思いを・・・

3月12日 晴れ

昨日は、黙とうしながらいろいろ思い起こしました。

東日本大震災に伴う福島第一原発事故は天災でなく人災だ。原子力

(核)の平和利用というが、この原発事故の被害を見て平和と言えるだ

ろうか。
 
難しいことは分からんが、何かしないとの気持ちが原発反対の国会前

集会に参加することでした。

イメージ 1

全ての人が経済発展と平和、豊かな生活とは何か、について考え、今

までヨシ…としてきたことを改める機会である。

それにしては大きな犠牲が伴ってしまったが、方向転換をすることが

国民のためだとした国会であるべきだと思う。

国会前の集会を機会にして立候補、当選した、山本太郎参院議員は

「デモで世中は変えられる!…」と叫んでいました。自分もできれば、

とどかぬ声でもマイクをもって叫びたい、そんな気持ちで参加していた。

そして現役を退いた暇人が社会の一員として機能しているという意識が

高揚する時間でありました。

イメージ 2

震災の被災地の復興は少しずつでも着実進んでいるが、原発の被災地

の多くは、いまだに復興のめどが立たずにあります。

汚染土やその他の核廃棄物、いわゆる「黒い袋」、積み上がった膨大な

袋は処分できずに残ったままだ、国会議事堂や官邸の庭には埋めきれ

ない…どこにいくのだろうか…。

汚染された故郷や山野はどうなるのだろうか、8年経った今も変わらない。

自己責任で解決できないことはするな。だとしたら原発は廃止の方向

へ段階的に減らしてゆくことなのに、再稼働をしている。

大きな流れを変えるには、それにも増す大きな力の持続が必要です。

それはやっぱり国民の声と行動でしょう。

国会前の原発反対集会には何度も金曜日に参加していたが今でも、そ

の気持ちだけはもち続けている。

集会に参加すること、署名活動などに協力すること、そして選挙にはそ

の思いで参加することで国は動くと信じたい。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

温泉へ…

3月10日 晴れのち曇り

先日の雨天続きで肌寒く、寒の戻りのような陽気が続いたときでした。

こんな日は暖房費もかさむので温泉にでもと出掛けた。

箱根仙石原のススキ草原もご覧のように雨曇りでした。

この時期の箱根の風物詩といえば、仙石原の野焼き(山焼き)ですが、

それを待つススキ草原です。

イメージ 1

仙石原のススキ草原の野焼きは、毎年3月上旬の穏やかな日を選んで

行われる。今年は10日の予定だったが天候が悪くて延期だそうです。

そんなススキ草原の中を抜けていつもの温泉に入湯です。

イメージ 2

42℃と少し熱めの二種の源泉掛け流し、湯船からサラサラ溢れ出る湯

船にザブ〜ンと入る…至福の一時を過ごす。

イメージ 3

.箱根で雪見風呂といきたいところだが、今期は積雪がありません。

温暖化の影響でしょう。年々降雪が少なくなり、現在では箱根で雪が

降るのは年に2・3度、それも積もるのは1度くらいだったが、今期はまだ

積った!…と言うほど積もっていない。このまま春を迎えそうです。

イメージ 4

それでも気温は低く、温まった体と湯船から出ている顔の引き締まる

感じが何ともいえない…まったりした時間を過ごす。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

お雛様の日

3月4日 小雨のち曇り

3日は主役の孫娘が習い事があって都合が悪く、お雛様の食事会は

2日に我が家でした。

毎年のことだが、今年でお雛様を出すのは止めようと思いながら、止

められず今年もやりました。

段飾りもあるが出し入れに簡単なこちらのお雛様を出す。1時間以上

は掛かるし、片づけるのも結構大変です。片付けが遅くなると結婚が

遅くなるという、言い伝えがあるが、その意味がよく分かる。

そんなことを思いながら、成長する孫娘の喜ぶ顔を思うと、何のそので

支度をしている。いずれやめるときがくるだろうと…。

イメージ 1

お雛様の「ちらし寿司」を有り合わせのもので作りる。

シーフード系のちらし寿司も美味しいが、自家調達の野菜系のちらし

寿司を作る。

イメージ 2

ちらし寿司のオーダーがくるので止めようと思うが止められません…

娘の策略だと思うが…(笑)

市販のものを買うのが効率的だが、少しでも手を加えて我が家の味(ち

らし寿司)とするのが美味しさ+α(心遣い)だと思う。

あとは盛り付けでごまかす(笑)

 
イメージ 3

美味しいケーキは子供が買ってきた。

イメージ 4

今年で最後と言いながら続けるはめになっているが、ささやかでも

こうやっできることは幸せだと思っている。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

梅の花

3月2日 晴れ

西伊豆に二地域生活をしていた頃は熱海桜を見て、その後熱海梅園を

見て、時には湯河原の幕山の梅園も見ていた。河津町の河津桜も必ず

見に行っていた。

イメージ 1

西伊豆往復のルートを少し変えることで花見周りができたが、今は西伊

豆に行くことが少なくなったので、その機会はないが、あえて花見に出

かけなくても梅と桜はどこにでもあるので楽しめる。

イメージ 2

散歩コースの中にも小さな梅園がある。赤白薄緑色や早咲き遅咲き

など種類だけはたくさんあって楽しめる。

イメージ 3

抜けるような青空に映えます。

イメージ 4

我が家の裏山にも収穫のために植えた南高梅が綺麗に咲いている。

イメージ 5

毎年こんなに綺麗に咲いても実があまり生らない、鳥や昆虫が少なく

受粉が上手くいかないのか、いろいろ考えてしまう、今年はどうか…

イメージ 6

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

散歩での野鳥

2月23日 晴れ

散歩道の公園の池にはカルガモがたくさんいる、一年中いるカルガモは

最もポピュラーな野鳥だが留鳥なのか渡り鳥なのか、夏場は少なく冬の

方が多くなるので、両方がいるように思う。

渡らない方が楽だから渡りを忘れたカルガモがいる。

イメージ 1

オオバンはクチバシから額にかけて白く、体形がコロンと丸いのですぐ

分かる。

イメージ 3

渡りの冬鳥で、そろそろ準備に入るのだろう、羽を広げて休憩していた。

イメージ 2

川鵜の番がいつもの場所にいた、最近は増えてアユなどを大量に捕食

するので嫌われものだが、この顔が好きだ。

イメージ 4

カワセミもいつもの場所で池の小魚を狙っていた。

イメージ 5

林の中の散歩道でコツコツと音がするのでしばらく探したら、その先に

コゲラがいた。

イメージ 6

里山の我が家への進入路にコジュケイがいた子供の頃は朝鮮キジと

呼んでいて食用鳥だった。

時々見る可愛い親子で今は判別つかないくらいに大きくなった。

イメージ 7

↑5羽いたが写真では4羽です、分かりますか。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事