過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

筑波サーキットでの「9極の耐9」というイベントの中の、100kmチャレンジに参加。優勝する事が出来ました♪

秋郷さんの車で筑波サーキットまで行ったのだけど、圏央道が開通したおかげで近い!飯能から1時間半弱と言ったところか。昔は下道を延々と走って行ったもんなぁ。

9時間耐久の方々は午前中から走ってて、我々100km組は昼休み明けの13時スタートと遅め。例年なら灼熱なのだろうけど、湿度高めでちょい暑いって程度。

1周2.1km弱×49周のレーススタート。ツールドニッポンの2017シリーズチャンピオンジャージを着た、優勝候補筆頭の黒澤さんを視界に収める位置で推移。
先頭付近では、over40の全日本TTチャンピオンジャージを着た吉田さんがアタックを繰り返す。事前にちょろっと作戦を聞いてはいたけど早すぎるのでは?

一団のまま進み、20kmくらい消化したあたり、様子見のつもりで吉田さんのカウンターで飛び出してみる。そしたら意外と離れてしまった‥なんだよ無視かよ〜いくらなんでも単独では無駄足なので戻ろうとしたら〜背後から既視感のある赤緑ジャージが!チーム光だ!(説明しよう、昨年のツールド宮古島でスタートアタックで大逃げをした時の相棒がチーム光の松野さんだったのだ)
これは‥このチームはこういう人しか居ないのかwこのチーム光の山内選手、かなり速そうだし取り敢えず2人で行く事に。もしかしたら有力勢がジャンプしてくるかもしれないし。
結局、追いついてくる選手は無く、中盤に入り、だんだんキツくなる。山内選手はとても強い‥松野さんもそうだったけどよく牽いてくれて本当に頭が下がる。一旦はストレートでも集団の視界から消えるくらいまで離れたっぽいが、我々の消耗もあって徐々に詰められる。そして、70kmあたりでまず私がドロップ‥暫くして山内選手も飲み込まれた。50kmに渡る逃げはここで終了。

集団はまだまだ大きかった。私はかなりの消耗だったので集団中ほどで回復を図る。
終盤、そろそろ勝負所かなと思い、前に上がり黒澤さんを徹底マーク。集団も活性化して来ており、人数も絞られて来た。残り5周切って、招待選手の強烈な牽きがあり、さらにに絞られる。秋郷さんもここで残れなかったようだ。私もかなりいっぱいいっぱいだったけどここまで残ったら最後まで行かねばと粘る。
と、招待選手の牽きがひとまず終わり、ふと周りを見渡したら‥黒澤さん、吉田さん、チーム戦の選手?と私の4人しか居なかった!
その後、3人になっての最終周、吉田さんがアタック!‥私はもう反応出来ない‥私の背後に付いてた黒澤さんは、吉田さんとの距離が少し出来てから飛んで行く‥私を置き去りにするつもりだ‥だがもう見送るしかない。
3位確定‥まぁよくやったよなと思いつつ、頭の片隅にある可能性が浮かぶ。
取り敢えずギリギリのペースで踏み続けたら、来た‥大チャンスが‥残り400mくらいなのかな、最終コーナーで2人が牽制気味!しかもインコースガラ空き!これは、これはやるしかない!!!と、速度差をつけるべく離れた所からロングスプリント開始!そのままインに飛び込む!そして長い長い残りのストレートを攣りまくりながら踏んで踏んでゴール!!!会心の勝利でしたv

シャンパンファイト楽しかったな〜
スイカ美味かったな〜

帰宅後、鈴木家へ。
ツールドフランスの開幕第1ステージを観ながら、ツールドかつらおの総合優勝祝いをしてくれるという事で♪今日も優勝出来たし嬉しいね♪かつらおで散々助けていただいた安陪さんもいらっしゃった♪ケーキやらなんやら料理色々♪くす玉もスゲー🎊とんでもないお宝ウイスキーも🥃とっても楽しい一日をでした!



