全体表示

[ リスト ]

せっかくカスタムした車両ですので、もう一度奇麗に仕上げることにしました。

とりあえずアルミパーツの腐食が目立つので
 ・スイングアーム
 ・ステップ
 ・トップブリッジ、アンダーブラケット
 ・アウターチューブ
 ・その他の小物
を根岸研磨にてバフ掛けしてもらいました。
バフ掛けと言っても鏡面仕上げではなく、純正風が好みなので「しっとり仕上げ」で依頼しました。

そしてRサスは憧れのオーリンズです。

イメージ 1

奮発して初期型ガンマ用に作ってもらいました。


イメージ 2

前後ホイールは西村コーティングにてダイヤモンドコートです。
(さすがに高価な塗装だけあって、4年経った今でも非常に奇麗です!)
スプロケは汚れを落としただけですが、ボルトは新品に交換しました。


イメージ 3

前後キャリパーは金色アルマイト加工をしたのですが、これは大失敗!!
シール部分の溝がボロボロになり、ブレーキフルードが漏れてしまう状態になりました・・・
Fキャリパーは全滅、Rキャリパーも内側はダメで外側だけが使える状態でした。
ボルトやシールは新品に交換です。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事