全体表示

[ リスト ]

11月17日京築地域の7市町から、神楽講が行橋市の武道館に集い各演目を披露します。
福岡県の北東部に位置する京築地域には、現代も大切に伝えられてきた神楽講が28もの神楽講が存在します。
神楽は講により異なる表情を持ちその魅力は時代を越え伝えられたしきたりや技の継承だけでなく、神楽に現れる心の継承にあります。
京築神楽は国指定無形民俗文化財に指定されています。
京築連帯アメニティ都市圏推進会議の会長は小川 洋 (福岡県知事) 
 イメージ 1
 イメージ 2
各神楽講の演目です。
イメージ 3
 都市推進会議 小川 洋会長の開催挨拶
イメージ 4   イメージ 5
紙芝居で神楽の豆知識を説明             プロゼクターで2か所画面に映す。
イメージ 6   イメージ 7
小原神楽講で、演目は花神楽             御囃子の方々で、女性は笛を40数分吹き
小原神楽は、小学校生徒が10数人で         大変疲れたのでは、中央部の若い男性は18歳と
学校の授業の一部に神楽があります。        20歳です。
イメージ 8   イメージ 9
成恒神楽講の演目は「御先」              今年は、既に7か所神楽舞をしました。
イメージ 10   イメージ 11                                    
稲童神楽講で「両鬼」です。               神楽舞・御囃子の方は皆中学生です。
イメージ 12
 各京築神楽の大きなポスターです。
イメージ 13
 武道館内部の観客の皆さん。
イメージ 14
神楽が行われた武道館です。
午後の部は都合にて観れませんでした。
体育館前では。沢山の出店やイヘントや体育館内では、フリーマーケットが行われていました。

                          


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事