ここから本文です
うぇんけばっはにアウトドアと晩酌日記
アウトドアや晩酌したもの、変な?趣味や仕事のことだったりを書いていく変人の日記・・・ つか、Wencke の綴り間違えてるしw

書庫木崎湖キャンプ場

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


毎度遅くなってますが、8月の木崎湖キャンプの続きです(笑)

2日目は他のキャンパーさんとこのチビッコたちの声で7時にお目覚め(笑)
6時から湖水浴とか元気過ぎんよー(;´Д`)

まぁお陰で、最終日の朝メシまでの買い出しが午前中で全て終了。
まずは前日相談して決めた、昼から飲み&BBQすることに。
キャンプで純粋にBBQやるなんて久しぶりだ(笑)
BBQって脂やコゲついた網の処理が面倒すぎて、キャンプでは結構敬遠してたので。。。
で、その汚れた網を片付けるのが面倒で捨ててく輩が多いのが現状・・・(´・ω・`)


イメージ 1
 ドンキで買ったミニグリルでステーキ☆ 安い肉でも美味い!

グリルの使用レビューはまた後日・・・w
というか昨晩がスキレットでステーキだったので丸被りだ。

イメージ 2
 安かったので生マグロの加熱用切れ端も炙ってイタダキマス☆

スーパーなんかでたまに、マグロの解体で出た血合いや筋部分のアラ詰め込んだパックがありますが、加熱して食べると結構美味しいですよ☆
私はよく家で串に刺してネギマ串にして食べてます。

お腹がこなれたら湖水浴の予定なので、ビールは1本で我慢。
というか、飲酒しての入水は泳ぎに達者な人でも止めましょう(^^;


イメージ 3
 でも桟橋から飛び込んじゃう。。。w 

イメージ 4
 おじさん3人で夏の木崎湖満喫しました(笑)
桟橋から先は、180cmの私でギリギリ足がつくくらいの深さなので気を付けて。

しかも少し沖に出ただけで、冷水が下層に溜まってるので事故には気を付けてくださいね。
ただこの冷たい水の層を境に、スモールマウスバスが活動しているのを潜水して目で見て確認(笑)

イメージ 5
 他にもムギツグ? カワムツか? 調べても分かりませんでした(^^;

イメージ 6
 相変わらずバカデカい20cm以上あるドブガイ(笑) 意外にも虹色に光ってる。

YUSUKE氏とまた食べるか って話になりましたが、泥抜きがメンドクサイので止めましたw

さて、泳ぎ疲れたらまったりバス釣りへ。
と言っても桟橋からの釣りでは、他の湖水浴のお客さんに迷惑になってしまうので、人気のないところへ・・・

イメージ 7
 ってことでちょっと沖まで入水して釣行(笑)

ちょうど冷たい水のゾーンや、バスがどの辺で回遊してるかは潜って確認済みなので、ポイントの辺りまで近づいてみます。
しかし、やっぱり午後になると風が吹いてきて湖面が波立ってやりにくい・・・

そんな中でもなんとかスモールマウスを2匹ゲット☆
どちらも15cmほどのコバッチィでしたが(笑)
でも塩焼きにはちょうどいいサイズ。

イメージ 8
 ってことでスモールマウス1匹をを串打ちして炭焼き(笑)

バスは独特の臭みがあるので、生きてるうちにワタ抜いて、ウロコもしっかり除去。
あと、バスは開いたお腹の両サイドにある脂の膜が臭いらしいので、こちらもナイフでこすってしっかり洗浄。

イメージ 9
 やっぱり夕暮れ時になると白波が立つほどの強風。 沖のボートでは小ぶりながらも、コンスタントにバスが上がってたみたいです。 やはり夏場は深いところへ逃げてるか。。。

イメージ 10
 炭火でじっくり炙って、スモールマウスバスの塩焼き完成☆ 見た目は至って普通でしょ?