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

開く コメント(0)

ツールドかつらお2018

ツールドかつらおのlowクラス個人総合に参加。結果として第2ステージロードレース、第3ステージロードレースで連勝の上、個人総合優勝も獲れました♪

福島県は葛尾村、福島第一原発20km圏だった事もあり少し前まで避難地域だった場所。そんな小さな村で行われる第二回のこの大会、ホスピタリティに溢れた人達や風光明媚な土地に大満足な遠征だった。

エントリー時に迷ったが、本コースは「ジャパンカップの古賀志林道がイージーに感じるコース」で「実業団のE2以上推奨」との脅し文句‥で、今年から設定された平坦コースには「登り嫌いな人はどうぞ」とあったので、あぁこっちだな〜と平坦コースを選択!平地系レースでの個人総合争い出来るっていうのも殆ど聞いた事ないので尚更だ♪安陪さんも出るとのことだし♪

土曜、安陪さんの車で300km以上ビューンと。中々遠いですな。除染した時の土が広場に積まれてたり、線量計らしき物もちらほらあって、復興途上の現実を見る思い。
んで、試走してみると話がちがーう‥平坦ではない‥これは下りとゆる登りだけのレイアウト。 TT装備バッチリな方々には可哀想。ノーマルバイクにDHバー、レーゼロの
私には(登りという事以外は)死角はない!というかそもそもロクな装備は持ってない‥

・第1ステージ 個人 TT 11kmコース1周
ちょうど真ん中くらいの順番からスタート。個人総合を狙うからには手を抜く訳にはいかないので入りから踏む。登りに入る前に既に2人を抜き、登り始めてすぐにもう1人。しかーし、斜度は緩いけど長い長い登坂の拷問に耐え切れずだんだんとペースダウン。それでも更に1人抜いてはみたものの、一番斜度キツイところで失速‥それまでが多分悪く無かっただけに残念な平凡タイムに‥まぁ経験不足でした。だけど、同クラスで総合争う中では辛くも1秒差でトップだったみたい。

・第2ステージ ロードレース11km×3周
TTからおよそ1時間後くらいで迎えた今日のメインイベント。一度出し切った後で中々の疲労感。ここでのポイントはどう考えても1.2周目ゴール地点に設定されたSP賞。なんせ1位通過3秒、2位2秒、3位1秒のボーナスタイムが貰えるのだ。総合狙いな私の作戦としては、最後のゴールで疲れてても付いてってなだれ込む事位なら出来そうなので、SP賞できっちりボーナスタイムを稼ぐ事に。
しかし、ここで運営が??な仕切りをする。明日、山岳コースを走るhighクラスのチーム戦出場者を先に出走させるのは良いとして、ローリングを経て数十秒差を付けて我々lowクラスと、highクラス個人参加者を混走でスタートさせたのだ。この場合、SP賞はクラス毎に付くの?というかそもそもhighクラスの人たちはチーム戦の面々と同じ土俵では戦わないの?とかの疑問を何の説明もなしにスタートしてしまった。
まぁもう仕方ない、私はゼッケン番号をいちいち確認してlowクラス総合に関係ない選手は放っておくことに。
登りは長いけど集団で走る分には何とかなる。また、逃げるには下りがイージー過ぎて決まりにくいコースだ。これがもう少し距離長いレースならば、泳がせる感じで逃げが発生するんだがなぁ。
1周目ゴールラインはhighクラスの選手達が3人以上前に行ってた。lowクラスの中では1番前だと思うけど果たしてポイント貰えるのか不安に。
なので、2周目はゴール地点で早めのスパートで文句なしの1番手通過。
最終周回は、 TT&2回のSP賞狙いで踏んだ脚にとっては上がるスピードについていくのがやっと。前に何人もいる感じでゴール。それでも、lowクラスの総合争いしてる選手が前に居ない事を確認してたから良しとしよう。安陪さんが要所でペースを作ってくれて位置取り助けていただいた、チームメイト有難いよ♪

初日の寝床は村営施設のみどり荘というところ。小さめの体育館みたいなとこに雑魚寝なんだけど、合宿みたいで楽しかった♪BBQも選手だけでなくボランティアの方々と和気藹々で楽しかったー♪
リザルト発表が混乱してて、遅れに遅れ、BBQ会場でほろ酔いになり出した頃に呼び出されて初日ロードlowクラス優勝だった事を知る。デカいトロフィー他いただきました〜。安陪さんも年代別優勝で美味いビール♪まぁ程々にしましたが。

