被災地の子供たちに笑顔を

宮城 子供におもちゃを手渡す会(MKO)活動日記

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

3月31日の第一回配布活動の結果、TVなどでは報道されることのない
極めて劣悪な現地の状況が判りました。
(活動報告をご参照ください)
 
 
そこで、急遽、支援物資の優先順位を変える必要に迫られています!
 
これから送ろうとされていた方には大変申し訳ありませんが、
もし間に合えば、下記の一覧に沿って梱包し直して頂けないでしょうか?
 
今、すぐに送って頂きたいのは ①一次②二次です。
箱の表に”一次” ”二次”と表記して頂けると助かります。
 
 
***********************
 

<①一次募集〜最優先!>
・保温ポット(配給されるお湯の保存)
・子供の長靴、靴下(下着は新品のみ)
・子供用枕(小さなクッションでも良い)
・小さな遊具(折り紙、塗り絵、トランプなど)
・タオル(蒸しタオルにして持ち込みます。)

<②二次募集>
遊具、洋服(子供用、大人用)、
生活用具(爪切り、ソーイングセット、バッグ等)
米等食糧
 
<③三次募集(まだ手元で保管願います)>
絵本、本
 
給食セット(の巾着袋)はまだまだ先になりそうです。
学校再開の見込みもないのが現状です…
(本もまだ置ける場所がありません)
 

枕に関してはお家にあるものをリメイクして作って下さる方々も募集。
(形、サイズはお任せ!子供用で)

固い床で寝ていて可哀相なのと、いざというとき頭を守れるからです。
避難所といっても、また大きな地震がきたら、崩れそうな場所ばかり。

保温ポットはスポーツ少年団などで使っていたお古で結構です。
まだまだ寒い東北では、お湯の配給があっても、保存することができません。

   
次回の配布活動(現地入り)は、4月3日(日)を予定しています。
 
状況によっては、活動内容は刻々と変えざるを得ないと思っております。 
その点をご容赦いただきご協力ねがいます。
よろしくお願いします。
 
 
 

この記事に

開く トラックバック(0)

Tさんの日記より

「現地に入り」2011年4月2日 13:13)
 
皆様からのご支援物資を持ち、木曜日に石巻に入りました。
私は震えが止まらなかった。
言葉に表しようがない!
被害の大きな地区は、何もかもが破壊されて空襲の後のようでした。

現地に向かう前は少しでも子供の笑顔が見れるかなと考えたけど、
甘かった!
それはまだ復興の望みを何とか持てる地区で、
壊滅地区は、みんながぼっと無気力に居ました。
子供の笑顔の為に持って行ったカメラでしたが、
破壊的現状を少しでも多くの人に見てもらう事にします。
Sさんに写真アップお願いしますので、皆様見て下さい。

現地を見て、緊急に必要なものも分かりました。
お湯です。お湯が保存できません。
壊滅的地区の避難所には本当にスペースが無く、まだ地面も泥なので、
衛生面の問題からグランドも使えない為、
子供達に直接物資を配る事はできなかったです。
(だけど、米軍がいち早くおもちゃを配ってた)
状況が日々変わるから、少し改善されたらお願いしますと
運営の方に言われました!(鹿妻小学校)
何度も足を運んでみます。
他のところは、避難所の運営のルールに応じて、皆で使えるもののみだったり、
個別に渡せたり。
Sさんにアップお願いしましたので、詳細はそちらから。

自分の目で現地を見て、気持ちに穴が空いて、少し刺々しい私になり、
不快な思いをされたらごめんなさい。
再度気持ちを強く持ち、活動します。

Sさんに詳細報告していきますので、そちらから確認お願いします。

草の根的な活動はまだまだできない状況でした。
(道路の問題)
当面避難所回りをします。
150ある避難所のわずかしか回れてないから。

それから、現地で知り合ったセーブザチルドレンというNGOを通し、
石巻市以外の被災地におもちゃを渡せるようになると思います。
現在どこに何が必要かリストアップしてくれています。

緊急性の高い物資から、優先順位を付けますが、ご理解とご協力お願いします。
まず、命をつないで、それから少しずつしか笑顔にはなってもらえない事に
気づかされました。
 
********************
 
yahooデイズにご参加の方は、こちらで直接Tさんの日記をご覧になれます。
 
 
イメージ 2
 
イメージ 1
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

携帯メール 4月1日
 
3月31日の現地入りの様子について
 
Tさんが知らせてくださったメールと写真を掲載します。
 
(まず、メールを転記します。時間があるときに補足させてください。)
 
