全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

イメージ 1

    ファミ通文庫発行     バカとテストと召喚獣10     著/井上堅二     イラスト/葉賀ユイ
総員、再びペンを執れ!
白熱のAクラスリベンジ!!ついにAクラスとの再戦を迎えた明久【あきひさ】たちFクラス。雪辱を果たすため、そしてA教室の大画面で秘蔵DVDを観るため(一部関係者談)気力充分な彼らだったが、前回苦戦を強いられたAクラスも今回は序盤から全力全開! 試召戦争は午前中から早くもクライマックス状態に。そんな中、突然3年生の首席がFクラスを訪れ謎の言葉を残していく……。『美形は帰れ!』(動物園の皆さん)果たして2年最強クラスの座はどちらの手に!? 風雲急を告げる第10巻!!
オトコ・明久、衝撃の身代わりクライマックス直前!?

うお、なんかノリが終わりそうと思ってましたが、次巻本編は完結みたいですね。
試召試験で黒星をつけているAクラスとのリベンジマッチに勝つ為の仕掛けとなった前巻の前哨戦から不穏な動きを見せる3年生の動きと謎の転校生の存在が後々とんでもない大どんでん返し展開をまきおこしてしまうフィナーレ直前話にふさわしい伏線とオールキャスト揃い踏みの大試召試験へと発展していく2年A組VS2年F組最終決戦巻でした。

今回は一度剣を交えた相手だけあってこれまで自力ではまったく歯が立たなかった上位クラスを奇策を用いて撃破してきたことを逆手にとられ、次々と裏を読まれていき苦戦をしいられるFクラスがどんどん追い込まれてしまう手のうち用がないほど絶体絶命感がひしひしと伝わってくる中でやはりどんな逆境でもほんのわずかの可能性さえあればひっくり返すことができる問題児・明久の成長がめまぐるしかったですね。

相変わらずFクラスの面々の手の裏返しはお見事としか言いようがないくらい清々しい切り替えっぷりは毎度毎度のお約束ネタなのにやっぱり笑ってしまう^^
もはや鉄板のおバカなやり取りにパブロフの犬みたいに条件反射してしまう自分が悔しいですが、分かっていても面白いものは面白いのでやめられませんね。

霧島さんの読みもさることながらAクラスの主力部隊もFクラスの戦術・戦略を分かった上で攻略してくるので、終盤最後の一手以外はほぼ全てにおいて負け越したと言っても良い敗戦続きはちょっと新鮮ではありましたが、最後はやはりFクラスの面々にしか出来ない方法で裏の裏をかく奇抜さと勝負強さ、見ごたえありました。

最終的には三年生の横槍が入るオチでしたが、不気味なくらいバカな生徒会長殿と雄二との化かしあいになって行きそうな学年対抗バトルはどこで転校生が絡んでくるのかが見物になってきそうですね。バカだけどキレモノの生徒会長は普通に何とかなりそう>ォィ

次巻は今回以上に追い込まれていきそうですが、二年は賢いAクラスでさえFクラスのせいで個性に磨きがかかってるので結構余裕で蹴散らしそうな気がしてなりませんけれどやっぱり最後は姫路さん次第かな。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

   ファミ通文庫発行     バカとテストと召喚獣9.5     著/井上堅二     イラスト/葉賀ユイ
7月からTVアニメ第2期放送開始!最新刊は短編集!!
召喚実験リターン!明久と雄二で喚び出した召喚獣は、まるでふたりの子供のようで――って、また惨劇が繰り返されるのか!?「僕と子供と召喚獣」、ドキドキ同居生活を赤裸々に綴る「僕と姫路さんとある日の昼下がり」、謎多きムッツリーニの一面が白日の下に晒される!?「僕と土屋家と揺れない心」、高校1年生の春――すべてはこの出会いからはじまった!「俺と喧嘩と不思議なバカども」の4本で贈る、青春エクスプロージョンショートストーリー集第4弾!
想像以上期待以上な恋と友情のおバカな短編集第4弾。

バカテス従来のセオリーから最近の笑いのトレンドを取り入れたお約束コメディ路線までしっかりと押さえられており、なおかつオチがあからさまに想像できてしまうネタに加え、このおバカなメンバーを迎えているにもかかわらず、さらに予想の右斜め上を行く落としどころを見せてくれるなど今回の短編集もなかなか乙なエピソードばかりでしたね。

前半の二人のあいの子で誕生する合体召喚獣エピソードでは、将来の子供予想ができるとあって目の色がを瞬で変えてしまったヒロインズに対し、なにか思うことがある明久と雄二の追走劇が繰り広げられる未来予想図もどきで、それぞれの特徴を余すことなく吸い上げてできるちびっ子召喚獣はまさにまぜるな危険を再現したカオス展開が繰り広げられ、エロ×エロのムッツリーニと工藤さんペアの合作はもう期待に違わぬ変態紳士っぷりでした^^

