ここから本文です
うぇんけばっはにアウトドアと晩酌日記
アウトドアや晩酌したもの、変な?趣味や仕事のことだったりを書いていく変人の日記・・・ つか、Wencke の綴り間違えてるしw

書庫全体表示


もう先週のお話です(;´Д`)
なんか年を重ねるごとに更新が遅くなってますな(汗

毎度のことですが写真ばっかです。
8月も終盤といった24日から26日にかけて、今年は九頭竜湖レイクサイドモビレージさんにお邪魔してきました。

というのも、例年ならV君さん等も誘って木崎湖へキャンプに行くのが8月の恒例行事となっていたのですが、イマイチ3日も休みが取れるメンツが少なく、途中参加も可能な近場にしようという事で話がまとまり、九頭竜湖となった次第です。
今回は私とN君、25日から1泊2日でYUSUKE氏が後での参加となります。
T君は体調が悪いらしくドタキャン・・・(´・ω・`)

24日は当直明けでの出発となるので、やや出発が遅くなってしまいますが、まぁ郡上まで2時間もかからないので、問題ないでしょう(笑)
あとキャンプ場のチェックインが13時なので、どのみちあんまり早く出ても意味がありませんw
名古屋市郊外でN君を拾いつつ、東海北陸自動車道をひた北上。


イメージ 1
 途中買い物しつつ、油坂峠道路(無料)を抜けて無事到着☆

この「ドライブイン九頭竜」がキャンプ場の受付兼、お土産屋、軽食堂となってます。
シャッター閉まってて焦りましたが、ちゃんと中に受付の方が居ました(^^;
ちゃんと電話予約しとかないと不安ですなw

2泊3日のテント×2、タープ、駐車料金、入場料で1人約6400円でした。
どの大きさのテントでも1張り2200円なので、ファミリーにはお得なのかな?
受付を済ませて郡上方面に2、300m戻ったところにキャンプ場の入口があります。

 イメージ 2
 入口から少し下るとこんなカンジ。 右から入ると車高低いと確実に擦るなw

ってかアブとかハエが多い!!w
坂を下りるときも、車の窓ちょっと開けただけで数匹アブに侵入されました(´・ω・`)
(日が暮れると急にいなくなりましたが。何なんだろ?)

イメージ 3
 ロケーションはかなり良い雰囲気。

イメージ 4
 おっさん2人に似合わない爽やかさ。

イメージ 5
 まだまだ日差しは暑いですが、湖畔を流れて来る風は涼しくて気持ち良いです。

イメージ 6
 とりま撮影もそこそこに、とっとと設営完了させます。

イメージ 7
 普通に涼しいのでホットコーヒーで一服☆ インスタントだけど

コーヒーで一息ついたところで、キャンプ場の奥の方もちょろっと探索。
一応奥まで使える様子ですが、なんか重機が入ってて整備中なのか、一部キャタピラの轍がひどくて使えそうにありませんw

イメージ 8
 途中、オートキャンプサイトなのかBBQサイトなのか不明な斜面の場所も。

ですが、コンクリも苔生しててベンチも朽ちてます。
だいぶ長い事使われていない様子。

イメージ 9
 トイレと炊事場はありますが、入口付近に1つずつしかないので、どのみち奥にテント張ると不便極まりないと思われます。

トイレは水洗ボットンなので臭いは気になりません。
ただ、トイレは夜中ずっと電気がついてて、またここ以外に電灯1つ無いので、トイレに虫が集まってきてる・・・(^^;
炊事場には自分で点灯させる裸電球が1つあるのみです。
あんまキャンプ場の営業の方には力入れてないのかな?



まだ風呂行くには時間があるので、せっかくなので湖畔で釣りでもします。
明日晴れたらちゃんと漁券買って、渓流でトラウトフィッシングしたいけど、雨なんだよね・・・(´・ω・`)
あ、キャンプ場受付でも漁券は販売しているそうです。

まずは攻め方が分からないので、取り敢えずボトムをワームで探ることにします。
結構深いね。 有に7、8mは水深ありそう。
手前が凄い急なカケアガリになってて、めっちゃ根掛かる・・・流石ダム湖。
でもここがポイントらしく、まれーにアタリがある。

グダグダやってるとなんとN君ヒット!
うお、25cmくらいのスモールマウスバス釣った( ̄Д ̄;;
と、思ったらキャッチする前にポロリwww
取り敢えず釣れることは分かったぞ。