********************

2011 4/1 20:22 Re2: 業務連絡 27
 
>3月31日(初回に)回った場所

石巻市湊地区
鹿妻小学校
宝山寺幼稚園
湊小学校
 
石巻市門脇地区
門脇中学校
石巻地区
石巻高校
石巻小学校
石巻中学校

蛇田地区
蛇田小学校
蛇田中学校

大街道地区
大街道小学校(NGO入ってた)
 
石巻市での避難所29日現在で143ヶ所のうち、被害の酷い場所から回りました。
  -----END-----
 
********************
 
頼まれて、孤立していて避難所にも入れない人たちの所にまず行こうとされたの
ですが、がれきや泥で道は寸断され(というか道などどこにもない!)
JEEPでもたどり着けず、泣く泣く引き返したそうです。
 
********************
 
2011 4/1 20:48 Re :感想
 
>想像以上で異常と言いたい!涙も出ず、体がずっと震えていた。
息子がサッカーの試合で使わせてもらったグランドの地域は
何も無くなってた!
簡単に伝えるとしたら、平地の物は全て破壊されてる。
高台の残った地域に逃げてる避難所はまだよい!
 
湊地区はまた大きな地震がきたら、完全にやられるぞ!と思う。
まだ1000人くらいいる。
こんな地域は安否確認にくる人も少ないよ。
とにかく何してよいか分からない、喪失感でただ時間になると
配給の列に並ぶという、皆が同じ行動するだけ。
石巻市でもガソリンなどの略奪あると聞いたけど、
それはまだ生きようとしてる人だと思った。
私の感想
ここに本当に明日はあるのだろうか?
  -----END-----
 
********************
 
港地区ではグランドの側にあったはずの鉄筋5階の建物が、
跡形もなく無くなっていたそうです。
 
避難所の廻りは泥だらけ!そして子供たちははだし!で足を洗う水もない状態。
 
そんな衛生状態ですので、おもちゃを置いてもらえるスペースが作れず
(無理に置いていくとそのスペースが感染症の温床になる危険性大!)、
2週間後までにスペース(遊具室?)を作ってもらう事にし、
その避難所にはおもちゃを置いていくことができませんでした。
 
ユニセフの援助や、一般のボランティア団体が出入りできている避難所は
まだまだごく一部のようです。
 
現地で出会ったセーブザチルドレンというボランティア団体
(子供たちと一緒に遊んで心のケアをするという活動をしているらしい)も、
 
前線の避難所には、全く入り込むことができず、
進め方を模索しているということでした。
 
(彼らも遊具を欲しており、寄付でないと受け取れないのだそうです。
協力しあうことを話しました。)
 
********************
 
2011 4/1 11:35 Re2 : 業務連絡 26
 
セーブザチルドレンのリーダーと話ました!
やはり、受取りできるものは決まってるみたいだけど、
購入を考えていた物もあるから、寄附はありがたいと!
各避難所に聞き取りしてもらっています!
ところで急遽集めたいものの優先順位を変えたいと思います!
電気の要らない保温ポットいわゆる魔法瓶
または、保温の水筒をご提供お願いします。

赤ちゃんのミルク作るにも、子供にココアを飲ませるにも
あると嬉しいというか
必要です。

最優先で呼びかけしてみて下さい。
案外スポ小あがりの家庭にはあります。
よろしくです。
  -----EMD-----
 
********************
 
保温ポット (保温水筒、魔法瓶) 必要です!
 
********************
 
2011 4/1 20:56 Re : 若者達のこと
 
>マンパワー必要と言われ入ったが、皆安全なとこしか派遣されない。

あの酷い被害場所はプロじゃなきゃ無理と思う。

湊地区はまだ道がグチャグチャ。子供の長靴必要!
あと、ライフラインの復活は当分難しい。
だから、自衛隊が沸かしたお湯の保存がいる。
あの子たちに温かいココア飲ませたい。
  -----END-----
 
********************
 
長靴! 必要です!
 
********************
 
2011 4/2 09:02 Re : おはようございます
 
>今晩フリーメールに写真送りますね!

皆様に誤解ないようにアップお願いしますね!
 
