のんびりいろんなことを考える

訪問も更新も出来ず、申し訳ないっす。

全体表示

[ リスト ]

心理学は、とっても理屈っぽいです。でも、心理学用語をあまり気にせず理解してもらうと、多くの場面

で応用することができます。しつけだけではなく、大人でも応用すると役立つことがあり、自分の経験が

どのようにして植えつけられてきたか考えたり、どうしてこういう性格になったのか考えるときの拠りど

ころになるかもしれません。長文ですが、興味のある方はご覧ください。

学習理論

学習:経験によって新しい行動が身に付いたり、それまでとは違う行動をするようになること。
条件付け:経験が新しい行動の学習や行動の変化する仕組のこと。

学習理論は「古典的条件付け」と「オペラント条件付け」という仕組のよって解明されている。
行動主義:人や動物の行動を学習理論にもとづいて解明そようとする心理学の考え方
行動療法:学習理論を人の問題行動や不適応行動の修正に応用しようとする考え方

古典的条件付け

もともと引き起こしていた刺激と、新しい別の刺激を対提示すると、新しい刺激も同じ行動を引き起こすようになること。反射的で不随意な行動が学習される時の原理。

例)犬が餌を与えられると唾液がでるが、餌と同時にベルの音を鳴らすことで、次第にベルの音だけで唾液が出るようになる。

条件付けの消去:ベルがなっても餌が出てこない状態が続くと、次第に唾液は出なくなる。

感情の学習と古典的条件付け

人間の場合、特定の人やものに対して持つ感情の学習に古典的条件付けが深く関係している。

恐怖条件付けのように、ある感情を引き起こすような出来事と、特定の人や物が対提示されると、出来事により引き起こされた感情がその人やものに条件付けられる。

快い感情と関係のある人やものは好きになり、不快な感情と関係のある人やものは嫌いになることで、快い経験を増やし、不快な経験を予防しようとする。

オペラント条件付け

「行動の結果による行動の増加と減少」
自発的に何らかの行動をしたとき、それが自分にとって良い結果(強化)につながったならその行動は増加し、逆に悪い結果()につながった時はその行動は減少する。

行動分析学:オペラント条件付けから人間の行動を解明し、改善しようとする分野

好子と嫌子

好子:行動の結果として与えると行動が増える(強化)もの
物質的好子:食物、金銭やプレゼント
社会的好子:誉められること、感謝されること、注目されること

嫌子:行動の結果として与えると行動が減るもの(罰)
生理的嫌子:苦痛、不快感、恐怖
社会的嫌子:しかられる、非難される、無視される

強化と罰

正の強化:行動の結果として好子が与えられることで行動が増えること
負の強化:嫌子が除去されることで行動が増えること(例)叱られないために勉強をする
正の罰:嫌子が与えられることで行動が減る
負の罰:好子が除去されることで行動が減る(例)いたずらしたのでおやつを抜く

消去と消去抵抗

消去:オペラント条件付けで一度増加した行動でも、古典的条件付けと同様、強化が与えられなくなれば、徐々に減っていく。

消去抵抗:強化がなくなっても行動はすぐに減らず、しばらくの間持続すること
正の強化で学習された行動は消去抵抗が強く、不規則に強化が与えられる場合に最も抵抗力が強い(部分強化:ギャンブルなどが典型的な例)

負の強化や正の罰にはほとんど消去抵抗がなく、恐怖の嫌子が消去するとすぐに行動は元に戻ってしまう

シェーピング

複雑な行動をオペラント条件付けによって学習させる時、簡単な高度から複雑な鼓動へと段階的に学習させること

行動療法の考え方

学習理論の応用である行動療法は、社会生活を営む助けになる行動(適応行動)も、妨げになる問題行動(不適応行動)も、どちらも学習されたものであり、問題行動は何らかの不適切な学習によって生じ、消去されていない行動とみる

学習行動を分析して問題行動を消去するとともに、より適切な行動を学習させる必要があり、心理療法や精神療法よりも高い治癒率を示す時もある

古典的条件付けによる行動療法

問題行動の分析により、古典的条件付けで形成されたと思われるものは、古典的条件付けの原理で修正、改善することができる。(〜恐怖症など)

発症から時間がたった恐怖症などの場合、恐怖が学習された原因がすでに分からなくなっていたり、時間を経て学習が複雑になって簡単に消去できないことが多い。こうした場合には「拮抗条件付け」という技法が役に立つ。
拮抗条件付け:恐怖対象に対して、恐怖と両立しない感情(リラックス、喜びなど)を強制的に学習させることで、感情を抑制しようとするもの
系統的脱感作:漸時接近と拮抗付け条件付けを組み合わせて恐怖症を治療しようとするもの