そして学園以外ではまったくと言っても良いほど普段の姿が読み取れないムッツリーニ家でのとある我慢大会では明久と雄二の対決を通して、ムッツリーニの私生活がどんどん見えてくるムッツリーニ家の愉快な仲間(家族)達が登場し、ほんのちょっぴりでしたが妹もでてきたりとなんかエロ方面ばかり印象に残ってしまうムッツリーニの意外な一面に驚かされつつ、こいつもやっぱり根っからのおバカ野郎だと言う事が改めてわかったお話でもありました。そしてダ○ン○ウンの笑ってはいけない〜のパロもの進行でかなり笑った。

ラストはバカテスのゼロの物語でもあるこの愛すべきおバカさん達との意外な出会いが描かれた新入生時代のとある事件をきっかけにあの凸凹コンビが結成された秘話があかされており、とげとげしさが半端ない雄二に対して入学式からおバカ全開で変態騒動を巻き起こしてしまうトラブルメーカーな明久と言う立ち位置で、はじめは明久を疎み相手にしないように避ける雄二や帰国子女で言葉の壁や明久のおバカな態度に反感を覚える美波の今からは想像もできない敵意にかなりびっくりでしたが、どのようにこの二人が親友と呼べる関係になりそして彼らを中心に有象無象のおバカ達が集ってきたのかがうかがい知れる始まりの物語でした。

姫路さんとの同居生活エピソードも鈍感さがハンパない明久と精一杯のアプローチ(好意)を繰り返す姫路さんの完全無欠のズレがかなり面白かったですが、これを見るに明久を陥落させるのはかなり先のことになりそうでまだまだヒロインズ(姫路・美波)は苦労と更なる挑戦が必要そうでした^^;

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

イメージ 1
                  バカとテストと召喚獣 SPINOUT!それが僕らの日常。3
可愛らしさの中の、バカらしさ。
胸が高鳴るほどの、波乱の林間学校。間違っては…いないかも知れない、霧島翔子の恋愛対策。胸が熱くなる、ハプニングだらけの体育祭。普通かそれとも異常か、女装コンテスト開催の文化祭。常識は……だが、容姿端麗・頭脳明晰の吉井 玲。こんな僕らの日常、第3巻です!
おバカ加減がにじみ出る、涙と笑いとちょっぴりホラーな林間学校編。

のっけから秀吉との夢の朝チュンシチュに悶える明久の気持ちもわからんでもないご褒美展開。原作設定は崩さずに自由にストーリーを構成しているこのバカテススピンアウトはホント色んな意味で意外性がいたるところで発揮されていて数あるメディアミックス作品(別コミックス)の中でも一番面白いです。

と、まあ個人的にはかなり好きな作品ですが、今巻は色々読み進めていくとツッコミどころが満載の生命の危機すら感じさせる林間学校でのドタバタ騒ぎや文化祭での女装に体育祭とイベントだらけでいつもとは違うキャラ同士の絡みやら鉄人のまさかの頬染め展開がまっているなど3巻も予想できないバカ思考が見せる笑い世界に引き込まれていきます^^
イメージ 2

林間学校良いねぇ〜、・・・但し普通ならばな!
よく考えてみると林間学校で何するかといえばオリエンテーションに食事に夜のバカ騒ぎと青春を満喫するには修学旅行に次ぐうきうきイベントですが、バカテスは一味違ってまました^^;
ヤツが・・・、ヤツ(姫路さん)が調理場に立つと死人が、出る!

まさに命をかけた食事タイムに全力で生き残る道を模索するF組みの面々の壮絶な戦いは見ものでしたが、やっぱり調理ではく科学実験レベルの姫路さんの料理スキルは言葉どおり次元を超えていらしてる^^

この林間学校編だけでもかなり笑わせられましたが、文化祭は逆に笑いもありつつ女装コンテスト開催と予想していた通りのサービス回となっており、事前に参加要望に「秀吉参加不可」が明記されていたりと思わずこの計らいに吹いてしまいましたよ。

ストーリーと4コマのバランスもいいし、若干デフォルメされたキャラが所狭しと動き回ってかなり可愛さがUPしてます。カバーイラスト裏の新企画?「バカとテストと召喚獣」× ⇒ 「ホモとガチムチと審査員」○という先生達を主役に置いた架空企画がすっごい気になってしょうがないです>ォィ
イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

    ファミ通文庫発行     バカとテストと召喚獣9     著/井上堅二     イラスト/葉賀ユイ
知略謀略なんのその!このチームは最強だ!?
墓穴と姦計が入り乱れた対Cクラス試召戦争。Fクラスは、なんとか初日をタイムアップで切り抜け、勝負を二日目に持ち越すことに成功した。しかし、たたでさえ低い点数をさらに減らしてしまった彼らは、いきなりピンチ状態からのスタートに!しかも、明久は風邪で不在……。どうなるCクラス戦!?この劣勢を覆すことができるヒーローはいないのか!?「それで、話ってなんだい吉井君?」(by知的眼鏡先生)勝利を信じる心と心の絆が奇跡を呼ぶ第9巻!!
恋の嵐と謀略が吹き荒れる試召戦争!!

