全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1
さて、アルミボートを載せたトレーラーですが、ちょっとくだらない事を考え始めました。

イメージ 2
トレーラーに装着されているホイールはノーマルの12インチ鉄っちんホイールです。
そしてタイヤは12年前に購入してから一度も交換していません。
走行距離は少ないから溝は新品並みですけどね・・・

そこで、思い付きでホイール交換をすることに・・・

イメージ 3
最初はN-BOXの純正ホイールでも付けようかと考えました。

ただ、ボルト穴のピッチが違うんですよね〜
最近の軽自動車はPCD100ミリですが、このトレーラーはPCD114.3ミリです・・・

イメージ 4
ピッチを変換するスペーサーを購入!
これを付ければ大丈夫♪

と思い、N-BOXの中古ホイールを探していたところ、なかなか良い出物がありません・・・
2本だけ、それも比較的綺麗な物が欲しいのですが、そう都合よく見付かりませんよね。

その後も継続して探していたところ、ある社外ホイールが目に留まりました。

そして、しばらく悩んで購入することに・・・


イメージ 5
4本セットなんですけどね・・・

それも、異なるメーカーが2本ずつです・・・

それは


イメージ 6
こんなホイールでした♪
これ、PCD114.3ミリなのでボルトオンのハズです♪

イメージ 7
RSワタナベが2本と

イメージ 8
ブラックレーシングが2本です♪


N-BOXの純正と違って13インチなんですが、もともとN-BOXの14インチだと乗り心地(荷物の?)が悪くなるかな〜なんて思っていましたので丁度良いと思いました。
トレーラーと言う性格からあまりインチアップしたくなかったしね!

両メーカーで幅やオフセットが多少違うのですが、私の希望としてはRSワタナベを自分のトレーラーに取り付けて、ブラックレーシングは売却しようと考えていました。

そこで、両方を取り付けてみることに・・・

イメージ 9
ブラックレーシング

イメージ 10
仮付けしてみましたが、問題ありませんね!
オフセットも特に問題なく、フェンダーからハミ出す事もありませんでした。

次は、RSワタナベです。

大丈夫かな?




あれ?



ハマらないよ?



え?



なんで?



あっ、ボルト穴のサイズが違う・・・


イメージ 11
ブラックレーシングは12mmボルト用の穴サイズでしたが

イメージ 12
RSワタナベは10mmボルト用の穴サイズでした・・・


チーン・・・



マス釣りへGO♪

先月、子供とマス釣りに行こうと計画を立てていました。

しかし、リールとルアーが見つかりません・・・

最後に使ったのはいつだったか・・・

調べたところ、2年前の事でした。

イメージ 1
仕方がなく、予定日の前日に急遽スプーンを8個と釣った魚を入れるネットを購入!
リールは沢山持っていますので大丈夫です。
まぁ、糸は巻替えないとダメですけど。

さて夜になり、釣りの準備を始めようと最後にもう一度、物置部屋を探してみると・・・

イメージ 2
あっ!あった・・・

ネット、リール、ルアーが入ったビニール袋が無造作に置いてありました。

イメージ 3
この、恐ろしいほど散らかっている物置部屋から見付かった訳です・・・

先日テレビで見た、宮川探検隊が荒野から隕石を探すことより遥かに難しいと思われます。

私としては釣り道具が入っているケースに仕舞ったと思っていたのですが、ビニール袋に入れて放置していたとは・・・

イメージ 4
中には愛用のスプーンが入っています♪

余計なスプーン、買わなきゃ良かったよ・・・

イメージ 5
6月25日(火)、山梨県にある小菅フィッシングビレッジに行きました。

平日ですから貸し切りみたいな感じです♪

イメージ 6
この日はエサ釣りとルアーの両方を楽しみました♪

イメージ 7

イメージ 8
釣りを一緒にやる予定でしたが、4歳のうちの子にはまだ早かったようでした・・・
エサ釣りでも、じ〜っと待つことが出来ず、ルアー釣りでも上手にリールを巻くことが出来ない感じ・・・
飽きっぽいこともあり、走りまわって遊んだり、お菓子を食べたり、河原の石で遊んだりしていました。

そして、私は釣りに夢中になるのでした・・・


イメージ 9
さて、お昼にしましょう♪

イメージ 10

イメージ 11
レトルトのご飯とカレー

イメージ 12
思いっきり手抜きです・・・

イメージ 13
まぁ、こんな手抜きでも外で食べると楽しいですよね♪

イメージ 14
サービスで焼いてもらったニジマスも美味しかったです♪

イメージ 15

イメージ 16
結果、4時間ほど滞在して18匹の釣果でした♪

はい、全部私が釣りました・・・

次は子供に釣ってもらいたいですね!

イメージ 17
釣りの後は温泉へGO♪

イメージ 18
温泉の後はお楽しみのデザートを!

