トレーラー

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

さて後編です・・・

イメージ 1
購入したワタナベのホイールは、予想外の10mm用の穴サイズ・・・

トレーラーのスタッドボルトは12mmですから付く訳がありません・・・


さて、困りました・・・

せっかく買ったのに・・・

仕方がありませんね・・・

やりますか・・・

えっ?




大方の予想どおり、やることにしましたよ・・・

穴の拡大です・・・


でもね、私の家にある工具じゃ無理なんです。
ボール盤じゃホイールが入らないし、ハンドドリルでは大きなドリルの刃は装着出来ません・・・

そこで・・・

近所にある小さな金属加工の工場に相談してみました。

ホイールのボルト穴を大きくしたいのですが・・・

大きなホイール?タイヤ付き?機械に入るかな〜

13インチの軽自動車のようなホイールでタイヤも付いた状態です。

出来ると思うから持って来な!


イメージ 2
さぁ、行きましょう♪


そして持って行くと

これならハンドドリルで出来るから自分でやりな!
 工具は貸してあげるよ!

でも、ドリル貸しちゃってて今無いから今度来な!


イメージ 3
って事で後日改めて訪問・・・

イメージ 4
ドリルの刃は12.7mmを借りました。

イメージ 5
持参した潤滑スプレーを使い、恐る恐る作業を開始します・・・

無償で借りているドリルですから慎重にね・・・

表面だけ軽く削って確認していると

いいよ、俺がやってあげるよ。怪我でもされちゃ困るしさ〜

イメージ 6
もう、全部丸投げです・・・

ひと穴、2秒くらいでしょうか。瞬殺ですよ・・・

さすがに全部丸投げしちゃったのでお代を払おうとしたところ

いいよ、お金はいらないと最初に言ったんだから!

と、頑なに「お金はいらない」と言うのですが、1000円だけ受け取ってもらいました。

イメージ 7
うん、これで大丈夫でしょう♪

イメージ 8
自宅に戻り、仮付けしたところ問題なし!

そして、次はタイヤ交換です!

当初、近所のカー用品店で交換しようと思いましたが、大手国産タイヤで16000円ほど、オリジナルブランドの安い物でも13600円との事・・・

イメージ 9
結局、ネットで購入することに・・・

イメージ 10
安価な中華タイヤではなく、ダンロップ製ですよ!

送料込み、1本2700円♪

下手な中華タイヤより安く売っていたのでラッキーでした♪

イメージ 11
交換は、タイヤの持ち込み交換を安価にやってくれる、隣接市にあるガソリンスタンドを選びました。
1本あたり、組換え・バランス調整で1080円

イメージ 12
廃タイヤ処分324円、ゴムバルブ交換270円

全部で3348円♪

ダイヤ代込みでも8748円と安く済みました♪


イメージ 13
さて、交換前に少し作業をしましょう。

ノーマルではハブのキャップが銀色なので・・・

イメージ 14

汚れを落としてペーパーを掛け、耐熱スプレーで塗装して〜

イメージ 15
いつものチーン♪

イメージ 16
はい、出来上がり♪

イメージ 17
次はホイールナットを交換しましょう。
ノーマルは貫通タイプで工具サイズが22mmとデカいです。
これだと、工具がホイールに接触してしまい使えないので・・・

イメージ 18
19mmと、スリムなタイプを購入してみました。

イメージ 19
さて、交換!

イメージ 20
オフセットも問題なしです♪

イメージ 21
12インチから13インチに変更。

タイヤサイズは
145R12から155/65R13

イメージ 22
思い付きで始めたホイール交換でしたが、なんとか無事完了しました♪


イメージ 1
さて、アルミボートを載せたトレーラーですが、ちょっとくだらない事を考え始めました。

イメージ 2
トレーラーに装着されているホイールはノーマルの12インチ鉄っちんホイールです。
そしてタイヤは12年前に購入してから一度も交換していません。
走行距離は少ないから溝は新品並みですけどね・・・

そこで、思い付きでホイール交換をすることに・・・

イメージ 3
最初はN-BOXの純正ホイールでも付けようかと考えました。

ただ、ボルト穴のピッチが違うんですよね〜
最近の軽自動車はPCD100ミリですが、このトレーラーはPCD114.3ミリです・・・

イメージ 4
ピッチを変換するスペーサーを購入!
これを付ければ大丈夫♪

と思い、N-BOXの中古ホイールを探していたところ、なかなか良い出物がありません・・・
2本だけ、それも比較的綺麗な物が欲しいのですが、そう都合よく見付かりませんよね。

