キッズ政治クラブ

自民党・安倍のうんこ性の専門追及サイトです NHKの豚うんこにも敢然対決

全体表示

[ リスト ]

【今日の北朝鮮の自暴自棄を招いた、安倍豚うんこの、拉致問題煽り=政権とり=日朝平壌宣言潰し】 安倍は、田中均氏の批判をして、安倍自身の延命を企んだ 安倍facebookを嗤おう


2013612日 Facebook 安倍豚うんこの田中均氏批判 

毎日新聞のコラムで元外務省の田中均氏が、安倍政権の外交政策について語っています。

このインタビューを読んで、私は11年前の官房副長官室での出来事を思い出しました。

拉致被害者5人を北朝鮮の要求通り返すのかどうか。

彼は被害者の皆さんの「日本に残って子供たちを待つ」との考えを覆してでも北朝鮮の要求通り北朝鮮に送り返すべきだと強く主張しました。

私は職を賭してでも「日本に残すべきだ」と判断し、小泉総理の了解をとり5人の被害者は日本に留まりました。

...
予想通りその判断は毎日新聞や一部マスコミからも批判的に報道されました。

しかし、その後 田中均局長を通し伝えられた北朝鮮の主張の多くがデタラメであった事が拉致被害者の証言等を通じ明らかになりました。

あの時田中均局長の判断が通っていたら5人の被害者や子供たちはいまだに北朝鮮に閉じ込められていた事でしょう。

外交官として決定的判断ミスと言えるでしょう。それ以前の問題かもしれません。

そもそも彼は交渉記録を一部残していません。彼に外交を語る資格はありません。

 


引用:山田厚史氏 ダイヤモンド↓


当時の外務省には、田中均アジア太平洋州局長を中心に、経済援助に絡めて北朝鮮に非核化を促そうとする動きがあった。田中は北の高官である「ミスターX」と極秘の交渉を重ね、小泉が電撃訪問するおぜん立てをした。今から見れば「朝鮮半島非核化」へ進む画期的な外交だった。
 
 ところが、日本の主導権にアメリカが反発しブレーキを掛けた。自分たちを差し置いて日本が勝手に、と小役人根性まる出しの米国務省が貴重なチャンスを潰し、今日の危機を招いた。
 
 アフガニスタン・イラクに目を奪われたブッシュは北東アジアに関心がなかった。国内では「拉致問題をうやむやにするな」と声が上がった。小泉政権は、国交正常化交渉を断念し、北朝鮮を非難する安倍晋三が拉致問題を煽って政権に就き、日朝平壌宣言は白紙となった。
 
振り返れば、この顛末が今日の危機の遠因になった。私が北京で会った北朝鮮の政府関係者は「日本と話し合っても無駄だと分かった。米国と直接話すしか方法はない」と語った。
 
 核保有国となって米国を引き出すしか話し合いの道はない、と北は鮮明に覚悟した。日本と平和条約を結び、経済援助を得て産業を固め、米国との朝鮮戦争に終止符を打つ、という段取りを放棄したのである。
 

参考ブログ ↓
安倍晋三のお門違いな拉致問題、田中均元外務審議官批判 自身の無能を知れ

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事