イメージ 19
ピーナッツ味のアイスを食べて、ご機嫌です♪

その後、河原に子供のサングラスを忘れてしまったことから釣り場に戻り探したのですが、なかなか見つかりません・・・

私が諦めかけたところ、子供が発見!



イメージ 20
その時の記念の1枚

また、子供と釣りに行きたいですね!






さて、先日の続きです。

イメージ 1
今から25年くらい前でしょうか、職場の先輩から時計を買ったことがありました。

イメージ 2
1990年に先輩が購入した物のようで、私が先輩から買ったのは1995年頃だった気がします。
確か1万円で購入したと思うのですが、自分がその後、何年使ったか詳しい記憶がありません・・・
私が買ってから電池交換をした記憶が無いので3年程度なのかな?
もしかしたら電池交換したかも知れませんが・・・

とりあえず、20年位は電池切れで放置していたのですが、なんとなく復活を決意して修理店に持ち込むことにしました。

イメージ 3
船舶免許の更新で新宿に行ったので、ついでに持って行った訳です。

イメージ 4
目の前で中身を確認され、腐食が酷いと指摘されました・・・

まぁ、7〜8年前だったでしょうか、時計の量販店に持ち込み、メーカーに出して見積もりを出してもらったところ、全部直すと7万円を超えると言われ、その時も中が錆びているとの指摘を受けていましたからね・・・

なんでも、腐食等で壊れていると中身を交換して修理するとの事。
ムーブメント交換と言うらしいですね・・・
なんか中身が交換されてしまうと別の時計になってしまう気もしますが、所詮電気製品ですから修理じゃなく交換なんですね。

イメージ 5
この時計、ほかにも問題があり

イメージ 6

①ベゼルが逆に回ってしまう
②日付の「19」の部分が少し欠けている
③長針の夜光部分が破損している

などがあります。

この点を相談すると③は店で修理出来るが、①、②はメーカーじゃないと修理出来ないとの事・・・

ここで少し考えてしまいましたが、結局のところ

動けば いいや

との結論に至り、完璧な修理を求めず、時計の機能のみの復活を目指す事にしました。
やっぱりメーカー修理で多額の費用を掛けるのは勿体ないですからね・・・

そんなこんなで修理を依頼し、約1か月後に取りに行くと

イメージ 7
無事、復活♪

イメージ 8
これが交換されたムーブメントです。
交換したムーブメントもタグホイヤーに納入されているのと同じメーカーが作っているらしいです。
スイス製らしいですけど私にはよく分かりません・・・

イメージ 10
修理内容はこんな感じ

一番下の針の夜光再塗布は1本1000円で3本とも実施しました。

上から見ると、分解清掃、パッキン交換、電池交換、回路交換は分かります。
なに?非防水仕様

この時計、本来は200m防水なのですが、もう防水性能は無いとのこと

私の中ではパッキンを交換すれば防水性能は維持されるものだと思ってしたが、古くなるとダメとの事・・・
パッキン部分以外で隙間や摩耗により防水性は失われて行くらしい・・・

そこで私は尋ねました

 日常生活程度の防水性ですか?

 それもないです。濡らさないでください。

 ・・・

なんてこった・・・


イメージ 9
この値段を安いと見るか高いと見るか・・・

私は時計について全く詳しくないのですが、こんなもんなのでしょうか・・・

そう言えば、先日妻が30年くらい前に製造された海外製の機械式腕時計を買いました。
その店は、購入後にオーバーホールされ、完了後に引き渡されるシステムなのですが、最初から「防水性なし」として売られていました。

やっぱりそんなもんなのかな〜


ちなみに

イメージ 11
先日買った、中古のナイトホークですが、1か月で電池が切れました・・・
なんと言うタイミング(笑)

イメージ 12
この時計は防水性は気にしていないので自分で電池交換です!

イメージ 13

イメージ 14
新品からの電池のようですね

この時計は電池寿命が10年となっています。

イメージ 15
日本製の電池にしましょう♪

イメージ 16
はい復活♪

本当に10年もつのかな?

ちなみに、普段使っている大事なルミノックスは電池が切れたらメーカーに出しますけどね!


アルミボートの復活?

イメージ 1
もう何年放置しているでしょうか・・・

最後に浮かべたのは2004年だったと思います。

イメージ 2
妻に手伝ってもらい、外に出しました。

イメージ 3
泥と葉っぱが

イメージ 4
いっぱいです・・・

イメージ 5
とりあえず、高圧洗浄機で洗いました。

イメージ 6
このアルミボート

イメージ 7
船底に補修跡があります。

イメージ 8
内側から見ると

イメージ 9
こんな感じです。

イメージ 10
このボート、この様な鉄パイプでクシ刺しになった過去があります・・・

それは茨城県の北浦での事

プレーニング状態で航行中、水面ギリギリに出ていた(出ていなかった?)鉄パイプに乗り上げ、鉄パイプが船底を突き破りました・・・

突然の衝撃で船が急停止し、何事かと思ったところ足元に鉄パイプが突き出ており、隙間から水が溢れていました・・・

なんとか抜け出そうと頑張りましたが自分が船に乗っている状態だと脱出出来ませんでした。

岸までは100メートルもなく、ライフジャケットも着てますから命の危険は一切ありませんでしたが途方に暮れていたところ、遠くにアルミボートの姿が見え、大きく手を振って合図をしたところ異常事態を悟って近付いて来てくれました。

その後、二人して船体を揺すって何とか抜け出し、無事に帰港しました。

そんな思い出のあるアルミボートなんです!

