ここから本文です
ねこやなぎやま日記
ひたすら山です。

あの日、あの場所から

2日、8時30分 あの日と同じ穏やかな朝
再び下山に向けて歩き出した

イメージ 1
ポンヤオロマップ岳はもう近い
が、気を緩めず行こう
イメージ 2






























歴舟川林道は昨春の雪解け時期に橋がいくつも流されている
イメージ 3
イメージ 4









































アイスブロックの脅威に愕然としつつ除雪終点の牧場に帰って来た
イメージ 5



一年越しになってしまったが
僕らの厳冬期ぺテカリ岳早大尾根縦走は完遂した


ぺテカリ岳

1月25日 再び日高へ・・・
南部日高の名峰ぺテカリ岳
初トレースされた昭和23年以降、厳冬期に早大尾根からぺテカリ岳の頂きを
踏んだ者は多くはいないであろう
13日間の計画で、理恵子と二人で挑む

歴舟川林道を11km歩き、尾根に取り付く
イメージ 1
延々と薮リッジと岩稜が続く
たまに現れる広い尾根にホッとする
イメージ 2

隠れた名峰留取岳イメージ 3

留取岳の先もナイフリッジは続くイメージ 4

薮リッジとラッセルの繰り返しイメージ 5

早大尾根最高点P1483を超えて
イメージ 6

ようやく東尾根に合流
イメージ 7

イメージ 8



東尾根で停滞中
道内各地で今季最低気温を観測したらしい





入山8日目の朝、無風快晴! ついにぺテカリ岳へ!
イメージ 9

国境稜線に合流するとブッシュは劇的に無くなる
イメージ 10

イメージ 11
遥かなるぺテカリ岳・・・ 長かった・・・ でも良かった!
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14



夜はささやかに祝杯



下山したら後輩とアイスへ
来月は先輩と知床へ
ゴールデンウェークはどうしようか

イメージ 15

今年の夏も忙しくなりそうだな
ありがたいね
頑張ろう


来年の冬はまた日高へ行こう













おふくろ、おやじ、先に逝ってゴメン…

悪い、みんな…  約束、守れなくて…

ありがとう、見送りに来てくれて…


「二人ずっと同じ景色を眺め、同じ空気を感じながら
末永く四季を辿ってゆきたい」
その気持ちは変わらない

俺は理恵といるよ


上ホロカメットク山

憧れの方と上ホロへ。快晴の上ホロもたまには良い。
たくさんの話を聞き、山への取り組み方から、装備についてまで多くの事を学ぶ事が出来ました。とても楽しい時間でした。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


層雲峡

レジェンド、新人とアイス。
レジェンドは流石の登り。今日の新人もセンス良い。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

層雲峡

新人とアイス。
新人はなかなかのセンス。あとは持久力。
楽しかったようでホッとしてます。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事