ここから本文です
うぇんけばっはにアウトドアと晩酌日記
アウトドアや晩酌したもの、変な?趣味や仕事のことだったりを書いていく変人の日記・・・ つか、Wencke の綴り間違えてるしw

書庫全体表示

記事検索
検索

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

現在fc2ブログに移転しておりますので、こちらの投稿はただの転載となります(笑)

移転先 ↓




2週間前です(ヲイ)

書き損ねるとだいぶ先延ばしになっちゃうのは悪い癖だね。
6/16に高校時代の友人に誘われて、北設楽郡の明神山に行こうって話だったんだけど、前日から朝方まで続く雨のせいで中止・・・(´;ω;`)
去年も9月に長野の山行こうって話だったんだけど、これも台風で延期w
相変わらずの雨男っぷり発揮です(^p^)

さて、結局16日は朝まで雨は降ってはいたものの、昼からは晴れて爽やかなお天気。
特に予定も無くダラダラしてたのだけど、流石にモッタイナイ気がしてきて、悩んだ挙句16時半と遅くになってからどっか外へ出ようと思いつく。実行に移す遅さは昔から(^^;
23号線をブイブイ走らせて、道の駅「にしお岡ノ山」へブラっと出かけることに。

P6165164.jpg
 道の駅では野菜や地酒?のウイスキーなどを購入。RAINBOW WHISKYって初めて聞いた!

初夏の爽やかな夕暮れの空気を感じれたし、後は気分よく帰ろうかと思ってふと見ると、小高い山が目の前にあるのに気づく。

yatuomote.jpg
 すみません、写真撮り忘れたのでGoogleEarthの転用です(^^; 申し訳ない

八ツ面山と言うそうです。なんとWikipediaにもちゃんと載ってる

これ昔、東海エリアの低山を特集してたフリーペーパーかなんかで見たことある気がする・・・
晴れた日は名古屋市まで見えるとかナントカ。
全然道もなんも分からんけどバイクなら小回りも効くし、山に行けなかった鬱憤もこれで多少は晴らせそうだ。
道具もなんも持ってないけど、このまま寄ってみよう!

P6165103.jpg
 道を探して回ってたら北側にそれっぽい道を発見。

P6165105.jpg
 入るとすぐに駐車場があったのでバイクを停めてさっそく登ってみる。

さっそくキャリアが役に立ってる・・・というかまだトップケース買ってないんかいw
結構な坂の駐車場だったので、久々にギア入れた状態で停めたぞ。

P6165112.jpg
 一応案内標識がある親切設計(笑) お、神社があるみたい。

久麻久神社(くまくじんじゃ)というそうです。
どうやらかなり歴史のある神社で、本殿は国の重要文化財らしい。
と、看板に書いてありました(笑)
 愛知県庁の公式サイト   
 西尾市の公式観光協会サイト

P6165117.jpg
P6165115.jpg
 連理の枝と言ってとても珍しいらしい。 確かにパワースポット感あるね。

P6165122.jpg
 こちらは拝殿。

P6165124.jpg
 後ろには本殿がチラリ。 なんだっけ、周りをこうやって排水良くすることで湿気から社を守るんだっけ? って鉄〇DASHでやってたw

P6165119.jpg
 地域の方か役所の方が用意してくれてるのか、神社の歴史についての読み物も。 左は誰かの忘れ物かな。

お参りして神社を堪能したら、ようやく山頂へ(笑)

P6165126.jpg
 歩いてるとかつての雲母の坑道跡への脇道。 寄ってみたいけどもう17時半だし、また今度だな。

P6165129.jpg
 歩いて5分もしないうちに山頂の展望台が見えた。。。って上にも駐車場あったんかw

P6165130.jpg
 登るとすぐにいい眺めが☆ 近所の方?が夕涼みに来てました。

P6165136.jpg
 展望台に登るとこの眺め! 眼下には23号線が見えます。向こうには岡崎市の街並み。

P6165147.jpg
 たった標高67mですが、周りに遮るものが無いのと展望台のお陰で、濃尾平野から岡崎平野まで一望☆

P6165143.jpg
 雨上がりで風も強かったお陰か空気が割と澄んでて、確かに遠くに名古屋のビルが見える☆

P6165150.jpg
 もしかしてアレはトリトンの橋脚!?