まぁ、話が長くなりましたが、そんなボートを再度、水に浮かべたいと思って復活計画が始まりました♪

イメージ 11
手始めにトレーラーの改良です。

今まではカートップでボートを運んでいましたが、ステージアもジムニーも手放してしまったのでトレーラーで運ぶことにします。

イメージ 12
バイクトレーラーを購入した時からアルミボートも載せたいと思っており、ボート用のアタッチメントは購入済でした。

トレーラーを購入したのは2007年ですから、このアタッチメントも12年間放置してあった訳です・・・

イメージ 13
載せてみると、思った以上に大きく感じられました。

イメージ 14
車庫に置いていると、とっても邪魔です・・・

余計なことをしなきゃ良かったかも・・・

イメージ 15
秘密の部屋に船外機が放置されています・・・

イメージ 16
マーキュリー製の5馬力エンジンです。

ガソリンを入れたら動くと思いますが、大丈夫かな?



梅雨入りしてからバイクに乗ることも整備をすることもありません・・・
仕事も忙しいしね・・・

そこで先月のお話

イメージ 1
以前も記事にしたことがありますが、普段使っている腕時計はルミノックスのナイトホークです。
10数年前の誕生日プレゼントですから大事に使っております。

イメージ 2
職場で外仕事をする時はGショックですね。
うちの職場、Gショック率90パーセント位じゃない?

そんな腕時計ですが、ルミノックスは以前ベルトが壊れた際に新品交換したら3万円以上掛かったこともあり、予備のベルトでも用意しようと考えて・・・

イメージ 3
中古のナイトホークを1個買ってしまいました・・・
だって新品ベルト代の三分の一以下の値段なんだもん♪
こちらのナイトホークは後期モデルなので個人的には興味が無かったのですが、値段に負けました(笑)

イメージ 4
多少ベゼルに傷がありますが、全体的には綺麗な物でした。

イメージ 5
そして、安価なラバーベルトを購入♪
こんなベルトが送料込みで1000円以下!
耐久性は未知数ですが、価格破壊恐るべし!

この安価なベルトを付けて後期型のナイトホークも時々使ってあげよう!


そして・・・

イメージ 6
新品同様の初期モデルも買ってしまった・・・
ベルトは純正じゃない物ですが、本体は未使用に近い状態です♪
これは誕生日プレゼントが万が一にも壊れたら部品取りにするか?

こんな感じでバイクや部品を売ったお金で無駄な買い物をしていたのですが、使ってない時計を捨てずに持っていることを思い出しました。



イメージ 7
両方とも90年代前半くらいに使っていたものです。
右の時計はシチズンのクラブラメールと言うシリーズかな?
左はタイメックスですね。
就職して数年した頃に流行っていた記憶があります。

その後

イメージ 8
職場の先輩から中古のタグホイヤーを1万円で購入したことからクラブラメールもタイメックスも使うことがなくなり、電池切れして今に至ります。

そして、このタグホイヤー、以前にも記事にしましたが、電池交換で復活させようと店に持っていったら、中身の腐食やその他いろいろで

修理代7万円以上

と言われて断念したことがあります・・・

そこで、これらの時計を自分で電池交換してみようと考えました。

イメージ 9
こんなセットが2000円もしないで買えます。
まぁ、高級時計には使っていけないレベルの工具でしょうか・・・
と言うか、高級な時計は絶対に店に出したほうが良いです。

イメージ 10
壊れているタグホイヤーなので気軽に開けちゃいましょう♪

イメージ 11
素人の私には錆って言うのが良く分かりませんが

イメージ 12
電池を交換しても動きませんでした・・・

残念!

イメージ 13
クラブラメールの中身はこんな感じ

イメージ 14
電池を買って交換したら動きました♪

イメージ 15
タイメックスは

イメージ 16
こちらも電池を交換したら動きました♪

イメージ 17
2本復活♪

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20
インディグロナイトライトもちゃんと光ってくれました♪
当時流行ったんだよな〜

さて、自分で電池交換してみましたが、普通の腕時計の電池交換なんて1000円程度なので店でやった方が良いでしょうね・・・
何度も自分でやれば元は取れるかもしれませんが・・・

さて、次はタグホイヤーの復活編です・・・



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事