全体表示

[ リスト ]

とらドラ!7

イメージ 1

電撃文庫発行    著/竹宮ゆゆこ    イラスト/ヤス
絶好調の超弩級ラブコメ、今度はクリスマスのお話です! 
停学が明け、大河が学校に戻ってくる。折りしも世間はクリスマスの季節。
クリスマス大好きという大河は、唐突にいい子バージョンに変身。
一方、実乃梨は部活の試合でエラーをしたとかでふさぎこみ、竜児にもぎこちない態度を取るようになる。
そんな中、新生徒会長・北村が、有志によるクリスマスパーティの企画を立ち上げる。竜児や大河、そして学園の公式美少女、亜美の参加もあり準備は盛り上がるが、実乃梨は相変わらず元気がなくて──。はたしてクリスマスパーティの行方は!?

ますます脂が乗ってきた竹宮ゆゆこ、三十路の扉を開く渾身の一冊をお見逃しなく! 
読み終わってみて、本当に重要なエピソードだった事に気付いた。
今までのとらドラ!はお祭りだったのだ──。


7巻ラストシーンに到達した時にはもう半なき状態でした。
錯綜する彼女たちの想い、そしてようやく気付いた大切な場所。気付いた喜びと失う苦しみ、どれだけ大切なものだったのか、その存在の大きさを知った物語のターニングポイントになるお話でした。

表紙イラストからちょっと影があるなぁ〜っと思っていましたが、中身も大河らしさが見えないと感じるシーンがいくつも出て、読んでいるこっちもちょっと調子がくるいました。
いつもの雰囲気でないことは読み進めていくにしたがって、確信に近いものだとはっきりと判りましたが、さすが聖夜、恋するものたちのビックイベントだけあってビックサプライズな内容でした。

いつかは訪れるこの今の形、状態、そして関係の崩壊。『直せば良い』――― それってほんとに元に戻るの?
このお祭りのような楽しくてドタバタ騒ぎができるこの時間を大切に見守ってきましたが、ついにパンドラの箱に手をかけるときがきてしまったのですね。

誰かを好きになりその想いを告げる事で誰かが傷付いてしまうと知ったら、しかも最悪のタイミングでその事実に気付いてしまったなら・・・それでも想いを告げられる又は受け止められるだろうか?
みのりん派と言いつつも大河を中心に物語を捉えていただけに、複雑な心境にならざるおえない展開でした。
この作者はあの「わたしたちの田村君」を書いた竹宮ゆゆこ嬢だということをすっかり失念していたよ。

本当にこの先どうなる?
吹っ切れたようにも見えるだけに絡まった糸は切れてしまったのか?それとも・・・。
怒涛の展開を見せた7巻でしたが、彼と彼女たちの終着点はハッピーエンドが待っているのだろうか、次巻も目が離せません。

登場人物達然り、読み手も含めて色んな想いが錯綜すると思います。
そういう意味ではシリアス展開ではあったにせよ、コレだけ心揺さぶられるストーリーに面白かったと賛辞するべきでしょう。
・・・なんか最終巻っぽい締めになりましたけどまだ続きますから^^

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事