鑑賞

自分の中では60年代の音がグルグル渦巻いている。 もう50年も前の音。 その頃自分は小学校1年生だった。 叔母が19歳。 その叔母の影響で、小学生にしてはマセた音楽を聴いていたが それがそのまま止まってしまって 70年代以降の音にはついて行けなくなって 今は思い切りズレた音楽を聴いている。 笑うしかないけど、まぁいいか。

その他の最新記事

すべて表示

10

2017/4/19(水) 午後 8:34

僕が物心ついたのはたぶん1歳になるかならないかの頃だろう。 ある写真があって、そこには母の友人に抱かれて脹れっ面をしている自分がモノクロで写っている。 その時の気持ちは鮮明に覚えている。 「この人、僕をママから引き離した」 そんな幼児の言葉で。 誰でもそうだろう。 それくらい母親は幼児にとっては絶対の信頼であり、安心 ...すべて表示すべて表示

9

2017/4/16(日) 午後 7:56

「鏡」 鏡に映る自分の顔は 母親が望んでいた顔ではないのだろう。 妹の顔もそうだ。 古い写真。 僕を抱いている母親。 本当はあの方との子供が欲しかったと思っていたのだろうか。 悪かったね、その顔になれなくて。 現実では母親は亡くなり 父親は長寿を保っている。 これは言うなれば ...すべて表示すべて表示

8

2017/4/10(月) 午後 1:51

「父親の言葉と母親の言葉」 先の叔母の言葉や妹の言葉に加えて 父親「おまえがすることに反対はしない。好きなようにしたらいい」 母親「周りがなんと言おうとあんたは私が守る」 自分を囲む親しい間柄の人たちの言葉を冷静に鑑みたら 自分が生まれて息をしている位置がやっと見えてきたような気がする。 この言葉の差に、自分の ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事