香も普通に焼き魚の匂い。 さて、お味は・・・


普通にウマイ。
特別臭みやクセのある味ではなく、フツーに川魚の塩焼き。
オイカワとかに似てるかな? こないだ食べたカワムツとかもこんな味。
ただちょっとウロコ取りが甘かった尾びれ付近は、バス臭かったけどね。
良型釣れたら今度はソテーしてみよう。

バスで舌鼓打ったら(?)今度はしっかり夕食タイム。

イメージ 11
 昼のBBQで残ったマグロをネギ、油揚げで煮込んでマグロねぎま鍋☆

マグロの味が、甘くて濃い目の醤油つゆでも負けないくらい強くて美味し。
ビールにも日本酒にも合います☆
YUSUKE氏は麻婆豆腐なんて作ってました(笑)
最近のキャンプ、個別で料理することが多いな。

イメージ 12
 みんなで晩酌してたらYUSUKE氏の所にミヤマクワガタ飛んできた(笑)

天然ものは標高の高めの山でしか生息していないと言われるだけあって、最近全く見なかったクワガタだけにちょっと嬉しい☆
「深山」クワガタだもんな。

イメージ 13
 管理人さんトコに珍しいからって持って行ったら・・あっ。


イメージ 14
 そうですか、顔が留まりやすいですか。 地味にカギ足が痛かった。

クワガタ顔面キャッチw
カブトが飛ぶところはよく見ますが、クワが実際に飛ぶ瞬間ってナカナカ見ないね。
誰かチビッコにあげても良かったんですが、最近減ってきてるらしいので、山へお帰りいただきました。


あとは毎度のように男3人集まれば話題は尽きず、飲みながらエンエン語らって・・・
いるわけにもいかず、22時には声のトーンを下げ、0時回ったところで就寝となりました。
金曜だったのでさらにお客さん増えてましたからね。
というか、昼間はしゃぎすぎて眠たい・・・(=_=)  子供か!(笑)



イメージ 15
 翌朝はなぜか5時半に目が覚めた。 早朝の湖畔はとても爽やか。

トイレに目が覚めただけなので、コットに戻って二度寝。
起きたら8時過ぎでした。
モソモソと寝起きの気怠い感じを残しながら朝ごはん。

9時回ると土曜という事もあって、お客さんで満杯に!
いよいよノンビリしておれず、場所開けようってことで急ぎ撤収開始。

11時過ぎに撤収完了。
すでに撤収途中から、「ここテント張っていいですか?」と聞かれるくらいの混み様(^^;
それを後目に(笑) 管理人さんに挨拶して悠々と帰路に着きました。

イメージ 16
 帰りに市内の喫茶店で「チキンカツ定食」1100円! もう4回くらい来てるw

この値段で異常なまでの盛り様。
でもしっかり手間が掛けられていて、チキンは超やわらか、ソースもめちゃうま☆
食べきれない場合はタッパーくれます(笑)

あとは梓川SAでお土産物色するくらいで、寄り道もなく愛知へ帰還。
愛知県、湿度高すぎんよ・・・(´Д`υ)


今度はT君も交えて秋に4人で行けるといいなーって話してたら、ナントN君が大阪に転勤らしい・・・(゚д゚lll)
秋の木崎湖キャンプの計画は既に頓挫か? そもそも今後一緒にキャンプ行くことすらできるのか?
何にせよ寂しくなるなぁ・・・

開くトラックバック(0)


春はメンツの予定が合わず、ソロキャンプで我慢していましたが、綿密に予定を合わせ、やっと今年最初の木崎湖キャンプ場へ行ってきました☆
最近の猛暑で木崎湖も酷暑なんじゃないかと心配してましたが、流石は長野。
日差しはキツかったですが、湿度が名古屋と全然違う、日陰に入れば超涼しい環境でした。

イメージ 1
 道中、「道の駅まつかわ」で地獲れの野菜購入。

最近野菜の値段が上昇してるのに、これは安い!
これでキャンプ中の野菜不足はお安く解消したな(笑)

何だかんだで、N君の1時間の遅刻があったにもかかわらず10時にはキャンプ場へチェックイン。
去年の春以来なので、1年以上ぶりですが管理人さん達覚えててくれました☆

イメージ 2
 めちゃくちゃ出産ラッシュらしく、知らぬ間に子猫だらけに。

イメージ 3
 しかし知らぬ間に玉無しさんは帰らぬ猫に・・・(´;ω;`)

