網戸の張り替え

6月14日 曇り


蚊が発生するこの時期は里山生活で大切な網戸の張り替えです。

二階も含めると網戸の数は大変なもので、とうていいっぺんにはできな

いので切れたら取り換えることにしているので、張り替え枚数は少なくな

るが毎年何枚か張り替えることになる。


網押さえゴムを引っ張って外し、破れた網を外したら、網押さえゴムの

入る溝をきれいに掃除する。


イメージ 1

新しい網・押さえゴム・押さえローラー・カッターナイフ・マイナスドライ

バーなどを用意、押さえゴムは弾力性や劣化に問題なければ古いも

のを使ってもよい。

イメージ 2

網戸枠に網(網目)が平行になるように合わせながら網押さえゴムを

ローラーで押し込みながら滑らせる。

この時、網を必要以上に引っ張ると曲がるのと、張りが弱いとたるん

でしまう。失敗の時点で押さえゴムを引き抜きやり直すことがポイント

です。

イメージ 3

押さえゴムがしっかり入っているかをローラーで押し直して余った

押さえゴムをカッターナイフで切る。

はみ出した網を枠に沿ってカッターナイフの先端を使って切り落としたら

完成です。

イメージ 4

生活の中で網戸・障子・襖の張り替えや包丁砥ぎ・ワックスかけ・簡単

なペンキ塗り・自転車のパンク修理などは技術でなくやる気レベルの

DIYだと思います。

イメージ 5
 
 
今日の庭の花…バラ

イメージ 6

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

青梅を…

6月10日 曇りのち雨

先日、煮梅を作ったときに、残りの梅で「青梅のカリカリ漬け」と残りの

梅は梅酒にした。

青梅のヘタのところを竹串で取り除き、薄塩の水に一晩漬けて灰汁抜

をしたらザルに揚げて水を切って、キッチンペーパーで更に水気を

取ったら8%の塩をまぶす。

イメージ 1

それをタッパーに入れるが、そのときに煮沸した卵の殻の内側に張り

付いている薄皮を剥がして、煮沸消毒したら乾燥させて、小さく砕いた

殻をお茶パックかコーヒーフィルターに入れる。 それを梅の下に敷く

ように入れてる(写真枠内)

イメージ 2

梅の果肉に含まれるペクチンが卵の殻 (カルシウム)と反応して、あの

カリカリとした食感になります。

冷蔵庫に入れて5日したら塩は溶け梅から水がでた、手は使わずに

梅が上下に混ざるように振る。

イメージ 3

水が上がってきたら完成、ジップロックに入れ替えて冷蔵保管です。

夏バテの時やちょっとした箸休めにも爽やかだが酸っぱい!。
 
 
更に残りの梅は毎年作る梅酒です。

イメージ 4

今年もこの瓶で2つ漬けた、自分が飲むより子供達や山畑仲間に分

ける方が多いです。

イメージ 5

今日の裏山の花…ガマズミ

イメージ 6

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

煮梅

6月7日 曇りのち晴れ

梅の木が5本あるがあまり実が生らない、「桜切る馬鹿・梅切らぬ馬鹿」

の、ことわざがあるので枝をおろしをいい加減にする程度の無管理だ

が今年も少し実がついた。

イメージ 1

完熟梅用に残しながら青梅を取った。

イメージ 2

煮梅用に程度の良いのを少し選んで作ってみる。

イメージ 3

サッと水洗いして生り口のホシを竹串で丁寧に取る。煮崩れ防止と煮汁

が浸透するように針でまんべんなく穴をあける。

沸騰させた5%の塩水が冷めたら梅を入れて一晩漬けて灰汁抜きを

する。kenはビニール袋に入れます。

イメージ 6

灰汁抜きした梅を鍋に丁寧に並べるように入れて、水を入れて火にか

ける。50℃くらいまで加熱したら水を捨てる。

イメージ 5

再び新しい水を入れて火にかけ、熱くなったら水を捨てる、これを3回

ほど繰り返し、柔らかく茹で上がったらザルに揚げて水を切る。

再び丁寧に鍋に並べて、今度は砂糖を入れて沸騰させないように弱火

で灰汁をすくいながら10分程度煮たら出来上がりです。

イメージ 4
 
 
今日の庭の花…さつき

イメージ 7

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

ラッキヨ漬け

6月5日 晴れ

鳥取県産のラッキョがスーパーに並んだ、毎年のことだが早速買って

塩ラッキョ」を作る。 

泥を洗い10%との塩水に1週間漬けたら、頭と根を切り手も揉みをする

ようにすると綺麗に外側の皮がむける。

水洗いしたラッキョを金ザルにあげて、水が完全に切れるまでおくが、

キッチンペーパーで水気を拭き取ると早い。

5%の塩水を煮たてた後に自然冷却したものでラッキヨを瓶に漬け込む

イメージ 1

漬け方はいろいろありますが、ken家ではこのやり方で漬けている。

冷蔵保存をして一年間、パリパリ感を損なわず食べられます。食欲の

進まない夏場に、熱々ご飯でも、お茶漬けにしてもよし…です。

イメージ 2

塩・砂糖・酢を使って甘酢漬けも作る。

イメージ 3
 
 
今日の庭の花…睡蓮

イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

桑の実

6月2日 晴れ

里山の散歩道に野生の桑の木がある、この時期は実がたくさん生る。

実の色が黄緑→赤→熟して黒い色になると甘くなる。

取って食べてみる…子供jの頃を思い出す。当時はナイロンが開発

れる前だから、絹繊維が多かったので原料となる養蚕が盛んで、桑

が多かった。

学校帰りに腹が空き、桑の実をよく食べた。たくさん食べると歯が、お歯

黒になるのですぐにバレてしまう。家に帰ってそれを見た母親に食べ過

ぎを叱られた…。

イメージ 1

野生の桑の葉は少し小さい、実も少し小さいように思う。

遊び心で少し取ってみた、酸味がなくて甘い。

イメージ 2

ジャムにもなるが簡単な「桑の実酒」にしてみた。

イメージ 3

氷砂糖とホワイトリカで漬ける…さてどんな味になるか。

イメージ 4
 
 
今日の庭の花…アザミ

イメージ 5

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事