P6165151.jpg
 南側は知多半島の師崎も見えました。右の高い建物はチッタナポリかな?

この日は風も強く、展望台の上は少し肌寒かったですが、思わぬところで山登りできなかったウサを晴らせるほどの綺麗な眺めに出会うことができました☆
フラッと出かけて寄り道はしてみるもんですね。

開くトラックバック(0)

現在fc2ブログに移転しておりますので、こちらの投稿はただの転載となります(笑)

移転先 ↓




流石に釣り行ってなさ過ぎました(笑)
ほぼ2か月も行ってなかった! 驚愕・・・
最近忙しくて平日釣行する余裕も無かったですし、なにかと鬱憤溜まってたので、久しぶりに海でも眺めて気でも晴らそうかと思い、いつもの漁港へ。

中潮 満潮 20:34
   干潮 01:56

P6205169.jpg
 ずいぶんモヤーっとした空気感。 湿度高め。

19時半に到着。
ゆっくり釣る時間はないので、ゴロタ場でサクサクと探っていく。
ジグヘッドで足元を探るとかなり食い気はあるのか、ガンガンアタックしてくるのだけど針掛かりしない。
ワームとジグのサイズを下げればいくらでも釣れそうな感じだけど、そんな小さいのに可哀想なコトはできんのでサイズダウンはしない(笑)

P6205171.jpg
 こんちわ。 2か月ぶりですね。

P6205170.jpg
 コンディションいいのか、このサイズでもやたらよく引く。

P6205177.jpg
なんか釣り上げたらドロドロに溶けた胃内容物吐き出したw なんか・・・ゴメン。

一応表層で何か居ないなーと探ってはみたけど、何も居なさそう。
他のブロガーさん拝見してるとボイルがうんぬん書いてありますけど、ボイルなんてそうそう見たことない・・・(^^;
やはり時間と場所の見極めがアカンのか。

根掛かりしたので、ふと足元をヘッドライトで照らしたら、漂流物とは明らかに違う流れ方をしてる何者かがいる・・・

おっ、イシガニだ☆

P6205176.jpg
 小さいけど、一気に2匹ゲッチュー☆

コイツのミソ大好きなのよねー(笑)
晩酌のアテになればいいので3匹だけすくってお土産に。

P6205180.jpg
 シンプルな塩茹でが一番☆ ミソと内子がタマランのよ。

少ない身も殻と格闘しながらガジガジ齧り取る。
食べにくいけどイイ味してる☆

1匹だけ微妙に色の違うヤツがいて、コイツだけミソに苦みとエグみがあったんだけど、あとで調べたらヒラツメガニってのだったかもしれない。
まぁ美味しかったからいいや(笑)
伊勢湾でも色々な種類のヤツがいるもんだ。

こういう土産で誤魔化さず、しっかり晩酌になる魚を持ち帰れるようになりたい・・・(笑)

開くトラックバック(0)

現在fc2ブログに移転しておりますので、こちらの投稿はただの転載となります(笑)

移転先 ↓



愛車のMTスイフトを手放して早1ヵ月。
足として再活躍し始めたGSRですが、いかんせん、単車の宿命ですが荷物の積載量に限界があります(;^ω^)
手で持ってくのも風で煽られてジャマだし、そもそも危ないし。

そこで仕方なく見た目は多少悪くなりますが、キャリアを付けることにしました。





どこのメーカーがいいかな?と悩んだ結果、耐荷重が6kgとやや耐久力がありつつ、上面がフラットなデイトナのグラブバーキャリアに決定!
ただし公式でアッパーセンターカウルに穴空け加工しなきゃイケナイというチョット面倒&若干抵抗のある作業工程が追加になってしまいますが、その分耐久力が6kgまで保証されるのでコレにしました。
他のは3kgまでとかだったので(笑)  キャンプ用品結構重いしね。
上面にグリップがないのでタンデムシートからキャリアまでフラットになる設計で、デカいボックスでも積載できるのもコレに決めた理由の1つです。