管理人さんに似て、人見知りしない人懐こい子でしたが、相当おじいちゃん猫だったからなぁ・・・合掌。

イメージ 4
 今回もドッペルのテントを使用。    → レビューはコチラ

木崎湖の夜は冷えると言っても、夏はさすがに寒いってことはないので、コットを使って寝ます。
やっぱ体温持ってかれるけど、寝心地はいいからね。
って話してたら、今回N君もYUSUKE氏も全員コット持ってきてました

イメージ 5
 全員設営完了。 ちょっと曇天なので雨が心配。。。 またも雨男(私)のせいかw

まだ木曜の時点ではお客さんが少なかったので、場所選びに余裕がありました。
でも3人テント張ると結構場所取っちゃうからね。
撤収日が盆休み初日の土曜なので、急ぎ気味に場所開けなきゃ。

設営完了したら12時回ったところなんで昼食へ。
毎度毎度、ソースカツ丼の昭和軒か、でかいチキンカツのミツボシか、そばの美郷の3択なので、たまには違うオススメないかと管理人さんに聞いたところ、青木湖湖畔のラーメン屋が面白いというので行ってみました。 味は・・・

イメージ 6
 というか今回で木崎湖訪問10回目なんだけど、青木湖まで来たのは初めてだったりするw

イメージ 7
 買い出しから戻ったら晴天になってました。

しかし、相変わらず風が強い!
木崎湖は夕方ごろになると白波が立つほどに強風が吹くのです。
それに伴って、砂ぼこりがめちゃ舞い上がるのでご注意を。。。

私は忘れてて、テントの出入り口を風上に向けてしまい、シュラフからバックパックまで砂まみれにしました(^p^)
10回目が聞いて呆れるねw

イメージ 8
 今回は新登場のBBQグリルを使って、またもスキレットで肉です。

あまりに最近スキレット使ってて、「毎回ソレじゃね?」とまで言われました(^^;
いや、洗い物も少なくて済むし、美味しく調理できるので・・・

イメージ 9
 とはいえ肉だけじゃ野菜不足なので、道の駅で買ったキュウリとナスで大量に浅漬け作っておきました(笑)

イメージ 10
 最近メニューが変わり映えしませんが、スキレット肉と浅漬けを肴にキャンプ呑み開始です☆

今回、アルクマがデザインされた地ビール買ってみました。
ただ、サッパリしたビールって感じであんまり特徴なかったです(笑)

ステーキを一通り食べ終わったら、もう1品作ってみたいメニューが。。。
最近ハマっている打首獄門同好会というロックバンドの曲のNew Gingerationという曲で、
「豚のバラ肉を巻いて〜フライパンでこんがり焼いて〜食べれば美味! 岩下の新生姜!
という一節がございまして。。。(JASRAC的にマズければご指摘ください)

イメージ 11
 というわけで岩下の新生姜と豚肉を購入。

バラ肉はちょっと高めだったので、豚小間肉で代用。
飽くまでおつまみなので、1口サイズに生姜は縦にカットして小間肉をチマチマ巻いて、スキレットでこんがり焼いてみることに。

イメージ 12
 見た目はウマそう☆ 新生姜がピンクなので肉が生焼けなのか判別しにくい(笑)

1口食べた瞬間。。。 コレは美味だわ・・・!!
見事に豚肉の旨みと新生姜の甘酸っぱさがマッチ。
何の味付けもしてないのに、新生姜の甘酸っぱさだけで充分。
そして新生姜のサッパリ感が脂のくどさを中和してくれるので、いくらでも食べられそうだ・・・
ご飯との相性も間違いない!

曲にしたくなるのも分かる気がした(笑)
おかげでビールとハイボールが捗ったわ〜

イメージ 13
 テント脇で何か跳ねてると思ったらカエルさん。 名前が全くわからんw

調べたらヤマアカガエルで合ってるかな?
灰色なのは周りに合わせて擬態してるのか。

イメージ 14
 夜中に声がすると思ったら、キャンプ場猫の まみーが遊びに来てくれました。

夜中まで飲んでると、大抵どれかの猫がやってくるのもココの特徴です(笑)
どの子も懐っこいので可愛いのですが、たまにお行儀悪い子がいるので、食品はしまっておきましょう(^^;

流石に夏のファミリーシーズンなので、遅くまでうるさくするわけにはいかず、珍しく早めに就寝しました。
23時には他の大人のキャンパーさんたちですらテントに入ってしまいましたからね。


