ここから本文です
溶接.jp
お問い合わせは http://yousetu.jp まで

書庫全体表示

ラジエター

同じ工業団地の知り合いから
ラジエターの改造を頼まれました。

この方、アメ車がお好きで
現在所有している1960年代のサンダーバードたしかこのモデルかなぁ

どうやらクーラーの効きが悪く
新品をアメリカから取り寄せたので
現在ついてるやつと交換するのに
新しいやつのパイプの位置が合わないので
加工してほしいとのことです。


現在のラジエター


イメージ 1


イメージ 2



新しいラジエター
一回り小さく容量が減ってそうですが
ポンプらしき物が付いてます。

イメージ 3


MADE IN USA のロゴが

イメージ 4




繋ぐパイプの説明を受けましたが
お互い、いまいちよくわからなかったので
かかりつけの自動車屋さんを呼ぶことに
近所らしく、すぐにかけつけてくれました

これまたすごいクルマ
コルベットのC6。


材質が銅パイプなので
銀ロー付けできればと思ってましたが
パイプの径が同じだし、つぶれて楕円になってので
圧もかかるということで
アルゴン溶接でやることしました。


イメージ 5


使う長さにカットします。
肉厚が思っていたより厚く安心しました!!

イメージ 6


イメージ 7

イメージ 8


完成しました。

イメージ 9



後日、うまくついたと連絡がありました!!

何度かこのサンダーバードの実車は見たことありますが

リアのデザインが現在のクルマではない
とても印象的なスタイルでした。

正直クーラーが付いてたことが意外で
たしかオープンカーだったようなぁ

この年代のアメ車ってかっこいいですよね〜

ただ排気量がハンパないから税金がたかそうw

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事