P5255041.jpgんで通販でさっそく購入。 これで1万円なのは安いのか高いのか正直わからん。。。

過剰包装だったよ過剰包装(笑)
箱の中身は、キャリア本体、六角穴のボルト×1本、カラーM10とかいうスペーサーみたいなの×1個と、M8が×4個。
あと本体のパイプが穴空きっぱなしなので、塞ぐためのエンドキャップがついてます。

P5255042.jpgまずは純性のグリップを外す。

意外とこのグリップがスタイリッシュさを演出してて好きだったんだけどな(^^;
まぁ仕方がない。
このグリップ外した後の純正ボルトはキャリアの固定にも使用するので無くさないように注意です。

P5255054.jpg純正グリップを外したら、先にキャリアを一度仮固定。

キャリア中心部の穴からマジックを突っ込んでグリグリ回して、穴を空ける場所に印をつけます。
私はリアカウルをいったん全部外してしまってから、穴を空ける場所が分からないことに気付きました(アホw)
というのも、他のブロガーさんの記事を拝見すると、リアカウルを外すと裏側に「ココに穴を空けよ」という印があると聞いてたんですが、なぜか私のGSRにはその印が無かったんですよね・・・??

P5255044.jpg そんなワケでもう一度キャリアを外す(笑)

P5255045.jpg 左右4つずつ(確かw)+ドライバーでネジを外します。

P5255046.jpg カウルが車体のゴム穴に固く差し込まれてたりするので、外すときは無理に引っ張らない様に。。。割れたら泣くに泣けないw

さぁネジ全部外したら取れるかなーと思ったらまだなんか突っかかってる・・・

P5255048.jpg なんかまだプラ製の押しピンみたいなのが刺さってた(^^; どんだけ固定させてんの(笑)

さて、これだけではまだカウルを外せません(笑)
シート下のロックを取り外します!

P5255050.jpg コイツがカウルの鍵穴とワイヤーで繋がってるのです(笑)

P5255052.jpg やっと外れたー!!(;^ω^)

P5255053.jpg後でここの穴にスペーサー(カラーM10)がハマるわけだな。

暑いので一旦自宅に避難して涼しい部屋でカウルの穴あけ加工に入ります。
その前に風呂場でカウルを洗浄(笑)
裏側は砂ぼこりまるけで超汚かったので(^^;

P5255055.jpg ドリルで穴あけして、最終的にこのカラーM10が入るまでの大きさに広げます。

P5255057.jpg目標まで近づいたらあとはヤスリで少しずつ削っていく方が失敗しにくいと思います。

最終的にΦ22mmまで穴を広げるんですが、イキナリ径の大きいドリルでやると割れる可能性もあるので、最初は小さめのドリルで穴あけ。
力任せに削ってたら何度か穴から外れて勢いあまってカウルにキズ付けちゃった・・・(´・ω・`)


カラーM10が入るようになったので再度カウルを車体に取り付け。 シートロックも忘れずにね(笑)
グラブバーキャリアを純正ボルトと、カラーM8をスペーサーにして装着。(写真忘れた・・・w)

P5255064.jpg 六角穴ボルトを締めこんで完了! 多少 車体と穴がズレてても気合で何とかなります(笑)

P5255066.jpg 無事取り付け完了!☆

穴あけ加工に時間かかって2時間もかかっちゃった(^^;
穴あけイヤだって人は他のキャリアにした方がいいと思いますが、それさえ乗り越えられれば、耐荷重6kgというスペックが待ってます(笑)
穴あけ加工しなくてもキャリアは付きますが、その場合 耐荷重が何kgなのかは書いてないので不明です。。。
でもコレ、キャリアとカウルの隙間にゴムシートみっちり詰め込めば同じスペック得られるのでは・・・!?


