コミック

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全252ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
                           ママレード・ボーイ little 1
松浦立夏と小石川朔は一つ屋根の下きょうだいのように育ってきた。しかし6歳の時、2人には血縁が無いことを両親Sから知らされる。ショックを受ける立夏だが、朔から"血がつながってなくても家族だ"と言われて事実を受け入れる。
そして12歳になった2人は、姉の光希が通っていた桐稜大学付属中等部に入学して…。
え〜と、きょうだい?イトコ?家族?さらに複雑さを増した松浦・小石川家の2世代ラブストーリー開幕!?

ママレ最終巻が出てから大体17年ぶりですかね。
懐かしいと言うか当時のママレとおんなじ空気を感じながら思い出し思い出し読めました。

吉住渉先生の作品はハンサムな彼女ママレード・ボーイミントな僕らと初期作品はどれもリアルタイムで買って読んでましたが、まさかママレの続編が読めるとは・・・なんかもうココハナでの連載を見たときから狂喜乱舞状態でしたよ^^;
第1話の家族構成は図解でも良く分からなかったけどね>ォィ

本編から13年後のお話と言うことで、主役が遊と光希から弟妹へと時代が移り変わりましたが、それでも何年たとうが今でも国府田マリ子さん&オッキーさんVo.で脳内変換できます^^
リトルも懐かしい顔ぶれが1巻の時点でかなり出てきてますが、銀太に関しては今回も話が重いよ><

前回は高校を舞台に描かれた作品でしたが、今回は中学生編とあってかなり爽やかテイストで綴られてます。でもこの複雑な関係性がまたまた恋愛模様をも複雑にしてく片思いスパイラルに思わずニヤリ。近すぎて気づかなかった想いとずっと心に秘めてきた想い、きょうだい未満な二人の恋の行方が気になる第1巻でした。

リトルサイドの物語も新鮮で楽しめますが、やはり無印ママレから読んでる身としては前作の登場人物達の「今」が読めるアフターストーリー要素も見逃せないです。子供達だけでなく大人達の物語もまだまだ楽しめるストーリーになっていて2倍楽しめます。

開く コメント(0)

イメージ 1
                         とらドラ!6 小冊子付 特装版
目つきの悪さ以外はいたって普通の高校2年生・高須竜児。彼の高校生活は、ちっちゃいのに凶暴獰猛「手乗りタイガー」と恐れられていた逢坂大河との出会いから一変する。ふとした事から彼女の秘密を知り、大河と恋の共同戦線を張る事となった竜児。北村の幼なじみ・川嶋亜美も加え、楽しい(?)学校生活や夏休みを送っていた彼は、次第に大河の抱えている問題や悩みに触れていくのだった。そして、夏休みも終わりを迎えて、文化祭が幕を開ける――。
4ヶ月ほど海外転勤で失踪してたので久々のレビューものになりますが、ようやく落ち着いてきてなじみの書店さんにあいさつ回りをしながら帰国後はじめて買ったのがとらドラ!6巻。リハビリもかねて久々更新です。
家のダンボールの中には4か月分の本がたんまり入っているので、時間があれば何冊か紹介したいですね。


実はとらドラ!ではこの文化祭からが結構波風立って波乱の幕開け的なエピソードとなってくるので、私の周りの人はあんまりと言ってる人が多くてちょっと寂しいですが、個人的には原作でもかなり好きなお話だったりします。ここから物語がいよいよ動き出す!!ってな感じで夏休み、文化祭と来て、そして修学旅行に向けて主要登場人物達が抱える葛藤が徐々に不協和音を奏で始めていくくだりがまたエンディングへ向けて大河と竜児が成長していくきっかけ部分として楽しませてくれます。

