全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

MF文庫J発行   ゼロの使い魔17 黎明の修道女〈スール〉   著/ヤマグチノボル   イラスト/兎塚エイジ
サイトが好きなのは……、わたしじゃない。

奇妙な二人組の刺客に襲われた才人は、心配して捜しにきたシエスタに助けられて息を吹き返す。しかし、待っていたのは、「ルイズがいない」という現実。落ち込みまくる才人は、シエスタに叱られ、励まされて、ルイズを捜し始める。アンリエッタにも事の次第を報告し、大がかりな捜索へと発展した。その頃、傷心のルイズはとある宿場町で、危険な雰囲気をまとう魅力的な少女と知り合う。ジャネットと名乗る彼女は、ルイズに「ひっそりと身を隠して暮らせる場所」を教えてくれるという。大人気冒険ファンタジー、離ればなれになった才人とルイズの行く末は!? 緊迫の第17弾!
主人と使い魔の邂逅と絆の物語。

今巻は女王アンリエッタと才人の逢瀬を目撃したショックで家を飛び出したルイズの苦悩と悟りのお話で、序盤自分自身のを罵りながら酒におぼれやさぐれていくルイズが暴走しつつも元貴族の癖をかくせずに色々可愛いらしい墓穴を見せてくれてそれほどシリアス度を感じさせませんでしたが、元素の兄弟の末妹・ジャネットと出会い、そしていわくありげな修道院へと身をゆだねていくという全てと決別を望んだルイズの苦悩が痛いほど伝わってきました。

今回の失踪の原因でもあるアンリエッタ、才人、そして自分の事を見つめなおすルイズがルイズであるために必要なエピソードで、これによって一皮向け大人の女性へと一歩近づいて行くのがはっきりと判った彼女の成長のお話でもありました。間違いなく昔の自分を脱ぎ捨てて変わったルイズがどんな決意をもって前に踏み出していくのか正直期待と不安を感じつつもワクワクが止まりませんでした。

前を見て進み始めたルイズに対し、うじうじモードの才人。デルフを失いルイズを失い完璧にヘタレ化していきましたが、ウンディーヌ隊とシエスタ、ティファニア達との今回の失踪事件の反省会がなんだか修学旅行の恋話座談会チックでかなり笑えました。ティファニアの容赦ないツッコミとシエスタのコンビプレイがツボにはまりかけました。しかしそれでも良い仲間をもったなというダメな才人を本当に心配し、立ち直らせようと努力する彼らもやっぱりこの物語に欠かせないキャラ達ということがわかりました。

見所は終盤のアンリエッタVSルイズの女の闘い。身分など関係なし、本音でぶつかり合う二人のガチンコバトル。この自分を見つめなおす旅によって一皮向けたルイズの凄みが垣間見れたシーンでもあり、ルイズと才人の見えないところでつながっている絆の存在が二人をまた強くしてくれましたね。雨降って地固まると見るべきか、元の鞘にもどったと言うべきか、お互いが大切な存在である事の再認識をする為に必要な時間だったと思いますが、ルイズと才人の件はおそらく一端これで当面は波乱が少なくなりそうですが、色々吹っ切れたアンリエッタがまたちょっかいを出してくる事も十分あるので目が離せないですね。

そして物語のほうは裏で暗躍していたロマリアがついに表舞台で干渉し始め、ガリアを我ものとするべくタバサにまでその魔手が迫り、ついには隠されていたガリア王家の贖罪と秘密の象徴が運命を大きく左右し始めた動乱を巻き起こす章へと突入。ようやく次巻から大きな動きを見せてくれそうな予感を感じさせる展開。復活したルイズに王女ではなくなったタバサとパーティももとのメンバーが終結し始めることは間違いなさそうですね。王女として身動きがとりづらかったタバサが自由になったのは良かったですが、囚われの身である以上何処で合流できるかがポイントになりそうです。

そろそろクライマックスのクの字くらい感じさせてほしいのですが、まだまだこのシリーズは続きそうです。ようやく階段を一つ上ったルイズがどう変わったか、その真価を次巻で目の当たりに出来ると想うので期待して待ちたいと思います。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事