全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

MF文庫J発行   ゼロの使い魔 20 <古深淵の聖地>    著/ヤマグチノボル    イラスト/兎塚エイジ

激動する運命(さだめ)。もう止まらない……!
「やっぱりわたし、サイトのこと好きなのかな」「見せるの、そんなにイヤじゃなかったの」「わたし、悪い女の子なんだわ。友達の恋人を好きだなんて」――ティファニアの『革命胸(バスト・レボリューション)』のおかげでエルフの追っ手から逃れた才人たちは、ルクシャナの導きでとある島を訪れる。この世界の生き字引といわれる水韻竜に会うためだ。だが有益な情報はなく、やきもきしながら過ごすうちに、ついにテファがレボリューション!? 一方、ルイズは学園の仲間とともにエルフの土地へ。迎撃してくるエルフたちに、才人を助けにきたと訴えるが……。世界を巻き込む災厄に翻弄されるルイズと才人は、再び手を取り合うことができるか!?
最後のゼロの使い魔「リーヴスラシル」召喚!!

いよいよ本格的にティファニアのターンになって来ましたが、残りあと3巻と言うクライマックスを控えた今巻は虚無の担い手とその最後の使い魔がついに揃い踏み、教皇の思惑の片鱗と才人奪還の為エルフの首都へ特攻を仕掛けるルイズたちの戦いと物語が一気に加速していくストーリー。

ガンダールヴの武器にはさすがに手に余るとは思いますが、まさかの核ミサイルまで発掘されるなど、悪魔の門そのものの正体についても少しずつ秘密が明かされ始めましたが、前回に引き続き核よりも破壊力のあるテファの巨乳が大活躍で兎塚エイジさんの挿絵に釘付けです>ォィ

聖地を目指し逃走する才人とティファニアですが、やっぱりこれまで何度も誘惑に負けて未遂沙汰を起こしている才人くんの悪い癖が発症してしまいましたよ。^^;
と言うよりもあの魅惑の果実に心揺れない漢はいないとばかりに距離が縮まっていくわけですが、コレまでとちょっと違うのはティファニアのほうから積極的に想いを伝えようと不器用なりにアプローチしていきそしてまさかの使い魔召喚へとつながっていく驚きの展開が待ち受けています。

ここ数巻すっかりなんとかルイズさんになりかけている出番薄のメインヒロインも終盤しり上がりに自分らしさを取り戻してくるなど、才人を取り巻くヒロインズもクライマックスに向けて動き始めましたね。それにしてもさすがはルイズ、周りの気遣いがハンパないですね^^;

あそこまで盛り立てる方も方ですが、のせれれるルイズもルイズでほとんどベタなコント展開で悪乗りするルイズと理不尽な要求に心を押し殺して耐える面々と言う構図に思わず苦笑い。しかし、あれでアルビオン以上のエクスプロージョンがうてるなら安いもんですね。

それぞれの役割をもつ使い魔ですが、リーヴスラシルの力がこの世界にどんな影響を及ぼすのか、「神の心臓」と呼ばれる存在になってしまった彼の運命も含めて本当にこのシリーズの終わりに近づいてきてた第20巻でした。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事