文化祭編も波乱の始まりとなった大河父の奔放すぎる言動に振り回されていく大河、竜児、みのりんの微妙な関係模様が見所で、衝撃のラストは次巻持越しという引きにイラッとさせられつつ、大河父を信じた竜児と過去の経緯から大河父を許せないみのりん、再び大河を傷つけた大河父に対しどんな行動に移るのか心描写も含めて盛り上がってきた6巻でした。
イメージ 2

特装版の小冊子スペシャルブック兇浪匿燭胆垢蝓⊃綯紊噺世Δ肌色大目のカットを中心とした絵師さんたちによるカラーイラストと原作イラストレーターのヤスさん渾身のありえないif設定のギャグコメ4コマやちょっとえっちいものからファンタジーまで様々な設定で魅せてくれるオムニバスストーリーのアンソロジー集。

大体が大河や竜児といったメインキャラ、サブキャラ主体のエピソードの中で異彩を放つ飴沢先生のインコちゃん劇場がなにげにツボッた。インコちゃんのきも・・・完成度たかさが余計に切なさを誘う、そんな結末が待ち受けているなかなかシュールで笑えます。
イメージ 3

開く コメント(0)

イメージ 1
         よつばと!12              恋愛暴君1               ラノベ部4
       むすんでひらいて7             マホロミ2             無邪気の楽園3
        ビリオネアガール2         百舌谷さん逆上する9          宇宙兄弟20
目の前には実物大の世界地図。
待望の最新12巻が登場!「よつばととらこ」「よつばとあおいろ」「よつばとハロウィン」「よつばとキャンプ」などを収録。よつばは今日も新しい毎日を繰り広げます。
あらいやだ、この子天才すぎる^^

いや〜毎巻良い最終回でしたね〜、っとしみじみ〜な気持ちにさせられるこの12巻ラストもノスタルジックで素敵すぎ!よつばの予想外のリアクションや発想、そして周囲の大人たちのノリの良さが繰り出すあっとおどろきのオチに今回もかなりおなかを抱えて笑わしてくれましたよ。

いろいろな発見や出会いを通して少しずつ成長していく模様はまさに父親視点でたのしませてくれる微笑ましいやりとりにほんと癒されるわ〜。
イメージ 2

今巻は特にキャンプ編のくだりが見所が多くてオススメです。自然と戯れるよつばがみせる当たり前のものをここまで斬新なものへと変えてしまう突拍子も無い一言にすげぇとたまげてしまわされっぱなしでした。食いつくとこが普通とちょっとずれてるこの子供視点でしか見えない世界を改めて思い出させるこの作品はホント凄い。

今年も一年記憶にのこる一冊になりましたね。
イメージ 3

開く コメント(0)

俺物語!!3 [アルコ]

イメージ 1
              俺物語!!3       とある魔術の禁書目録11       ネコあね。6
     コンビニロボットぽぷりちゃん4  ゾンビッチはビッチに含まれますか?3   絶対☆霊域6
            宇宙炉心ムーモ2        ラブやん18           ヴォイニッチホテル2
初々しさ満点の猛男と大和は、山へピクニックに出かけるが、お約束のように遭難!! 己の使命は大和を無事に家へ送り届けること。そう決意する猛男だが、一方の大和は初めて過ごす2人きりの夜にドキドキ…。 爆笑と感動と胸キュンの最強トリプルコンボで、少女マンガの枠を軽々突破! マンガ界の話題を席巻する大ヒットコメディー。
見た目、美女と野獣!?な凸凹カップルの純愛ラブラブ模様さらに加速!の第3巻。
1巻、2巻も斜め上を行く言動で爆笑させられましたが3巻も猛男の予想外のリアクションに腹抱えたわ^^

微妙にズレてる二人の気持ちがまた面白い化学反応を起こす夫婦漫才さながらの掛け合いと砂川くんの絶妙なモノローグツッコミがヤバイ。考えが何でも顔に出てしまう猛男と同じく大和さんのピュアピュアコンビの苦悩模様はお互いに空回りしてるはずなのに、思ってることは違えど結果オーライになっていく、周波数ぴったりなところがまた凄い。

