全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

   MF文庫J発行     緋弾のアリア 火と風の円舞     著/赤松中学     イラスト/こぶいち
止まらない暴走特急の上で、超高速リベンジバトル!!
東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵――通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジは、戦闘不能におちいったレキを京都に残し、東京への帰路についていた。アリアとの仲も修復できていない……そんな状態の中、再び『万武』の魔の手が迫り――。理子の座席に仕掛けられた『加速爆弾』によって暴走特急と化した列車を舞台に、アリアとキンジの超高速リベンジバトルが始まる!そして舞い降りる、一陣の風――。大スケールアクション&ラブコメディー第7弾!! 
弾丸が駆け抜ける線上の超高速戦闘劇。

アリアとの仲たがい、ココとの戦闘で傷ついたレキ、前巻の後半エピソードに当たる今巻は息を呑むノンストップのタイムリミットバトルと意図せずチームプレイとなった今回の事件でチームを結成することとなるターニングポイントとなっており、緋弾にかかわる新たなる展開もラストに待ち受けている伏線とバトルだらけの巻でした。

爆弾を仕掛けられ、止まることのできないお約束のトレインジャック事件でしたが、ココがまさかの三姉妹というチート能力ではなかったけれど果てしなく反則気味な連携を前に苦戦するキンジサイドがこれにどうコンビネーション&チームプレイで乗り越えるのかと言うのが最大のポイントでしたが、微妙な距離間が縮まらないキンジとアリア、そして一発触発状態のレキとアリアの女の戦い行方も含めてギリギリの暴走バトルで各サブキャラも見せ所が多くておなかいっぱいの戦闘シーンでした。

ラストのギンジの告白(プロポーズと思い込んでいる)にアリアの壊れっぷりは面白かった。
アリアの予想のはるか上を行くキンジの誕生日プレゼントとそれに含まれる意味に動揺するアリアとまったく気づかないキンジの温度差が顕著な掛け合いの面白さとキンジのナチュラルボーンなタラシ属性がどんどんヒロイン達のフラグを立てまくってもはや収拾がつかない状態です^^;

さてキンジたちを待ち受ける戦いの火蓋はどう転んで行くのか?宣戦会議の意味とコレまで以上の戦いが予想されるであろう世界各地にちる結社やつわものどもの目的も含めて次巻は急展開もありうるかも。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事