ここから本文です
うぇんけばっはにアウトドアと晩酌日記
アウトドアや晩酌したもの、変な?趣味や仕事のことだったりを書いていく変人の日記・・・ つか、Wencke の綴り間違えてるしw

書庫GSR250・メンテナンス

記事検索
検索

全1ページ

[1]

現在fc2ブログに移転しておりますので、こちらの投稿はただの転載となります(笑)

移転先 ↓



愛車のMTスイフトを手放して早1ヵ月。
足として再活躍し始めたGSRですが、いかんせん、単車の宿命ですが荷物の積載量に限界があります(;^ω^)
手で持ってくのも風で煽られてジャマだし、そもそも危ないし。

そこで仕方なく見た目は多少悪くなりますが、キャリアを付けることにしました。





どこのメーカーがいいかな?と悩んだ結果、耐荷重が6kgとやや耐久力がありつつ、上面がフラットなデイトナのグラブバーキャリアに決定!
ただし公式でアッパーセンターカウルに穴空け加工しなきゃイケナイというチョット面倒&若干抵抗のある作業工程が追加になってしまいますが、その分耐久力が6kgまで保証されるのでコレにしました。
他のは3kgまでとかだったので(笑)  キャンプ用品結構重いしね。
上面にグリップがないのでタンデムシートからキャリアまでフラットになる設計で、デカいボックスでも積載できるのもコレに決めた理由の1つです。


P5255041.jpgんで通販でさっそく購入。 これで1万円なのは安いのか高いのか正直わからん。。。

過剰包装だったよ過剰包装(笑)
箱の中身は、キャリア本体、六角穴のボルト×1本、カラーM10とかいうスペーサーみたいなの×1個と、M8が×4個。
あと本体のパイプが穴空きっぱなしなので、塞ぐためのエンドキャップがついてます。

P5255042.jpgまずは純性のグリップを外す。

意外とこのグリップがスタイリッシュさを演出してて好きだったんだけどな(^^;
まぁ仕方がない。
このグリップ外した後の純正ボルトはキャリアの固定にも使用するので無くさないように注意です。

P5255054.jpg純正グリップを外したら、先にキャリアを一度仮固定。

キャリア中心部の穴からマジックを突っ込んでグリグリ回して、穴を空ける場所に印をつけます。
私はリアカウルをいったん全部外してしまってから、穴を空ける場所が分からないことに気付きました(アホw)
というのも、他のブロガーさんの記事を拝見すると、リアカウルを外すと裏側に「ココに穴を空けよ」という印があると聞いてたんですが、なぜか私のGSRにはその印が無かったんですよね・・・??

P5255044.jpg そんなワケでもう一度キャリアを外す(笑)

P5255045.jpg 左右4つずつ(確かw)+ドライバーでネジを外します。

P5255046.jpg カウルが車体のゴム穴に固く差し込まれてたりするので、外すときは無理に引っ張らない様に。。。割れたら泣くに泣けないw

さぁネジ全部外したら取れるかなーと思ったらまだなんか突っかかってる・・・

P5255048.jpg なんかまだプラ製の押しピンみたいなのが刺さってた(^^; どんだけ固定させてんの(笑)

さて、これだけではまだカウルを外せません(笑)
シート下のロックを取り外します!

P5255050.jpg コイツがカウルの鍵穴とワイヤーで繋がってるのです(笑)

P5255052.jpg やっと外れたー!!(;^ω^)

P5255053.jpg後でここの穴にスペーサー(カラーM10)がハマるわけだな。

暑いので一旦自宅に避難して涼しい部屋でカウルの穴あけ加工に入ります。
その前に風呂場でカウルを洗浄(笑)
裏側は砂ぼこりまるけで超汚かったので(^^;

P5255055.jpg ドリルで穴あけして、最終的にこのカラーM10が入るまでの大きさに広げます。

P5255057.jpg目標まで近づいたらあとはヤスリで少しずつ削っていく方が失敗しにくいと思います。

最終的にΦ22mmまで穴を広げるんですが、イキナリ径の大きいドリルでやると割れる可能性もあるので、最初は小さめのドリルで穴あけ。
力任せに削ってたら何度か穴から外れて勢いあまってカウルにキズ付けちゃった・・・(´・ω・`)


カラーM10が入るようになったので再度カウルを車体に取り付け。 シートロックも忘れずにね(笑)
グラブバーキャリアを純正ボルトと、カラーM8をスペーサーにして装着。(写真忘れた・・・w)

P5255064.jpg 六角穴ボルトを締めこんで完了! 多少 車体と穴がズレてても気合で何とかなります(笑)

P5255066.jpg 無事取り付け完了!☆

穴あけ加工に時間かかって2時間もかかっちゃった(^^;
穴あけイヤだって人は他のキャリアにした方がいいと思いますが、それさえ乗り越えられれば、耐荷重6kgというスペックが待ってます(笑)
穴あけ加工しなくてもキャリアは付きますが、その場合 耐荷重が何kgなのかは書いてないので不明です。。。
でもコレ、キャリアとカウルの隙間にゴムシートみっちり詰め込めば同じスペック得られるのでは・・・!?


