿痩法眼と名の入った東竜斎田中清寿と言う人は、猿の絵の象眼のある鐘の部分と鞘を作ったんですか?
何れにしましても新しく知った、東竜斎田中清寿と言う名工が、江戸時代の末期に作ったものだと言う事が分かりました。
大変ありがとうございました。白頭翁さんのブログも知識の基として楽しく読ませていただいています。今後とも宜しくお願い致します。

2009/5/8(金) 午後 6:44 和竿工房 やす 返信する

顔アイコン

やすさん 幕末になりまして袴より活動し易いダンブクロなどと呼ばれるズボンみたいな物を着用する者が出てきて、突兵拵の刀も使用されました。吊るようになったのはベルトを使用するようになってからで、初期にはさらしを巻いて其処に指していたようです。ですからこの拵えにも吊り具は付いていないかも知れません。
縁頭と鐔はどう見ても清寿にはみえません。
鞘は鞘師がつくったもので、猿侯捕月図のこじりだけが清寿作と言う事ではないでしょうか。
南方の海の中の美しい写真、ことに魚の群れ、何時も羨望の思いで拝見しています。

2009/5/10(日) 午前 0:08 [ 半死の白頭翁 ] 返信する

顔アイコン

白頭翁さん
有難うございました。拵え一つ作るのにも色々な職人がかかわっていること分かりました。
ご丁寧な説明感謝いたします。

2009/5/10(日) 午前 10:50 和竿工房 やす 返信する

顔アイコン

突兵拵えですね。 珍しいものですよ。 削除

2011/5/5(木) 午後 1:15 [ 拵えクン ] 返信する

顔アイコン

半死の白頭翁さん、これ明らかに茎をいじってますよね?一竿子忠綱にここまで樋の入った物は…。新々刀ですかね?

2011/12/16(金) 午前 6:38 [ ザビエル ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事