さて、あとはどのトップケース付けようかな?(まだ決めてないんかい!w)

開くトラックバック(0)

アカイサキという魚

現在fc2ブログに移転しておりますので、こちらの投稿はただの転載となります(笑)

移転先 ↓



先日、近所の激安鮮魚店で珍しいお魚を見つけたので試しに買ってみました。

P5255028.jpg アカイサキといいます。 2匹で480円なり。

初めてみる魚ですが、なんとなく熱帯の魚かと思ったら、伊豆あたりの日本近海にもいる模様。
ドハデな色が嫌われてあまり流通はしないらしい。
せっかくなんで、ちょっと変わった魚にも手を出してみようと購入。

P5255030.jpg この凶悪な口(笑) なんとなく黄色の模様が歌舞伎っぽくてカッコイイ。

にしてもウロコがめっちゃ頑丈!w
細かいウロコなんだけど、皮に強固にくっついてるので包丁では落としにくい。
いいかげん、ウロコ落とし買わなきゃな・・・

P5255032.jpg でも結局手を使えばむしり取れてしまう。 というかこの方がウロコ飛び散らないし簡単(笑)

皮剥いでしまえばウロコなんて関係ないかとも思ったんですが、焼霜造りもやってみようと思いついたので、3枚卸しした後からウロコをむしり取ることに(笑)

P5255033.jpg 身は薄いピンク色で綺麗です。

特段、変な臭いもしないので刺身用のサクと、焼霜用にサクを切り取る。
焼霜用はバーナーで皮目だけを焦がしてみる。 が、魚の皮を炙った時の香ばしい臭いがしない・・・
なんか・・・若干 髪の毛焦がしたような臭いがする(;´Д`)
うーむ一気に不安になったぞ。

P5255035.jpg ついでに買ってきてたクロメバル5匹280円!(安っ) ただしこちらは古いのか内臓がメタメタ臭かった・・・(笑)
煮付けたら臭みは無くて身がフワフワで美味しかったけどね。



P5255040.jpg 刺身と焼霜造りが完成☆ もう暑いので冷酒でキュっと(。-∀-)

まずは刺身・・・ なんだこの食感(^^;
なんだろう、プリプリ・・・とかいう生易しい感じじゃなくて、 ギュリッ、ギュリッって表現が合うような固さ(笑)
そして驚くほど旨みが感じられない(;^ω^)
余韻も何も舌に残らず消えてしまう。。。
かといって白身魚のような清涼感もない(笑)

うーん、皮目に旨みがあるのかも?
ってことで焼霜造りも一口。。。香ばしさもない。
あと皮も固くて口に残る。
ダメだ、生は大してウマくない(笑)

そんならばってことでシンプルに塩焼きにしてみよう。


P5255067.jpg 炙った時もそうだったけど、火を通すと皮がメチャ縮んでロールしてしまった(笑)

あー火を通すと割と美味しいかな。
さっきの身の固さが逆にイイ歯ごたえに変わって、プリプリと面白い食感になりました。

でもなんか似た食感の魚を知ってる・・・


アレだ、冷凍のアイスランド産 赤魚と似てる。

もしかして近縁種かと思ったけど、アカイサキはスズキ目ハタ科。
冷凍輸入で売られている赤魚(Wikipediaに飛びます)は、アラスカメヌケとか、タイセイヨウアカウオなどで、カサゴ目フサカサゴ科と、全く違う魚種でした。

ちなみに高級魚となっているアコウダイも赤魚と呼ばれていますが、こちらもカサゴ目フサカサゴ科だそう。


ということで、アカイサキは刺身は全然でしたが、赤魚と同じような調理法。。。例えば漬け焼きとか、煮付けなど、火を通した方が独特の食感が活きて美味しい魚でした。

あれか?刺身は熟成させないとダメな感じ?
と思って1日寝かせてみたけど、味はそのまま、ただ臭くなっただけだったw

開くトラックバック(0)


現在fc2ブログに移転しておりますので、こちらの投稿はただの転載となります(笑)

移転先 ↓



前回の続きです。
まずはともあれ山頂に到達したので、大休止ってことでランチタイム。

P5194974.jpg 低山でも空がなんとなく近く感じられる気がする

P5194975.jpg こういう場所ではフリーズドライ食品は簡単なうえ美味しくて便利ですよね。 しかも近所のリサイクルショップで40円(笑)

P5194977.jpg 最近、大福や草餅なんかの和菓子がお腹に溜まるし美味しいので気に入ってます。

P5194973.jpg 少し遠くにはリトルワールドが見えます。

残念ながら黒平山(八曽山)は木が生い茂ってるので、あまり見晴らしがいい山頂ではないです(^^;
ただ遮るものがないので風が気持ちいいし、あちこちでホーホケキョの合唱が聞こえるので自然な音を聞きながらランチするのもイイもんです。