ちょっと長くなったので、後編に続きます(笑)

開くトラックバック(0)


先週の日月火のことです(笑)
毎度おなじみYUSUKE氏、N君、T君の初の4人で2泊3日の木崎湖キャンプを敢行してきました。

N君、T君は仕事を終えて昼から出るというので、YUSUKE氏と相談し、あんまり早く行ってもしょうがないってことで木崎湖に行くのとしては珍しく遅く、8時に出発となりました。
行く途中から長野県内は小雨モード・・・
雨の設営かぁ(^^;

13時とこれまでになく遅い時間に大町市に到着。
今回はキャンプ場に荷物置く前に、先に昼食を取ります。


イメージ 1
 毎度おなじみ昭和軒。 いつもソースカツ丼ですが初めて豚丼900円をチョイス。

甘辛な味噌ダレでご飯がススム。
ソースかつ以外も普通に美味いな!

んで先に買い出しも済ませてやっとキャンプ場へ。
到着が15時過ぎになってしまったため、管理人さんに「来ないかと思ったよーw」と言われる始末(笑)
話もそこそこに日が暮れる前に設営開始。

イメージ 2
 警戒心が1mmも感じられない猫、チャミ・・・(笑)

イメージ 3
 小雨の上、めちゃくちゃ風が強いw 

写真じゃ分かりにくいですがタープ持ってるとマジで飛ばされそうでしたw
大抵の場合、木崎湖は夕方が近づくと湖から強い風が吹くようになります。
夜21時頃には収まることが多いですが。

イメージ 4
 今回もグランドシート無しでコットの上に寝ます。

前回の雪中キャンプの失敗を踏まえ、インフレータブルマットは予め用意しておきます(笑)
初日にインフレータブルマット無しで試しに寝てみましたが、NAO明野高原キャンプ場の時と同じく、背面が暖まらないのでだいぶ寒かったです。
んでインフレータブルマット敷いてみたらやはり寒さ軽減。
個人的には「地面から離れるので底冷えしない」ってのは違う様に思うのですが・・・
 NAO明野高原キャンプ場でのコット使用時のレビューは → こちら


設営が終わって一服していると、N君、T君が到着!
え、早くね・・・?www(;^ω^)

イメージ 6
 全員集合! この時期はほぼ貸し切りなのが有難いね。

今回は事前に相談して、晩の食事は個々で買うことにしました。
全員集まると鍋系か焼肉しか思いつかないものですが、4人で鍋だと鍋の大きさが足らないし、焼肉だと網洗うのが大変なのでイマイチ気乗りしなかったものでw
水道が出なかったので洗い物できないですしね(;´・ω・)
(↑翌日開栓しました)

イメージ 5
 大根の菜飯とシュウマイとキノコ蒸し、みそ汁。 普通に家で食う飯だねw

今回は個人個人で買い物したわけですが、メリットとして、各個人が清算を済ませるので、節約傾向に走ってあまり高いものを買わないので安上がりってことですかね。
デメリットとしては量の多い製品が買えないとか、集まってワイワイできないってことでしょうか。
まぁ作ったものをちょっとずつ味見はしたんだけどね(笑)


翌日は木崎マスを釣りに0530に起床予定なので、初日は0時頃には就寝。



イメージ 7
 2日目は晴れ☼ やっと天気が回復してくれました!

温度計のメモリでは昨晩はー1℃近くまで下がっていた様です。

星湖亭でボートをレンタルします。
前日にお邪魔して4人乗りの和船あるか聞くと、未整備でまだ出ないとのこと。
ちゃんともっと前から連絡しとくべきでした(^^; ←あたりまえw

なので現行出船できる9.9馬力のボートと、免許不要の2馬力のボートに分乗。
店の親父さんがお詫びにと、少しだけ料金オマケしてくれました☆
連絡しなかったこちらの責任なのに・・・(´;ω;`)

イメージ 8
 YUSUKE氏 操船の9.9馬力と2馬力では速度が雲泥の差w

YUSUKE氏がわざわざ船舶免許取りに行ったのが良ーく分かりました(^^;
上位エンジンの速さを知ってるだけに、2馬力エンジンの遅さには割とイライラさせられます(^p^)