前巻からちょっと間が開きましたが、後半戦と言うことで丸々1冊F組とC組との試召戦争で綴られている今巻は、これまでの戦いとはまた毛色が違い、C組を裏で操る3年生の暗躍やさらにはB組を使っての謀略などFクラスを確実につぶす為に張り巡らされた二重三重の罠にルールの網目を上手くかいくぐった汚い手段など何でもありの戦法で襲いくるC組との戦いに苦戦するF組最大のピンチをどう切り抜けるのか?あまりにも予測が出来ない二転三転する展開とイレギュラー要因として誰にも読めない明久の行動が見ごたえあった第9巻でした。

今回も作品の端々に笑いの小ネタが仕込まれており、登場する濃いキャラ達それぞれの特徴にあわせて繰り広げられる掛け合いの妙と言葉遊びがまた計算された流れとタイミングで見事に笑わせられる小憎い演出で、何故か勉強できるはずのAクラスの面々が実はおバカさんだったというダメっぷりギャップも面白く、特にさすがAクラスと感嘆してしまうくらいの見事な分析と行動力を見せ付けながらも墓穴を掘ってしまうシュールな光景には大爆笑でした^^

あの雄二をして十分な戦略と柔軟な対応でこれまでもそしてこの戦いも戦力差がありつつも五分に持っていく指揮官としての能力の高さを感じずにはおれませんでしたが、それ以上に二歩三歩先を見事に読みきる小山さん+αの一手にさすがの雄二をもタジタジといつも勝利に導いてくれるあの奇抜な戦術が今回は逆にピンチを招いてしまったりとF×Cの試召戦争は稀に見るドキドキハラハラな展開で面白かったです。

何か後味が悪いわけでは決してないのに、何故か何かがまだ引っかかってしょうがないラストでしたが、新たな新展開も匂わせる新キャラやその謎に包まれた正体の他に姫路さんへの気になるアプローチも含めて3年生の暗躍もすべてが一つにつながって行きそうなそんな予感と期待を持たせてくれるラストでした。ただ次巻は四たび短編集らしいので、またちょっとおあずけですね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

イメージ 1
               桐咲キセキのキセキ         おと×まほ11                       バカとテストと召喚獣 SPINOUT! それが僕らの日常。2    兎の角1         学校の階段1
脱線の!バカとテストと召喚獣。第二巻登場!!
登場するキャラクターの可愛さとは裏腹に、結構エグイ内容のギャグ(主にFクラスとFFF団)を描く、namo先生版『バカとテストと召喚獣』の第二巻です!今回は個別のキャラにスポットを当てる話とは別に、林間学校編を収録。SPINOUT!に磨きがかかってますよ!
バカとプールとお花見なおバカたちの日常話第2弾。ポロリもあるよ!?>オイ
そういえば召喚獣は今回一切出てこなかったなぁ^^;

第2巻も原作のストーリー展開に縛られないこのシリーズは設定のバカテスの魅力を十二分に発揮した、自由度の高いオリジナルのエピソードが描かれており、数あるコミカライズされたバカテス作品の中でもイチオシの面白さです。

namoさんが描くデフォルメされたキャラたちがまた可愛いくて、そしてちっちゃくなっても女性陣のさわるなキケン状態は健在!笑顔のまま目が笑っていない彼女たちの明久への愛情表現(折檻模様)はある意味第2巻の見所です^^

今巻も原作では読めないサブキャラを前面に出したエピソードが満載で、特に木下姉弟の日常話では読者納得の秀吉は女の子だったと言う真実(真理)がコレでもかというくらい堪能できる姉弟入れ替わりコメディが描かれ、血の結束で知られるFFF団の異端審問会編など普段は明久や雄二達への審問会風景でおなじみの彼らですが今回は彼らの視点からFFF団裏側が描かれており、女の子への潤いが乏しい彼らの魂の叫びがハンパないっス。

4コマパートとストーリーパートを上手く構成したおバカなドタバタ劇は原作にも負けない笑いのツボを刺激してくれる一冊でした。
イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事