1.「ヘビ」の文字⇒恐怖⇒リラックスの訓練⇒成功⇒次のステップ
2.「ヘビ」の写真⇒恐怖⇒リラックスの訓練⇒成功⇒次のステップ
3.「ヘビ」の作り物⇒恐怖⇒リラックスの訓練⇒成功⇒次のステップ
4.隣室に実物の「ヘビ」⇒恐怖⇒リラックスの訓練⇒成功⇒次のステップ
5.同室に実物の「ヘビ」⇒恐怖⇒リラックスの訓練⇒成功⇒治療完了

オペラント条件付けにおける行動療法

オペラント条件付けによって形成・維持されている問題行動はオペラント条件付けの原理で修正、改善できる
オペラント療法:行動療法のうち、オペラント条件付けの原理を用いて問題行動を抑制し、望ましい行動を形成しようとする療法
その人の物理的・社会的環境の中から、問題行動を強化し、維持している要因を徹底的に探し出し、それを除去することで問題行動を消去する
それに代わる適切な行動を学習させることで問題行動を適応行動に転換させる

生活技能訓練(SST)ソ−シャル・スキル・トレーニング

オペラント条件付けの原理によって、ソーシャルスキルを再獲得するトレーニング
社会的強化をする(誉める、注目される)ことで必要なソーシャルスキル(生活技能)を学習していく

認知行動療法

その人の自己や行動へのイメージなどを認知的な要因についても行動療法的なアプローチを模索るもの

誉めて育てるか、叱って育てるか

「誉めて育てる」という考え方は「良い行動に対する正の強化」による育児、躾けであり、一方「叱って育てる」のは「良い行動に対する負の強化」または「悪い行動に対する正の罰」による育児であるといえる。オペラント条件付けの考え方からみると、正の強化が行動の意欲や粘り強さ(消去抵抗)を育むのに対し、負の強化は消去抵抗が弱く、意欲を生み出さないため、叱らなくてはすぐに良い行動が消えてしまう。また、正の罰を与える場合、嫌子による苦痛や不快感が罰の与え主(親や先生)への反感、嫌悪に結びついたり、特に物理的な嫌子(体罰)を用いた場合には子どもが肉体的に傷つく危険もある。一概に決め付けることはできないが、叱って育てるよりは誉めて育てるほうが良いだろう。

心理学的な用語が多く出てきてしまいますが、日常で行っていることだと思います。育児をする際に子ど

もの心理を利用してこのような方法で学習理論を応用することで、効率的で正しい躾ができるということ

が理論上では言うことができます。

この理論を凝縮すると
行動の結果として好子(飴)が与えられることで行動が増えることや嫌子(鞭)が除去されることで行動

が増えること、好子(飴)が除去されることで行動が減る、嫌子(鞭)が除去されることで行動が減るこ

とで学習を続け、負の強化(嫌子(鞭)が除去されることで行動が増えること)や正の罰(嫌子(鞭)が

除去されることで行動が減ること)にはほとんど消去抵抗がなく、恐怖の嫌子が消去するとすぐに行動は

元に戻ってしまうので、

鞭を与えてもすぐに消去されてしまい、それを維持するには鞭を与え続けなくてはいけなく、飴を与えたほうが消去される行動が少ないということがいえると思います。


よく「飴と鞭」を与えるといいますが、それも学習理論で説明することが可能です。問題行動がある場合

でも、行動療法やSST、認知行動療法で「学習のしなおし」ができるので、育児だけに限らず多くの、

行動の対する問題の解決に応用できると思います。


日本人は、誉めることが苦手な人種だと思います。でも、「誉めること」が性格形成に大きく作用してい

ることが分かると思います。誉めすぎもよくないですけど、上手に「飴と鞭」が使えるようになりたいで

すね。

閉じる コメント(6)

そうですね。飴と鞭をうまく使い分けられる人間になりたいものです。 うちの学校に、この飴と鞭の使い方の上手な先生がいます。生徒の人気も高いです。ほめるときはめいっぱいほめます。怒るときは泣かせるまで怒ります。それを体中で表現して生徒と向き合っています。

2007/2/8(木) 午後 7:23 [ ショージイ ] 返信する

ショージイさん◆教育・福祉の現場では、上手く使えないと良い支援につがらないですからね。しかる時と誉める時、メリハリをつけるとよくわかってもらえますよね。そういうことができる方が、人気が出るときありますね。

2007/2/8(木) 午後 9:40 ふく 返信する

アバター

転載させてね。

2007/2/10(土) 午前 11:47 佳代 返信する

かよさん◆どうぞ〜ありがとう!

2007/2/10(土) 午前 11:56 ふく 返信する

顔アイコン

何だか飴と鞭の話ですよね でもそれが習慣化されると 効果が薄れるのでわ

2011/10/5(水) 午後 9:00 [ はむたろう ] 返信する

顔アイコン

とてもわかりやすいですね!

2012/2/10(金) 午前 3:12 [ yosuco ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事