イメージ 9
 まぁボート操船することもなかなか無いので、最初のうちは楽しかったですが。

初めてボートに乗ったT君はこれでも速さに感心してましたが。

さて、例年釣れてるスポットに着いたらまずはエレキで操船しながらワカサギの群れを探します。
なんか、ワカサギ結構表層にいない?
ワカサギが浮いてるパターンは今までやったこと無いな・・・
取り敢えずボトムで魚探に反応があったところでジギングしてみますがアタリすらない厳しい状況。

イメージ 10
 昼食後にしれっとツインズのベンチだけ撮っておいた(笑)

昼休憩を挟んで、最深部や実積のある場所とあらゆるところを探索しましたがマジでアタリすらない。
前日、寒さのあまり熟睡できなかったT君の具合が悪くなってきたため、先に下船してもらい、引き続き1人で探りを入れますが・・・



3人そろって完膚無きまでのボウズでした/(^o^)\ナンテコッタイ

アタリすら無かったのは初めてです。
どこにいった木崎マス??

イメージ 15
 この日は珍しく夕方でも風が無かったので、人間にとってはベストコンディションだったんですが・・・



イメージ 11
 釣れないときはもうパーッと飲むしかない(笑)

イメージ 12
 2日目は練り物も入れた、おでん風ポトフを付作ることに。

出来るまでに時間がかかるので、お惣菜を買っておいてコイツを酒のアテにしてポトフが出来あがるのを待ちます。

イメージ 13
 美味いー!あったまるー!☆

この日も最低気温 -1度近くまで下がりました((´д`))
寒いときはスープ系が身に染みますね。

イメージ 14
 2日続けてやってくるチャミちゃん。 警戒心のかけらもないカワイイやつw

寝不足が続いていたので、この日も1時ごろには就寝・・・



イメージ 16
 3日目は朝から雨でした・・・ 撤収面倒だなぁ

と、7時に起きるとT君のテントが無い!?
車も無い!?(;^ω^)

どうやら具合が悪くなったため、先に1人で帰ってしまったそうな。
朝5時に帰る前にテントの外から声かけてくれたみたいなんだけど、てっきり「先に釣りやってるわ」と言ってるんだと寝ぼけて聞き違えてた(笑)

でも3人分の荷物どうすんだ!?
2:2で乗って来たから荷物適当乗せ&ちょっと多めに持ってきちゃったけど。。。YUSUKE氏の車に乗りきるか・・・??

なんて言ってると雨がに変わってしまった(´゚д゚`)
もうつべこべ言っててもしょうがないんで、無理やり荷物をコンパクトにまとめて無理やり乗り込みましたw
帰りは、狭いわ身動き取れないわで腰が痛くなりましたが(^^;

イメージ 17
 毎度帰る前に管理人さんの所で駄弁る。 もう玉無さんも相当高齢だなぁ。

まぁなんたって400年近く生きてますからね (´・ω`・)エッ?
座ってる人の所に来て、狭くても膝の上に乗ってくる律儀な猫です。長生きせーよ

イメージ 18
 いよいよキャンプ場を出るころには雪が本降りに(^^;

イメージ 19
 塩尻市あたりはフツーに積もってました(|||゚Д゚)


今回は木崎マスは釣れませんでしたが、初の4人でワイワイやれたので良かったかな。
男4人集まると話す内容なんて、理系な話か、車の話か、アニメの話か、下ネタと相場は決まってますが、これが楽しいんだよね(笑)
N君あたりが非日常を味わえるからいいんだ、みたいなことも言ってた気がする。

最近はキャンプに快適さを求めすぎていたかもしれないな・・・
もっと荷物を少なく、不便さを楽しむ・・・って毎回毎回キャンプ行くたびこの話してる(笑)

うー、でも今年中に木崎マスはリベンジしたいけどなー

開くトラックバック(0)


本当は8月に行く予定でしたが、いろいろと諸事情によって中止となってしまったのですが、それでは物足りないV君さん、中学の同級生T君とで1泊2日の9/10 〜 9/11で木崎湖キャンプをすることに。

朝5時にV君さんの宅へ。
そこから高速乗って途中でT君を拾います。
今回は1泊2日とはいえYUSUKE氏がいないので、私がタープやら焚き火台、調理器具などの快適キャンプ用品を用意しなければならないので、忘れ物の無いよう・・・責任重大です(^^;