その後も継続して探していたところ、ある社外ホイールが目に留まりました。

そして、しばらく悩んで購入することに・・・


イメージ 5
4本セットなんですけどね・・・

それも、異なるメーカーが2本ずつです・・・

それは


イメージ 6
こんなホイールでした♪
これ、PCD114.3ミリなのでボルトオンのハズです♪

イメージ 7
RSワタナベが2本と

イメージ 8
ブラックレーシングが2本です♪


N-BOXの純正と違って13インチなんですが、もともとN-BOXの14インチだと乗り心地(荷物の?)が悪くなるかな〜なんて思っていましたので丁度良いと思いました。
トレーラーと言う性格からあまりインチアップしたくなかったしね!

両メーカーで幅やオフセットが多少違うのですが、私の希望としてはRSワタナベを自分のトレーラーに取り付けて、ブラックレーシングは売却しようと考えていました。

そこで、両方を取り付けてみることに・・・

イメージ 9
ブラックレーシング

イメージ 10
仮付けしてみましたが、問題ありませんね!
オフセットも特に問題なく、フェンダーからハミ出す事もありませんでした。

次は、RSワタナベです。

大丈夫かな?




あれ?



ハマらないよ?



え?



なんで?



あっ、ボルト穴のサイズが違う・・・


イメージ 11
ブラックレーシングは12mmボルト用の穴サイズでしたが

イメージ 12
RSワタナベは10mmボルト用の穴サイズでした・・・


チーン・・・



イメージ 1
さて、また車検を切らしてしまっていたトレーラーですが、ちょっと車検を取ることにしました。

イメージ 3
今回の車検では要整備か所が1か所ありました。
丸形の反射板が劣化して割れていたので交換しました。

イメージ 2
あとはバックランプを交換することに

イメージ 4
今までは非常に安価なLEDライトをバックランプにしていましたが、日中の視認性があまり良くないので交換することにしました。
まぁ、特に問題になるような状態では無かったのですが・・・

イメージ 5
購入したのはこちら

イメージ 6
レイブリックのバックランプです。

R32スカイラインに乗っていた時は頻繁にスキーに行っていたのでフォグランプを装着していましたが、レイブリック製でした。
また、ジムニーに取り付けていたヘッドライトもリアフォグもレイブリック製でした。
安心できるブランドですね♪

イメージ 7
さて、装着♪

イメージ 8
かなり明るそうです。

イメージ 9
さて、整備完了♪

イメージ 10
6月24日(月)、夜勤明けですが軽自動車検査協会まで行って来ました。

しかし、誤算がありました・・・

車検証と高さが異なるとの指摘が・・・

最初は何故だか分かりませんでしたが、良く考えてみると思い出しました。

イメージ 12

私のトレーラーは購入時、こんな感じでレールの先端が斜め上方に向いていました。

イメージ 13

でも、バイクを載せやすくカスタムした際に切断したんですよね〜
今までの車検では一度も言われた事がなかったのですっかり忘れていました。

これでは確かに高さが変わりますよね・・・

って事で高さ変更の構造変更手続きになる訳ですが、ここで再び指摘が・・・

なんでもバイクトレーラーの要件には「バイクを固定する装置が備わっていること」とあるそうで、前輪を固定する装置を切断した私のトレーラーではバイクトレーラーとしての要件を満たしていないとの事・・・

この指摘を受け

終わったな・・・

と諦めて出直そうとしたところ、検査員の機転が!

検査員はレール先端の穴を見て、「ここに鎖を付ければタイヤを固定出来ますよね?」と問い掛けました!

私は「はい出来ます!」と元気よく答えました(笑)
そして、手持ちの鎖を取り付けて要件をクリアー♪
なんとか構造変更への道が開けました♪

イメージ 11
そして屋内の検査場所へ

中では長さ、幅、高さ、重量まで計測し、写真撮影まで実施されます。

イメージ 14
そして構造変更終了!