そう、九頭竜湖はスモールマウスが釣れる湖でもあるのです。
ただやっぱり地元の方にはいい顔はされてないみたいですね。
キャンプ場のおばちゃんの話では、ここ数年でだいぶ増えてるらしく、漁協も様子見してたそうですが、駆除したりバス釣り自体を規制するかどうか・・・みたいな話もあるそうです。
どこ行っても悪者扱いのバスカワイソス(´・ω・`)
まぁ元はと言えば勝手に放流した輩が悪いのだけど。

んじゃまぁ私もバス釣って、食べて駆除に貢献してみるとしますかね(笑)
昔、琵琶湖で釣ったバス食べたことありますが、フライにすると普通に美味いんですよね。
YUSUKE氏に至っては、木崎湖で釣ったスモールマウスを食べたらしいですが普通に美味かったとのこと。

しかし警戒心が強いのか、この後は全く反応も無く根掛かりばっかなので、思い切って崖下のポイントに移動。
これが功を奏したのか、フローティングミノーでカケアガリ上を通したところで、食い掛かってきた!
クリアウォーターだと食う瞬間が見えてたまらんね(笑)


イメージ 10
 40cmUPの良型のスモールマウスゲット!

イメージ 11
 岩に置いてセルフタイマーで獲ったのでブレブレ(笑)

めちゃめちゃいい引きでした!
久々に大暴れする魚とのファイトが楽しめて良かった☆

しかし塩焼きサイズを考えていたので、流石にこのサイズはちょっと食うのが面倒・・・
有言不実行になっちゃいますが今回はリリース(^^;

イメージ 13
 ふと後ろに目をやると、立派なザ・キノコ!みたいなキノコが沢山。絵になるなぁ

イグチ系のキノコということしかわからん(^^;
イロガワリ? 誰か教えて・・・
未だにキノコは怖くて手を出せていませんw まぁ素人は止めとくに限ります。



さて、釣りを楽しんだところでお風呂に入りに行くことにします。
キャンプ場から一番近い温泉が、「白鳥 美人の湯」のある郡上まで戻らないといけないそうな(^^;
キャンプ場受付で割引券もらったからここに行くか。
片道20kmもあるのでちょっとしんどいなぁ・・・
油坂峠道路のおかげでかなり早く着くのだけど、それでも20分以上はかかります。

で、片道20km走らせたところ・・・


今日定休日じゃねーか!!(# ゚Д゚)

おいおい、オススメしといてそりゃないよ・・・
調べると近隣(つってもさらに20㎞近くあるw)の温泉も全部休み!
しょうがないのでスーパーで追加食材だけ買って気を紛らわして戻ります。
20kmの戻る道のりが凄く重い。。。
まぁ貰った割引券で定休日確認しなかった我々も悪いのだけど。


イメージ 12
 しょうがないので炊事場で裸電球1つの元、頭と体だけ流します。

まるで昭和の映像だw
頭を流すだけでもだいぶスッキリします。
温泉遠いし、キャンプ場にシャワーくらいあるといいなぁ・・・

んで食事の準備し始めると、またも虫の襲撃(´;ω;`)
夕暮れ時は活発になるのか、ランタンまわりにエグいぐらい羽虫が集まってきました。
なのでランタンを遠ざけて薄暗いなかで調理するハメに(^^;
陽が完全に暮れて21時をまわってくると急に羽虫はどっかへ行ってしまいましたが、何なんだろこの習性?

イメージ 14
 追加食材で刺身買っちゃったw

大好きな酒造の蓬莱もお土産を兼ねて購入。
ちょっとグレード低いやつだったけど、十分美味しい☆

イメージ 15
 メインディッシュは豚ロースのトンテキです☆

オガ炭2個で十分な火力を得られました。
ホントは100均で買ったスキレットを使いたかったんだけど、忘れたのよね/(^o^)\
気が向いたら100均スキレットのことも書きます(笑)

イメージ 16
 食後はまったりおっさん2人が語らいながら、焚き火を楽しみます。

明日雨だっていうので、ならば今日はと、N君盛大に薪燃やしてました。
0時回ったところで本日は就寝。
シュラフ使うにはちょっと暑かったので、掛布団として使って寝ました。

ちょっと長いので後編に分けます(^^;

  • 顔アイコン

    > なまずさん ありがとうございます☆
    おかっぱりなら釣れてもせいぜい20cm台と思ってたのでオドロキです。
    急深な地形のダム湖のポテンシャルは侮れませんね・・・!

    [ うぇんけばっは ]

    2017/9/2(土) 午前 8:04

    返信する
  • 顔アイコン

    > V君さん お疲れ様です☆
    私も同じく木崎行ってないと夏が通り過ぎた感じがしないです(^^;
    ついに上高地行きましたか!☆
    あちらも涼しそうでイイですねー

    [ うぇんけばっは ]

    2017/9/9(土) 午前 0:56

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事