V君さんがスムーズに運転してくださったお陰でサクサクと中央道を北上。
途中、駒ケ根SAで休憩をとりつつも9時には「道の駅まつかわ」へ到着。

イメージ 1
 朝9時に来るとまだ温か出来立てのアルプスまんじゅうが食えるのだ(笑)

最近は毎回のように食ってますw 出来立ての野沢菜入りが美味いんだコレが。
あと450円で5個入りの「おやき」も購入するのが私の通例。
朝ごはんにおやつにと、安く手軽に食べられて美味い。(高速SAだと1000円くらいするしねw)


10時には木崎湖キャンプ場へ到着☆
9時開場なのでもう良い設営場所はないかと危惧しましたが、以外にも空いてたり。
もう夏休みは終わったものねw

イメージ 2
 みずほ桟橋のそばの場所をゲット!

今回は設営場所決めも、設営自体もサクサクと進めたので40分ほどでほぼ設営完了。
これはきっとYUSUKE氏がいると、あーでもないこーでもないと場所やタープの位置が決まらないからに違いない。(うそだからゆるしてね!ゆるしたらどうぐかしてね!たくさんでいいよ!w)


イメージ 3
 いつみても桟橋からの景色は最高。 これだけで来たことが報われる。

天気も晴れて良かった☆
ただ設営が早くに終わったのでまだ11時。
空腹にはまだ程遠いので、午前中に小熊山へ登ることに。


イメージ 4
 はい、相変わらず絶景!

程よく風もあってパラグライダーには良いロケーションだったようです。
そして何とも心地よい風の冷たさ・・・

イメージ 5
 空を飛ぶってやっぱりあこがれるよなぁ。かっけー。

12000円で確か体験できたはずだけど。。。
この地味に悩む値段w


イメージ 6
 下山後は昭和軒のかつ重990円。 美味いが最近食いきるのがキツくなってきたw

イメージ 7
 帰ってきたら玉無しさんが猫鍋中。 よしこれでブログの閲覧数が増えるな(^p^)

帰ってきたらまだ暑いくらいなので泳ごうか迷いましたが(水が冷たいから誰も泳いでなかったけどねw)、T君が初の木崎湖なのでちょっと聖地巡礼したいというので、星湖亭さんで500円で自転車を借りて木崎湖の案内をすることに。
V君さんは安定のお留守番 (迷言:エンジンの付いていないものは乗る気にならない)


イメージ 8
 歩いて星湖亭へ向かい途中キノコ発見。 アレ? これヒラタケじゃね?

おお、これはいいもn・・・! と思ってめくると既に虫食いだらけで中が空洞でした\(^o^)/ マチガッテタラ シテキ オネガイシマス


イメージ 9
 星湖亭の横のツインズOPの公園。

イメージ 10
 稲尾駅から一津踏切、海ノ口駅まで。

イメージ 11
 初めて上諏訪神社へもお参り。 参道撮るのはどうなのよってのはお許しください

本当はアニメのキャプ画と一緒に乗せたかったんだけど、めんどくさいのと最近忙しいので、過去の投稿でも興味があれば見て下さい(^^;

約50分で木崎湖1周完了。
途中T君がどんどん離れていく・・・ T君は運動不足か。。。(^^;

参拝後に参道でヘビをみたから、後で湖から綺麗なお姉さんが出てきたり、突然兄妹ができたりと、良い事があるかもしれない。
まぁ無かったけど。
自転車を返してもまだ日が高いので、泳げるかなーと思いつつ戻ると・・・


イメージ 12
 安定の北風と白波(^^;

15時〜16時頃から北風が吹き始め、20時から21時ごろには止む。
例年通りですね・・・
仕方なく、やることもないので16時に早めにゆーぷる木崎湖へお風呂に。
1時間ほどダラダラしていましたが、早めに帰らないと夕飯の支度に支障をきたすので明るいうちに戻ります。
YUSUKE氏がいないので、デカいランタンがないのだ(^^;


イメージ 13
 夜は気温的にもちょうどよい(17℃くらい)ので秋らしくキノコ鍋!