イメージ 15
高さが82cmから64cmに変更されました。

また、オートバイ固定金具も変更になりました。

イメージ 16
車検も無事終了したので仮ナンバーから本来のナンバーへ

イメージ 17
トレーラー復活♪

自賠責 5010円
重量税 6600円
検査料 1400円
仮ナン  750円



イメージ 1
使用予定が無かったことから車検が切れたままだったトレーラー・・・

昨日、車検を取りに行って来ました♪


イメージ 2
その前に一年前の作業から・・・

イメージ 3
以前からソケット部分が壊れており

イメージ 4
昨年の6月に交換作業を実施していました。

安価な無名メーカーの物もありますが、今後の事を考えてそれなりの物を選んでみました。

イメージ 5
と言っても2400円なんですけどね・・・

イメージ 6
壊れた物から配線を外して

イメージ 7
新たに接続して終了です。

この作業を1年前に実施したのですが、その後も車検を取らずに放置していました。


イメージ 12

イメージ 13
ステッカーを購入♪

イメージ 14
洗車と灯火類の点検を実施して

イメージ 8
仮ナンバーを取り付けて出発!

やっとNボックスで牽引する日が来ました🎵

イメージ 9
専用駐車スペースに駐車して検査開始♪

イメージ 10
当然合格です♪

イメージ 11
今回から車検のステッカーをナンバーに貼るようになってました・・・

イメージ 15
仮ナンバーから本来のナンバーに交換して終了〜

トレーラー復活♪

自賠責 5010円
重量税 6600円
検査料 1400円
仮ナン  750円


最近活躍の機会が少なくなっていたバイク搬送用トレーラー
 
牽引車であるジムニーと同時の車検にしようと思い、去年の9月から車検を切らしたまま放置しておりました。
ジムニーと一緒にすれば手間が1回で済みますからね〜
 
しかし、バイク搬送の依頼があったので急遽車検を取得することに・・・
寺泊ツーリングの翌日7月11日の事です。
 
 
ジムニーの車検は真冬の1月トレーラーは真夏の7月
なんかタイミングが悪いですね〜
春か秋の車検が一番快適かも知れませんね!
 
夏や冬に整備をするのは過酷デス・・・
 
 
 
イメージ 1
エンジンが付いている訳でもないので整備と言っても簡単
ネジの緩みや灯火類のチェックをして終わりです
 
 
イメージ 2
電装のソケットにガタがあったので端子を調整して終了
 
 
イメージ 5
あとは駐車ブレーキを取り付け
 
普段、トレーラー単体で路上等に駐車をする事がないので取り外しているんですよね〜
もちろん本来はダメですが・・・
 
 
イメージ 6
駐車ブレーキを言っても単なるチェーン
左側のフックをホイールの穴に引っ掛けるだけの簡素なブレーキです。
 
今回は自転車のチューブを付けてみました。
 
 
 
イメージ 7
 
さて、自賠責の加入&仮ナンバーの取得をして、いざ車検場へ
 
新しくなった多摩支所でトレーラーの車検を受けるのは初めてです。
 
 
 
イメージ 8
トレーラー用の駐車スペースもあるんですね〜
 
 
 
イメージ 9
書類作成と受付を済ませて検査開始♪
 
やる事は普通の車検と変わらず
車体番号の確認
灯火類の検査
各部のガタ、緩みの検査
などですね。
長さ、幅などもしっかりチェックされ、当然ブレーキも確認されました。
 
さて、書類に検査官の確認印をすべてもらい窓口に戻ろうとしたところ
 
 
 あっ、忘れてた!
  これ、最大積載量の記載がないよね〜
  ちょっと書類返して
 
確認印に×印をされてしまいました・・・
 
 
貨物車は最大積載量の記載が必要なのは知っていましたが、以前の車検でも指摘されなかったので、そのままにしてました
 
 
やっぱりね・・・
 
まぁ、そんな事もあるかも知れないと思っていたので
 
 
イメージ 10
マジックを用意してました
 
 
イメージ 11
文字、汚いですね・・・
インクの出が悪かったので右端のフレームでインクを出していたら地面にボタボタ垂れました・・・
 
 
いいんです、汚くても記載があれば合格するんです
 
 
 
イメージ 12
 
 はい、終了♪
 
 
自賠責(25ケ月) 5100円
重量税        6600円
検査料        1400円
書類           30円
合計        13130円
 
 
 
 
 
さて、バイクの引き取りです。
 
イメージ 3
晴天の環七を走ります 
 
 
 
イメージ 4
なんだか怪しげなバイクです・・・
 
アメリカンなのにV型エンジンじゃないなんて
 
名前だけは聞いた事がありましたが、マイナー過ぎて私には未知の車両ですね〜
 
 
実動バイクなので簡単整備で車検取得の予定デス
 

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事