さて、あとはどのトップケース付けようかな?(まだ決めてないんかい!w)

開くトラックバック(0)

バイク乗り換え GSR250


さて、7月の頭に愛車ゼルビスを手放しまして2週間、正直足が無くて不便な生活を強いられておりました。
が、やっと電車を乗り継いではるばる小牧まで取りに行ってきましたよ(笑)

手に入れたバイクは「SUZUKI GSR250」です!
 これでめでたく私も鈴菌感染ですな

イメージ 1
 なかなか250ccにしては重厚感があります。

イメージ 2
 2本出しマフラーもイイ感じ。

見た目は申し分なし。
中国スズキ製ですが、個人的には安っぽさはあんまり感じられないかな?
だから買ったんだけど(笑)
他の東南アジアなどの海外生産のバイクは、いかにも! って見た目だったので、安いけど購入ためらってたからね。

んでバイク屋で受け取って、2、30kmほど街中や河川敷を乗り回してみての感想ですが。。。


安い割にはインパネがしっかりしてる。 でも位置が低くて速度表示が見にくいw
 結構首が下向く。最初乗った時、オフ車のインパネ位置に似てると思った。
     私の座高が高いせいもありますがw
ハンドルがものすごく軽いのでコーナーですごく手元がふらつく。
 安定性したコーナリングがしにくい。
     逆に街中や細かく取り回せるので、かなりタウンユース向けな感じ。
183kgと、ゼルビスより10kg近く重くなった。 250ccクラスにしては重い?
     身長180cmの私には、足つきいいので気にならずw
      多少加速が衰えるかと思いましたが、そこまで気にならない。
アイドリング時のエンジン音が、マジで原付二かと思うくらい軽い。
 個人的にはこれが一番気に入らないw クソださいと思ったw
     逆に言うとかなり静か。住宅街でも多少気兼ねせずに済むかも。
      5000回転くらいまで回すと、多少高音がいい感じ。。。?

あとは初めてのインジェクションだったので、なんとなくアクセルワークの遅れる感じに違和感ありますが、全体にはいい買い物だったかな。
14000kmの2年落ちで車体価格22万と、異様に安いw

バイク屋に3台GSR250あったんですが、大して年数経ってないのにサビが目立ってたり、ウインカー内に水が浸入してたり、やはり細かいところ見るとやはり中華製かといった感じです。
もし購入を考えている方は、年式と比べて細かいところの劣化が異様に速くないかなど、よく確認した方が良いかと思います。



さて、購入時にバイク屋のおっちゃんに、「フロントがカックンブレーキだから気を付けてね」と言われ、乗ったらホントに前輪がカックンブレーキ。
超乗りにくかった(笑)
そこ調整してくれないんかい!w

なので3連休の間にブレーキキャリパーのお掃除。

イメージ 3
 フロントキャリパーはこの2本のボルトを緩めると外れます。

イメージ 4
 キャリパーが外れたら、このネジをマイナスドライバーで外して・・・

イメージ 5
 外すとパッドを支えるピンが見えるので六角で抜きます。

イメージ 6
 パッドが外れました。

イメージ 7
 かなりブレーキダストが溜まってますね。汚ねぇ(;^ω^)

イメージ 8
 ピストンの方もカスとホコリだらけ(;^ω^) 油っ気なし。

まずはピストン周りを掃除。 使い古しのハブラシなんかが使いやすいです。
綺麗になったらピストン周りにシリコングリスを塗布。
ホントはラバーグリスのほうがいいそうですが、手元にないので(^^;

イメージ 9
 んでブレーキパッドの裏にグリス塗ろうと思ったら・・・ え、黒くね?w

こんな色だっけ?? 最初白かったような・・・(笑)
しばらく使ってなかったら、めっちゃ酸化してるやん(^^;
まぁいいやw パッドとピストンの当たる部分に塗布して終了!
リアは面倒なのでもう書きませんw

キャリパー組み立ててみたら、パッドの当たり具合が変わってることもあるので、何度か走ってからフルブレーキングして効き具合の確認。
ブレーキ周りやチェーン周りをいじったときは必ず試乗!
ブレーキはケガに直結しますからね。

よしよし、カックンブレーキは解消されました☆


イメージ 10
 そういや、意外にもGSR250のシート下にまずまずの収納スペースが!

車載工具のスペース以外に、です。
500mlのペットボトルならギリ2本イケそうなカンジ。
キレイに畳めば、レインウェアもイケそう?
取り敢えず、自前の良く使う工具や自賠責の書類を収納。
流石にゼルビスほどのチート収納はムリですが、普通のネイキッドにしては十分でしょう☆


開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事