悩み(落ち込み)方もダイナミックですが根がポジティブな猛男の立ち直りっぷりも格別、脳筋と言うか脊髄反射だろとしか言いようのないド直球すぎる行動が今巻も色々やらかしてやらかてやらかしまくってます。
イメージ 2
二人の微笑ましすぎなまでのスローステップな恋模様にもようやくスピードアップな予感を感じさせるピクニック⇒遭難⇒一夜二人っきりで過ごすベタだけどこの二人ならセオリーどおりの結果はでないだろうと思わせる、普通のラブコメ以上に期待を膨らませるハプニングイベントもあり、ちょっと距離が近づいてきたことで大和さんの精一杯の大胆行動がまたラブリーすぎて微笑ましい〜。

猛男の初恋の女性の登場にマジヘコミする大和さんと彼女を傷つけてしまった猛男の猛省っぷり、はじめての不協和音を描いた二人の関係が変化していくエピソードが最大の見所でした。

キャラクターのインパクトが凄い作品ですが、しっかりと不器用な恋模様を描いていくストーリー構成や、二人の成長がコミカルにそしてじわ〜っと心温まる演出で楽しませてくれる少女漫画とは思えない固定観念を吹き飛ばす型にはまらない作品です。
イメージ 3

開く コメント(0)

イメージ 1
   きんぱつへきがん関西版1        ひとつ屋根の下の1            いきなり幼なじみ!!
        つぐもも10          有線少女〜plugーin girl〜1        魔法科高校の劣等生2
         氷菓3             ディアティア2 マイディア        マジカルシェフ少女しずる1
マジメな兄(でもロリコン)の次郎と、ニート(の上にロリコン)の弟、三太。 
二人が長男の死をきっかけにひきとったのは、彼らの理想を形にしたような、金髪碧眼の美少女、シャルロットだった。ガチのロリコン兄弟と天使のような少女のありえない同居生活の行く末は…!? ちょっと危険な一つ屋根の下コメディ、第1巻!!
金髪碧眼美少女を引き取ったのはロリコン兄弟だった!?

なんか序盤のくだりがパパ聞き展開だったのでよくあるアットホーム系ハートフルコメディかなと思ってたらさすがZuki樹先生どんなバッターも打てない変化球をぶっこんできましたね^^;

兄の死、そして忘れがたみ?の金髪碧眼少女を向い入れた次男と三男の心温まるワンシーンにほっこりした途端、二人のやば過ぎる性癖がぶっぱされる第一話のオチにはかなり笑った^^

まさに兄弟にとっては願望叶ったかのような夢の同居生活ですが、端から見ると犯罪臭漂う危険な同居生活が始まっていく別の意味でドキドキハラハラな家族模様を楽しむお話ですが、新しい家族を迎えての戸惑い、ロリコン兄弟の葛藤など本当の家族になっていく過程も見所でした。
イメージ 2
この設定で繰り広げられている同居模様の一場面を描かれているカバー裏のおまけマンガは通報されてもいたし方ないガチ過ぎる反応、ほんとにダメだコイツラ(笑)

1巻は関西弁をしゃべる金髪碧眼の美少女シャルロットを迎え入れ、戸惑う兄弟達が実は突然の変化にではなく夢のような環境にギンギンになってしまう残念仕様から始まり、後半はそんなダメな性癖の所為もあってシャルロットとの距離感をつかめずにいる三太とそんな微妙な雰囲気を感じ取り寂しさを膨らませていくシャルロットとの苦悩、ちょっとした波乱を向え家族の形、絆が結ばれていくハートフルな仕上がりでした。

小学校転入編くらいから完璧に親バカッぷりを発揮していく兄弟のシャルロット愛の暴走っぷりが次巻から見所になっていきそうです。
イメージ 3

開く コメント(0)

全252ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事