全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 富士見ファンタジア文庫発行    これはゾンビですか?6    著/木村心一    イラスト/こぶいちむりりん
有罪or無罪!? 歩のセクハラ裁判の行方は?
「被告人、相川歩」視聴覚室は裁判所と化し、クリスとの決戦を控えた俺はセラに訴えられた。真夏のプール、危険なホームパーティなどイベントを振り返りながらの厳しい戦いが始まる――って、どうしてこうなった!
判決・死刑!!

第6巻は完璧に閑話休題なエピソードで本編ストーリーには直接関係しないドラマガ収録の短編をつなぎあわせたサイドストーリー回でぶっちゃけると6巻は飛ばしても7巻には影響しないくらいサイドもサイド、歩を中心にヒロイン達との思い出回想と数々のセクハラ行為に対する裁判ネタをあわせた日常話でした。

バトルもシリアスも今回はお休みでちょっと物足りなかった部分が多かった。サブヒロインにまで掘り下げエピソードを広げてまたまた嫁候補が増え、何かもう嫁だらけになってきましたが、そんな中でもある一線を頑なに引いているセラの毒舌と無愛想な態度とは裏腹な見えそうで見せない本音の部分についニヤニヤさせられました。

サラスのちょっと違うツンデレぶりと歩限定の特殊なデレかたがまた色々間違いすぎていて、セラと言いサラスと言い吸血忍者どもは完璧なまでの容姿と知性を兼ね備えているのにどこかしら抜けていて常識範疇外の言動に笑いがとまりません。高圧的な態度で好意を表現するサラスのドSなのに何故かはじらってしまうこのギャップがすさまじい威力でした^^

とりあえず短編も消化し一息ついた6巻でしたが、次巻はいよいよ決戦へ向け最凶最悪のクリスを倒すべく冥界最強のあの方を探すお話でバトル中心へと進展して行きそうな勢いですが、シリアス一辺倒にならないようコメディパートはもちろんのこと歩の自他共に認めるセクハラ行為にはかなり期待しています<ォィ

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事