全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
                             ヴォイニッチホテル1
太平洋南西に浮かぶ小国・ブレフスキュ島、その小さな島のホテルが舞台。陽光降り注ぐのんびりした南国ムードの中、一癖も二癖もある宿泊客達の悲喜交々ドラマ。
じわーっと後からくる面白さ、地味だけど叙述トリックのようなちりばめられた登場人物一人一人の物語がどんどん絡み合い深みを増していく重厚さ、かなりシュールな演出やギャグコメ要素もふんだんに取り入れてあり、猟奇的事件ですら笑いに変えてしまう独特の世界観も含めてかなり意外性が高い作品でした。

ただ、数話読んだ時点でこれはちょっと面白くなってくるかも!?と不思議と思わされてしまった作品です。絵柄に好き嫌いがあるかもしれませんが、ストーリーはパンクでぶっ飛んでいるように見えても実のところ綿密に計算されているので後から予想していない方向に物語が二転三転し、意外なところで意外な人物が絡んできたりとちょっとした推理的な見方も出来るし、単純にシュールなコメディとして読むことも出来るちょっと変わったお話です。

世界でも2番目に小さい国のとあるホテルを舞台に様々な事情を抱えた宿泊者や従業員、そして町の住人達にこの国の過去の出来事が様々なベクトルから絡んでくるパラレルで進行していく群像コメディ活劇で、むかしあった「有頂天ホテル」のような登場人物個々がそれぞれの思惑で動いていくドタバタ劇のようなイメージでがしっくりくる作品。

主人公とかはあまりこの作品では位置づけ的に関係なく進んでいくのですが、物語の中心には一応日本からの自称観光客と義眼のメイドさんが少なからず関わっていくので、彼らの行動によりどんどん隠されていた事実が判明し、まったく接点すらなかった他の登場人物の行動ひとつですら実は意味があったりと、どんな展開になっていくのかと言うワクワク感が味わえます。とりあえずこのホテルの個性が強すぎる変人達の変な行動を楽しむだけでも十分面白いお話でした。

フランケンみたいなメイドさんの着メロが奇抜すぎて吹いた^^
イメージ 2

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事