全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ファミ通文庫発行    "朧月夜"ヒカルが地球にいたころ……4    著/野村美月    イラスト/竹岡美穂
「きみに頼みたいコトがあるの」野村美月が贈る大人気学園ロマンス、第4巻!!
突然葵【あおい】から「彼氏になってください」と頼まれてしまった是光【これみつ】。そのせいで帆夏【ほのか】ともギクシャクしているところに、さらに"ヒカルの愛人"を名乗る少女、月夜子【つやこ】が現れる。「わたしがヒカルの大事な花を散らさないように、見張っていてくれる?」という言葉に、是光は、彼女の主催する日舞研に仮入部するが……。次々とむしり散らされる学園の花。やがて、葵の身にも危険が迫る。謎めいた言動をする月夜子の本意は?そして彼女が恐れる"蜘蛛"とは――?大好評第4巻!! 
紅い枝垂桜の真実の恋物語。

今巻はミステリー色が強くて面白かったですが、完全に野村さんの作品に脳が毒されてしまっているらしくオチ(犯人)がすぐにピントきてしまった^^;
式部さんのままならない恋模様も今回のエピソードでは色々絡む部分も多くて彼女の変化も見所ではりましたが、是光が徐々に無自覚タラシキャラになりはじめていく部分もこれまた笑えました。

裏よみしないと真実が見えてこないエピソードだっただけにいくつもミスリードさせられるような発言や事件が重なっていて何が真実なのかを突き止めていく是光とヒカルの謎解き模様は読み応えがありました。

式部さん可愛すぎ。何か一番応援したくなるくらいの恋する乙女っぷりと苦悩や葛藤を抱えながらも是光対して色々な助言や行動で自分の想いにマイナスに働きそうなことであろうと曲げない真っ直ぐさがホントまぶしいです。特に是光の前ではどうしても素直になれずにひとりになったときにもんもんとなやんでしまうとろこがホントに可愛いですわ。今回は是光に裏切られたと言ってもいいくらいの修羅場を目の当たりにしているにもかかわらず、是光を支え続けたいじらしさに惚れそうです。

頭条センパイは巻が増すことにすげー面白キャラになりつつありますね。初っ端の登場がアレだっただけに朝ちゃんよりの冷徹漢かと思いきや葵が絡むことには過保護すぎるくらい全力っぷり。是光を口では嫌いながらもある種の期待?(信頼)は持ち始めてきているのか今意外な行動や発言が一番面白いお方ですわ。それに比べると朝ちゃんはまったくデレて来ないですね>ォィ

まあ、今回の件でまたヒカルをめぐる愛憎模様からその複雑な関係や異常さが際立ってきましたが、お兄ちゃんがヤバイでしねアレはさすがに^^;
「源氏物語」自体も凄く恋愛沙汰におけるきらびやかな憧れがれの一面があると同時にその裏で蠢くどろどろとした感情の部分もあり、今巻はそういった一面を見せた、いやこれからもこの一件が後々大きく関係してくるであろうエピソードなのかもしれません。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事