日曜、2日目。昨日は疲れたし多少飲んだけど、安陪さんのゴッドハンドもあって身体はほぼ回復。

・第3ステージ個人ロードレース11km×3周
レース前、SP賞の位置付けがあやふやだったので運営側に聞いてみたら「SP賞は団体戦のみ」という回答だったので驚く‥昨日の努力は無駄だったのか‥つーか、あの募集要項の書き方じゃわからんよ‥だが、暫定トップにいる身としてはラストだけ差を付けさせずにゴールすれば良いだけだし、ある意味で好都合かなとポジティブに捉えていた。
展開としては、昨日と違ってhighクラスの選手達が居ないからか、落ち着いたペース。私もこのまま楽に行ってくれればという思惑。しかし、多分3秒差で総合2位につける菅佐原選手が、逆転を狙って1周目から幻のSP賞狙いで動くも、失敗してたように見えた‥(ボーナスタイム無いんだけどな)‥。
良心の呵責から、2周目の登りで横に並んだ時にその事を伝えようかと悩んだけど、これも情報戦だよなぁとそのままに‥w
菅佐原選手は2周目もSP賞狙いでスプリントして2番手通過(SP賞あればボーナスタイム-2秒)してた。
最終3周目に入り、ここで悩む。もしこれでやっぱりSP賞ありましたごめんねテヘペロとかやられたら、まだリードしてるとは言え総合優勝が危うい。多少のリスクを冒しても秒差を付ける走りをするべきか否か‥と。
そんなこと考えてたら、最後の登りに入る。1人がアタックして徐々に差を付け始める。総合関係無さそうなので周りにお任せ。そしたら、ギリギリ視界の範囲内くらいの所でなかなか粘るもんだから逃げ切りの可能性も出て来た。みすみす勝たせるのもなぁ‥後半の少し斜度キツくなるところでひと踏みすれば、追いつく事は可能だが、そのあとゴールまで保つか微妙だなぁ‥なんて考えがよぎる。そしたら絶妙なタイミングで安陪さんが前に出て来てペースを作り出し、差は徐々に縮小、やがて捕まえることが出来た!ありがとうございます!この働きを無駄には出来ない!
集団内でのポジションを上げて仕上げの態勢へ。ラスト1kmのレイアウトは下り連続コーナーから登り返してのゴール。菅佐原選手含め私をマークしているのを感じる中、ラストの下りカーブ、敢えてラインを外してからのロングスプリントを開始!残り400mだったな。十分な加速を得て残り200mの登り返しを踏み切ってゴール!手をあげる♪あさめし練の経験が活きたな♪後続とは1秒差だった。総合優勝も盤石♪
私が踏み出したのを見た安陪さんは、すぐに勝ちを確信してちょっと脚を緩めたらしいwそれでも7位に入り2日連続の年代別優勝に輝いてました♪

我々の後にhighクラスの選手たちの厳しい山岳レース‥コムリン植田さん曰く1周31kmで「横松5本」だそうで‥それを2周回‥平坦コースの総合勝った以上、来年出るなら山岳コース走らないとならないだろうけれど‥辛そう。
highクラスの死闘は、多くの足切りを生みながらもミブロ岩島さんが圧勝してた、 全ステージ制覇ってすげーな。

そして表彰式。先程の第3ステージ優勝で2本目のデカいトロフィー他を貰う。
そして、ついにlowクラス総合優勝の発表、間違いないはずなんだけど、何があるかわからないからちょっとドキドキ‥無事に獲れてました〜〜♪3本目のデカいトロフィー‥わぁ‥嬉しいなぁ‥。
だけど、ちょうど隣に居た岩島さんは TTとhighクラス ステージ2勝、個人総合優勝、おまけにチーム優勝で5本のデカいトロフィー‥う、嬉しいだろうなぁ‥。さらにメダルやジャージに副賞多数、こっちは嬉しいだろうなぁ♪

帰路の車中でwebに上がった総合のリザルト見てビックリ!SP賞のボーナスタイムが反映されてるではないか!それがあっても無くても総合優勝は変わらなかったが、知ってたら戦い方が変わるわけで、あの説明は何だったのか?帰宅後、色々と考えた上で質問を投げといた。ものすごーくいい雰囲気のレースなのに、ちょっと雑なところがあって残念‥でも、多くの人を表彰したいとか、レベル高い戦いにしたいとかの意気込みが空回りした結果なんだろうなぁという事だけはよく分かる。よく分かるからこそなんとかしていただきたいです。
(先程、連絡をいただき諸々納得しました。これから良くなっていくのではないかなぁ。次回あるなら要項読み込んでどんどん質問していこうと思います。)

帰路に地元の温泉寄ったが、死海の湯という塩分濃度マックスな風呂があり、取り敢えず腰まで入ったら二日間の戦いで多少出来てた股擦れにしみまくってちょー痛い!!!!!飛び出てシャワーで流しても暫くは辛かった〜塩って凄いのね。

事故渋滞あったけどまぁ程々に帰宅、安陪さんには大変お世話になりました!運営的に少しモヤモヤしたけど、ものすごーく楽しい遠征でした!