どうせ栽培物とか無粋なことは言わないw
今回のために家で鍋用に2軍落ちしてた新富士バーナーのST-301を持ってきましたが、ゴトクが大きくて安定してるので使いやすいですね。

イメージ 14
 食べ終わったら焚き火にあたりつつ、ビール☆

コ○リで買った薪が微妙に乾いてなくて、火が安定するまでチョット苦労した(^^;
1泊2日なので特に酒類を買い込んでいないので、早々に酒切れ。
0時ごろには就寝します。





翌日は9時ごろに起床。
思ったより寒く無くて夏用のシュラフ(と言っても限界値が−2℃だけど)でも快適でした。
残念ながら2日目は曇りでしたが、雨じゃないだけ良しとしましょう。


イメージ 15
 コーヒーとおやきを齧りつつSUPの集団を眺める。 この時期のSUPもいいなぁ。

のんびりコーヒー飲んでると、チビッコたちが冷たい水で泳ぎ始めたではありませんか。
見てたらムラm・・・じゃなかった、ムズムズしてきたので、たまらず私も水着に着替えて入水。
「裸の男なんて見たくなかったわー」と後で管理人さんに見つかるw

イメージ 16
 泳ぐにはギリギリの冷たさ!

でもまぁ9月の板取川ほどじゃないな(笑)
とはいえ、12時にはチェックアウトしなければならないので、あまり悠長に泳いでもいられません。
泳ぐのは少しにして、あとはサクサクとお片付け。
それからゴミの回収が原則持ち帰り or 要相談になってしまった様。
最近ゴミのマナーの悪い人があまりにも多いからだそう、いろんな意味で残念ですね。。。

管理人さんにまた11月ごろお邪魔しますねー、と挨拶しつつ時間通りに帰路に着きます。

イメージ 17
 昼は蕎麦を手繰りに手打ちそば「美郷」で大盛900円のそば。 のど越しが良くて美味い☆

食後は特に観光も寄り道もせずに帰宅。
17時に名古屋へ到着とか初めて明るいうちに帰宅できた(笑)

さて、次に11月はなんとしても2泊3日で来るとしよう☆
でも何して遊ぼう・・・!?w

開くトラックバック(0)


もう2週間前の出来事です (^^; スミマセン

4/2〜4/4の2泊3日で長野県大町市の木崎湖キャンプへ行ってきました。
中学の友人N氏とおなじみ高校の悪友YUSUKE氏の野郎3人です(笑)

朝5時にYUSUKE氏の自宅へ集合し、車に3人分のキャンプ道具と釣り道具を無理やり詰め込んで出発。
事後ったら荷物が全部前へ飛び出て3人ともオシャカになることでしょう/(^q^)\

途中、駒ケ根や梓川SA、道の駅まつかわで多めに休憩取りつつ木崎湖キャンプ場へ。
というのもYUSUKE氏はいつもの15分睡眠+腹痛、N氏は前日まで蓄膿+熱発というバッドコンディションだったものでw


イメージ 1
 とはいえ雪渓が近づき着々とキャンプ場へと近づいてゆきます。

キャンプ場へは10時に到着。
キャンプ場ほとんど片付いていないw
まぁ開場したのが前日でしたからね(^^;
とはいえすでにキャンパーの姿がチラホラ・・・一番乗り逃した!(笑)


イメージ 2
 管理人さんに挨拶してとりまサクっと設営。 もう流石に顔覚えられましたね(^^;

イメージ 3
 いつものみずほ桟橋ー。 N氏がちょっと感動してたw

初日は晴天で良かった☆
設営完了したら昼食へ。
いつもとは違う他に何か良い店ないか管理人さんに聞きましたが、結局同じ答えw
最近は信濃大町駅の駅舎内の立ち食いそばにハマってるそうですが・・・
帰りに寄ってみよう。


イメージ 4
 初日はまたも昭和軒のかつ重990円(笑)

まぁ安くて美味しいし、初木崎湖のN氏もいますしね。
腹痛いとか熱っぽいとか言いつつもお二方とも完食(;´・ω・)

食後は買い出しへ。
いつもそうなんだけど、満腹になると晩の献立が立たず、1時間近くスーパーであーでもないこーでもないとウロつく羽目になるんだよね(^p^)

買い出し後はN氏もいることだし、天気のいい初日のうちに小熊山登ろうと提案しましたがYUSUKE氏は睡魔が限界に来たと言うので、車だけ借りてN氏と2人だけで小熊山へ。