P5194979.jpg 八曽滝からの山頂南側を通ってくるルートの途中の方がいい景色だったりする。 奥は弥勒山かな?ここも行きたいなぁ

P5194980.jpg 風が強いせいか採石場の砂ぼこりがハンパない(笑)


30分ほど休憩したら、やっと目的地の八曽滝の流れ出しを目指します。
一の門線を少し戻ってふれあいの森側からアプローチします。

P5194984.jpg 途中クロックスの欠片が落ちてたんだが・・(笑)

P5194985.jpg え、結構険しいルートよ?ココ(;^ω^)

足元が固い岩盤や泥で狭い道なんだけど、ここまでコレで登ってきたの!?
えぐっ(笑)
というか途中で靴破損してどうやって帰ったんだろう・・・ 水虫ついてたら嫌だなぁw

P5194988.jpg ふれあいの森6番からルートに入ります。

P5194990.jpg やはりこういう水の流れが感じられるルートのほうがいいね。

P5194991.jpg 5番のすぐ北側にもこういった岩盤の突き出した、ちょっと休憩しやすそうな場所があります。

P5194992.jpg 見上げるとさっきまでいた山頂がみえます。

ふれあいの森ルートの20番から16番の、八曽滝の流れ出しまでのルートは川に沿って歩くので足元には注意です。
というか橋がないのに対岸に渡ったりしないといけないので、水没注意(笑)

P5194999.jpg 八曽滝直上にとうちゃーく。

凄く水量が少ないぞ(笑)
若干水も濁った感じするしね。

さて、今日ここに来たのは、このプールの中には何か生き物がいるのか?という素朴な疑問を解決するためなのです。
以前購入した防水アクションカメラをここに投げ込んで水中撮影しようって魂胆です。
そう、GoProのパチモンカメラですね。

防水ハウジングに紐を付けて水中へドボン。
動画撮影を待ってる間は、カロリーメイトなんかを齧りながら待つこととします。
4回ほど撮影してみて取れた映像がコチラ↓


無題a プールへ流れこむ場所は小石が露出してる。。。

無題b それ以外n場所は大量の落ち葉が堆積。

あんまりいい映像取れなかった(笑)
ちょっと濁ってたのとカメラのピントがイマイチでしたね。
結構カメラが下向いちゃって落ち葉しか見えないなんて部分ばっかりでイマイチでした(笑)
もっとカメラに付けるオモリとか浮力を考えておかないとなー
あ、結果としてここには全く生き物は居ませんでした。
やっぱりココまで登ってくるのは無理か。 探せばサワガニくらいはいるかもだけど。

P5195006.jpg ちなみに滝壺のほうも何もいませんでした。 途中堰とかもあるしなー

無題d キャンプ場跡地の辺りまで下ってくれば、一面に小魚はいるんだけどね(笑)

キャンプ場跡地まで来た時点で時刻は15時。
あとは東海自然歩道の整備された道を通ってモミの木キャンプ場まで戻るだけです。

五条川からはカジカガエルの美しい鳴き声や、ハルゼミがギーヨギーヨと鳴いてて、なんだか涼し気です。
恥ずかしながら、この年までハルゼミという蝉がいることを知りませんでした(笑)
蝉なのに暑苦しさがなくていいね。

P5195016.jpg 途中いくつもデカイ倒木が・・・もし巻き込まれたら・・・(|||゚Д゚)

15時半に駐車場へ帰還。
喉が渇いてたので自販機でジュース買って一気飲み(笑)
予想以上に暑いのと歩いたのとで、1Lばかしの水分じゃ足らなかったわ(;´Д`)
11時スタートで15時半終了。
ほぼ歩きっぱなしだったけど、一人で気ままに散策できたので自由に満喫できた☆


少し休憩してから、帰ろうかとメットホルダーに目をやったところで今更気付く・・・

P5195018.jpg うわーお、まさかの付けっぱなしwww

アブネー!w
半日以上ほったらかしだったのか・・・( ̄Д ̄;

駐車代徴収のおじさんのすぐ後ろにあったのが功を奏したのか・・・
気を付けよう・・・

開くトラックバック(0)

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事