そして、容疑者とかではなく、新聞に名前と顔写真が載ったよ〜とーちゃんかーちゃん!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

開く コメント(0)

ツールド宮古島2018

ツールド宮古島136kmの部7位、年代別優勝。

去年に引き続き2回目の参加、今年は2周136km。心配された雨は無かったが、風は強め、蒸し暑いコンディション。

メンバー表を見て、おおよそのアタリを付ける。勝負に絡んでくるのは、連覇を狙う雑賀選手を筆頭に、SHIDO中尾選手、内房根本選手、RE菊川選手、オルトレ北野選手、オーベスト西谷選手と見る、昨年好成績のシングルゼッケン勢にも当然注意。
あさめし練仲間の酒田さんもいらっしゃった、知らなかった〜
前述の優勝候補たちと比べると、私の力は数段劣る。1周目は勝負かからないだろうから、2周目の決定的な逃げに無駄足使わず一発で乗り、小集団スプリントか意表を突く独走、これしかない。

レーススタート。
有力者たち含め、何度か逃げはあるものの、残った面子を見て脅威とはならないと判断、そのうち吸収。目論見通り1周目は温存を決め込む。

2周目、東海岸に入った残り60kmくらい?のあたりで、SHIDO酒井選手が単独で飛び出して行く、彼は一昨年の1周116kmでの優勝の若者だ。
暫くして北野選手と雑賀選手(だよな?)が追走。
これは‥と思ってたら西谷選手がスルスルっと上がって行く。これだ!と判断してケツに付く!だが、、暫くして西谷選手は踏みやめる‥私は、もう行くしかねぇだろ!と本格的に追走開始。タイミングよくゼッケン2(五月女選手)が来てくれて、2人で回してなんとか追走2人に合流。

追いついてみたものの、前にいた2人の力は明らかに強い。ローテーションを守るも結構苦しい。
そして、単独先頭だった酒井選手を吸収して5人となる。
東海岸の終わり頃から徐々にローテをスキップさせてもらう。そんな中、酒井選手と五月女選手は落ちてい、3人逃げとなる。ここら辺で集団と50秒差だったかな。

南海岸のアップダウンに入る。
付いて行くだけでもキツい‥色々な所が攣り始めてて、芍薬甘草湯やらカフェイン剤で騙し騙し走る。だけどこの頃はまだローテ入れる時は入っていた。
オフィシャルから追走10名の情報、その後、追走5名と続報。きっと中尾選手中心に、人数を減らしながらかなり激しく追って来ていると推察。結局、中尾選手、根本選手、西谷選手、中鶴選手(この時は存じ上げていなかった)が合流で先頭7名となる。間違いなくここが勝ち逃げ、嬉しくも楽しいけどもう身体が悲鳴を上げていた。

この少し前辺りから手の先が震え出しており、軽い熱中症の症状。エイドステーションで水貰って被りまくってたけど足りなかったか。ゴールまでは何とか辿り着くとしても、もう勝負は無理。そもそも何度もローテをスキップしてたし、ゴール勝負するのはちょっとね。なので、メンバーに「スプリントしません」と宣言をして勝負を降り、邪魔しないように完全ツキイチ‥

南海岸終わって平良へ向けて北上。
マクドナルドへ向けてのユル登り、ここを抜けると下りと平坦なことから、事前に勝負所と考えていたとこ。根本選手がアタック!みんな追随するも、西谷選手が遅れる!私はツキイチで回復していた事もあり、追えたかもしれない、だが、勝負を降りた以上は‥。
後続とは3分以上との情報もあったので、西谷選手を待ち、協力して進み、最後は譲って7位ゴール。
先頭は5人のスプリントだったようだ、優勝は雑賀選手で二連覇、すごい!
総合で入賞出来なかったけどおまけで30代優勝のメダルを貰いました♪

ビーチで写真撮ってたら、同じレースに出てた松本さんに話しかけていただき知り合いになったり、表彰式BBQで、昨年一緒に逃げた松野さんや、見事な連携で74kmワンツーを決めたARCCの方々、74km5位のSCP富元さんと交流、夜の飲みやカラオケまでお邪魔して楽しい一日を過ごせた♪しかし、2年連続でスタートアタックをした松野さんは面白すぎる!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事