とにかく現時点で遊具を置くスペースすら確保できない所があるのが
現実ですが、時間とともに改善されたら遊具も配ることはできます。
衛生面考え水が乾いたら(まだ泥でした) 校庭に面した校舎のベランダなどの
解放も考えていくので、その時には遊具は必要というところもあったから!
だから、きちんと聞き取りをして、送って欲しい時期を明確にしていくね。

皆さんの善意が活かされないと、無意味だから。
子供達が使う枕の制作をお願いできる方の呼びかけは
お願いできないでしょうか?
文章グチャグチャでごめんなさい
  -----END-----
 
********************
 
枕も必要です!
 
次の日記で、必要な支援物資をまとめてリストアップしましたので
 
見て頂けると嬉しいです。 m(_ _)m
 
********************
 
編集している時間が惜しいので、Tさんのメールは、
ほぼ直接転記させてもらいました。
 
文脈上、送られてきた時刻を並べ替えておりますがご容赦ください。
 
 
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

携帯メール 3月31日
 
********************************
 
2011/ 3/31 16:39 Re:業務連絡24 [Tさん → S]
 
>考えが甘かった
 
現地入って良くわかりました!
 
後で報告します。
  -----END-----
 
夜、Tさんと少しTELで話をしました。
 
「巻山トンネルから出ると、(戦争は知らないけれど)まるで空襲のあとの
焦土のようだった…」
 
石巻だけでも140の避難所があり、7〜8箇所まわるのがやっとだそうです。
 
詳細は、明日から少しずつお知らせさせてください。
 
ただ、ひとつだけ、先に!
 
(全体の惨状から比べると)恵まれている避難所ではありますが、
 
いま一番求められているものは
 
保温ポットだそうです!
 
自衛隊の方がせっかく熱いお湯を配給してくれても
 
(特に寒い夜など)あっという間に冷めてしまうのだそうです。
 
 
以下、Tさんの緊急伝言です。
 

ところで急遽集めたいものの優先順位を変えたいと思います!
 
電気の要らない保温ポットいわゆる魔法瓶
 
または、保温の水筒をご提供お願いします。
 
赤ちゃんのミルク作るにも、
 
子供にココアを飲ませるにもあると嬉しいというか必要です。
 

もう使っていないお子供さんの遠足や部活用の保温水筒や魔法瓶をお持ちの方
 
是非、支援物資のひとつに加えてください。
 
 
m(_ _)m

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

3月30日 メール
 
********************************
 
2011/ 3/30 8:35 Sub Re: [Tさん → S]
 
>ごめんなさい。ガソリン列び中で今写メ無理なんだ(泣)
荷物積むのは、ガソリン終了したらの予定。多分昼は過ぎる。どうする?
  -----END-----
 
という訳で、ガソリン並びが終わったあと送ってもらった写メがこの二枚です。
皆さんの見覚えのある箱があるでしょう?^^
 
箱の中身を確認したところ、皆さん本当に整然と仕分けをされていて、
ほとんどそのまま箱に詰め直して車に積んだそうです。
 
皆さんのこころづくしに感謝!感謝!感謝!です。
 
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
********************************
 
 
 

2011/ 3/30 10:10 Sub Re: [Tさん→S]

ごめんなさい。暇なもんで考えまとめました!
 
本活動の趣旨だけど再確認で!
 
あくまでも私個人的な発想で行ってるものなのでご理解の程。
ボランティアと呼ぶレベルとは思ってないです。個人活動かな。
正しい正しくないの議論の方は他でやってもらいたいです。
 
マンパワー学生は、強制は自分の息子くらいで、
あとは自己責任で行ってます!

私が指示して行き場所決めているわけじゃないのです。
学生達の自然発生で始め、そこの協力、サポートをしているので、
誤解うまないようお願いします。
 
私は時間とともに形を変えて活動はしていくつもりですが、
活動費用問題があるから、多くの人間を動かす活動は、専門家に任せます!自己責任で出来る事に絞りますね。
そして支援下さる皆様の金銭的負担は、送料に留めるようにお願いします。
 
また思いついたら、メールします!
  -----END-----
 
明日の現地入りに備え、2台目のガソリン車(1台目はJEEP=軽油)の為に、
彼女はガソリンスタンドの列に朝早くから並んでいたのです。
 
他のスタッフは現地に入っていたりして出払っており、
このあと彼女は一人で荷物を積み込んだのですと〜 ^^
 
本活動を自然発生と彼女はいいますが、
 
学生たちのひたむきな思い、そして皆がもっている「なにかしなくては!」という
気持ちを彼女は引き出すきっかけを与えてくれたのかな?
 
私たちの気持ちも彼女に託したいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事