イメージ 5
 まだ雪結構残ってます。

あと登山道開通させて間もないので、道中崩れ落ちた尖った岩を避けながら山頂へ。
冬の間は、雪の重みで倒木や崖崩れが頻繁にあるそうな(^^;
途中カモシカと遭遇しながらもパラグライダー場へ到着。


イメージ 6
 いつ来たって最高の眺めなんだ木崎湖は。 文明の利器使ってでもw

イメージ 7
 まだ葉が生い茂ってないのでパラ場から中綱湖が見えました。

イメージ 8
 1人足りないよー・・・(´A`。)

ひとしきり楽しんだら下山。
帰りは直接キャンプ場へは戻らず、ちょっとだけ聖地巡礼へ。

イメージ 10
 まぁ海ノ口駅寄ったり、踏切見たくらいだけど。

戻ると結局寝ずに陸っぱりからスモールマウス狙ってるYUSUKE氏(´゚д゚`)ヲイ
合流して3人でバス狙いましたが3人とも反応ナシ。
去年はYUSUKE氏が40cmを陸っぱりから何本か揚げたそうですが、今年はスポーニングにはまだ早かったようで(-ω-;)


イメージ 9
 晩はポトフをつまみにビールにワイン。地元のあずさワインがクソ甘かった(^^;

翌日は木崎マス狙いに7時に出船なので早めに就寝します・・・
0時周ってたけどなw


2日目


イメージ 11
 釣りの休憩の合間に例のあのベンチやら滑り台をちゃっかり押さえておく。 

イメージ 12
 夕食は前日残しておいたポトフをカレーに変身☆

イメージ 13
 2日目にしてやっとゆっくり焚火を楽しむ(笑)

最終日は雨らしいし、撤収作業嫌だなぁーとか考えつつも、他に誰もキャンパーが居ないのをいいことに2時まで飲む始末。
後のことは考えない、雨とかきっと降らないさ(^p^)


3日目

イメージ 14
 まぁ雨だよね/(^o^)\

とはいえ幸いにも明け方前から降り出してた雨は、途中から小雨に。
朝食後いつものようにウダウダ片付けようとしていると、風だけがやたらと強くなってきました。

イメージ 15
 上の写真の1時間後には白波も。

するとまるで風にでもせかされたかのようにテキパキと片付けが進み、いつもは2時間かかるところが1時間で撤収作業完了!
これが神風ってやつか・・・(ヾノ・∀・`)チガウ

片付け後は管理人さんと駄弁りながら、改めて美味い店の情報収集。

イメージ 16
 上が玉無さん、下がチャミちゃん。

なんでも年長玉無さんの真似をしようとするチャミちゃん。
まぁなんたって1万年以上生きてる猫ですからねw
でも口内炎で食が細ってるらしいです、お大事に。。。


イメージ 17
 マッサージさせて頂く。

管理人さんから聞き出せたのは、結局信濃大町駅の駅そばが美味いということ(笑)
せっかくなので駅まで行ってみることに。


イメージ 18
 特製かけそば330円と特製ラーメン330円。

1人で2杯頼んだけど、おばちゃん特に何も反応しなかったな。
友人2人にはドン引きされましたがw
ラーメンのほうは大したことなかったですが、そばのほうは330円にしては中々のクオリティ。 美味しゅうございました♪


イメージ 19
 サッと食ってサッと出れて面倒くさくないのがイイ。

13時には大町を後にします。
帰りにスイス村や大王わさび農場で土産を物色。

イメージ 20
 今年は暖かったためか、すでに桜が咲いてました。

大王わさび農場は来年で開拓100周年とかで紅白幕出てました。
農場って何回か来てるくせに初めて奥まで観光しました(^^;

イメージ 21
 何通りもの巨大なわさび棚を人力で開拓とか昔の人は凄すぎる。

平日なのと小雨が降ってるのとで人も少なく、ゆっくり観光できました。
16時前には高速へ乗り、長野を後に。
さらば信州、また来るぜ。
途中やっぱりSAでお土産物色や休憩したため、19時すぎにやっと愛知へ帰還。

さて次に大町へ行けるのは何月になるかな・・・?

開くトラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事