全体表示

[ リスト ]

筑波サーキットでの「9極の耐9」というイベントの中の、100kmチャレンジに参加。優勝する事が出来ました♪

秋郷さんの車で筑波サーキットまで行ったのだけど、圏央道が開通したおかげで近い!飯能から1時間半弱と言ったところか。昔は下道を延々と走って行ったもんなぁ。

9時間耐久の方々は午前中から走ってて、我々100km組は昼休み明けの13時スタートと遅め。例年なら灼熱なのだろうけど、湿度高めでちょい暑いって程度。

1周2.1km弱×49周のレーススタート。ツールドニッポンの2017シリーズチャンピオンジャージを着た、優勝候補筆頭の黒澤さんを視界に収める位置で推移。
先頭付近では、over40の全日本TTチャンピオンジャージを着た吉田さんがアタックを繰り返す。事前にちょろっと作戦を聞いてはいたけど早すぎるのでは?

一団のまま進み、20kmくらい消化したあたり、様子見のつもりで吉田さんのカウンターで飛び出してみる。そしたら意外と離れてしまった‥なんだよ無視かよ〜いくらなんでも単独では無駄足なので戻ろうとしたら〜背後から既視感のある赤緑ジャージが!チーム光だ!(説明しよう、昨年のツールド宮古島でスタートアタックで大逃げをした時の相棒がチーム光の松野さんだったのだ)
これは‥このチームはこういう人しか居ないのかwこのチーム光の山内選手、かなり速そうだし取り敢えず2人で行く事に。もしかしたら有力勢がジャンプしてくるかもしれないし。
結局、追いついてくる選手は無く、中盤に入り、だんだんキツくなる。山内選手はとても強い‥松野さんもそうだったけどよく牽いてくれて本当に頭が下がる。一旦はストレートでも集団の視界から消えるくらいまで離れたっぽいが、我々の消耗もあって徐々に詰められる。そして、70kmあたりでまず私がドロップ‥暫くして山内選手も飲み込まれた。50kmに渡る逃げはここで終了。

集団はまだまだ大きかった。私はかなりの消耗だったので集団中ほどで回復を図る。
終盤、そろそろ勝負所かなと思い、前に上がり黒澤さんを徹底マーク。集団も活性化して来ており、人数も絞られて来た。残り5周切って、招待選手の強烈な牽きがあり、さらにに絞られる。秋郷さんもここで残れなかったようだ。私もかなりいっぱいいっぱいだったけどここまで残ったら最後まで行かねばと粘る。
と、招待選手の牽きがひとまず終わり、ふと周りを見渡したら‥黒澤さん、吉田さん、チーム戦の選手?と私の4人しか居なかった!
その後、3人になっての最終周、吉田さんがアタック!‥私はもう反応出来ない‥私の背後に付いてた黒澤さんは、吉田さんとの距離が少し出来てから飛んで行く‥私を置き去りにするつもりだ‥だがもう見送るしかない。
3位確定‥まぁよくやったよなと思いつつ、頭の片隅にある可能性が浮かぶ。
取り敢えずギリギリのペースで踏み続けたら、来た‥大チャンスが‥残り400mくらいなのかな、最終コーナーで2人が牽制気味!しかもインコースガラ空き!これは、これはやるしかない!!!と、速度差をつけるべく離れた所からロングスプリント開始!そのままインに飛び込む!そして長い長い残りのストレートを攣りまくりながら踏んで踏んでゴール!!!会心の勝利でしたv

シャンパンファイト楽しかったな〜
スイカ美味かったな〜

帰宅後、鈴木家へ。
ツールドフランスの開幕第1ステージを観ながら、ツールドかつらおの総合優勝祝いをしてくれるという事で♪今日も優勝出来たし嬉しいね♪かつらおで散々助けていただいた安陪さんもいらっしゃった♪ケーキやらなんやら料理色々♪くす玉もスゲー🎊とんでもないお宝ウイスキーも🥃とっても楽しい一日をでした!



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事