アニメ・DVD

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全34ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今年は仕事の都合上、国外での勤務が大半を占めていたので例年になくそんなに数見れていなませんが、見た中で個人的に面白かった作品をランキング形式でご紹介させていただきます。
※今期のロボットアニメはMJPをちょっとかじったくらいでほぼ見てません。

また、時間の都合もあり今年はラノベのランキングはこの後投稿いたしますが、コミックス部門は断念させていただきました。時間の問題もそうですがほとんど読めていないので甲乙がつけられませんでした。


イメージ 11.有頂天家族
伊達や酔狂と言うわけではないけれど、たまにはこんな風流で趣のある作品があっても良いじゃないかと言ったバカをバカらしく楽しめる作品でした。これを見てから原作も読んでみましたが、四畳半神話体系のようなぶっ飛んだストーリーではありませんが、やはり独特の世界観と個性的な登場人物たちの掛け合いや関係性などで魅せる部分がまた面白い。まさか久米田先生がキャラデザするとは思ってもみなかった点も驚くべきところでした。「夜は短し歩けよ乙女」など森見登美彦作品が好きな人にも十分楽しめるアニメ版だったと思います。

イメージ 22.絶園のテンペスト
1クール目はそんなに注目もしていなかった作品ですが、ストーリーが進むにつれて駆け引きだったり、先が読めない展開に対してわずかなヒントを頼りに推理していく楽しみが生まれてくる物語の特性がうまくマッチした作品でした。原作もよりも先にアニメとして謎の解釈や結末を描き完結させましたが、原作は一体どんな結末を描くのかがもう一つの楽しみとなった作品でした。原作の結末は実際にコミックスを読むことをお勧めします。

イメージ 33.はたらく魔王さま!
単純に楽しめた作品でしたね。原作としてはまだ序盤も序盤ですが、ダメ魔王と覚醒後のギャップだったり、覚醒後もすっかり順法精神ばっちりだったりとよくある魔王の概念が崩れるようなキャラ設定は原作1巻が出た当初読んでもこれは面白くなる作品だとその時点で分かってしまうくらい当時目新しかったのを覚えてます。原作からは想像しかできなかった部分がアニメでは予想外の見せ方をしていたり、セリフ回しや演出も見て楽しめる工夫がしてあって、後味も悪くないライトな口当たりの作品でした。
個人的に東山奈央さんはアタリだったと思います。

イメージ 44.THE UNLIMITED兵部京介
ぶっちゃけバベルよりもパンドラ視点で原作も読んでいたので、兵部京介にスポットを当てた本作はすごく楽しみでしたし、実際面白かった。冒険をしない分堅実で無難なストーリーだったかもしれませんが、普段から飄々として本心をつかませない少佐のの苦悩や葛藤の根底となったエピソードなど見応えはありました。OP曲も今年の作品の中では個人的に上位でした。

イメージ 55.キルラキル
まだこれから2クール目が残っている本作ですが、グレンラガンのエッセンスが濃厚で、ダイナミックな視覚エフェクトだったり、ぶっ飛び演出だったりと派手さが見る者の心を奪っていく反面、ストーリーもでたらめのように見えてしっかり主軸がぶれていない点や引き伸ばしなど必要としないテンポの良さがグッドでした。強さのカンストが危ぶまれますが、天元突破も限界を超えて突破していったのでこの作品も行くところまで行くんだろうなと、今回はどこまで突っ走るのかも見どころです。相変わらず小清水さんは演技の幅が広いわ〜。

イメージ 66.のんのんびより
たぶん原作よりもテンポや間の感じがすごく良かった。蛍ちゃんのリアクションやれんげちゃんの予想の斜め上を行く発想がかなり笑わせてくれました。田舎あるあるもよかったですが、時間の流れがゆったり感じさせられる演出(セリフがなくても絵で魅せる)が見事でしたね。すごい地味な感じがあると思いますが、噛めば噛むほど味が出てくる系の良作です。1期だけで終わるのはもったいないくらいで第2期も期待したい作品ですね。

イメージ 77.戦勇。
主人公がすでに名ばかり主人公とばかりに他の登場人物が前へ前へ出まくるシュールでメタ的なおバカ作品でしたが、1期、2期を合わせたストーリーは意外と見やすい構成でした。笑いはもちろんしんみりくる展開やら大どんでん返しやら結構むちゃくちゃな設定が当たり前のように出てきたりと演じられているほうも結構大変そうな感じがする反面、実はかなり楽しそうなのではないかと思わせられる面もあり、見てて純粋に楽しめた作品でした。内容に対して1期のEDは壮大すぎた^^;

イメージ 88.ジョジョの奇妙な冒険
この作品はジョジョ好きなら外せるはずがありません。
ぶっちゃけると第2部が一番脳裏に焼き付いていないシリーズだったりしますが、おなじみの過剰とも思われるあの演出やスタイリッシュなキャラ描写、わからなくても誰かしら口走ってくれる説明いらずの新設設計などファンをうならせるポイントはしっかりと押さえられてました。ただ賛否があったやっぱり詰め込みすぎなのかもしれないと言う点は同意ですね。限られた尺と話数であれだけのものが作れただけでもかなりすごいとは思います。
第3部製作も決定してますけど、老ジョセフのVCはこのままチャレンジするのかも見ものです。

イメージ 99.まおゆう魔王勇者
これも原作から入った作品で、あの2Chで一躍名を轟かせた『この我のものとなれ、勇者よ』勇者『断る!』のフレーズでおなじみですが、スレッドのまとめサイトで読んでいたものがまさか文庫になりさらにメディアミックスされ、アニメ化までされるとは思ってもいなかった作品なだけにWeb発信の作品がもっと出てくることも願ってランクインさせました。結構人間臭いところも綺麗な面も汚い面も隠すことなく描いた世界なので原作でもきつい描写がありますが、1期と言わず2期もぜひ作ってほしいところです。
そういえばこれも小清水さんだわ。

イメージ 1010.劇場版 魔法少女まどか☆マギカ【新編】叛逆の物語
劇場版作品なので番外編扱いで10位としましたが、内容的にはストーリーのインパクトはNO.1でした。やりきれなさとは逆にこれでもよかったのかなと言う相反する思いを抱かずにはいられない、見た人それぞれに複雑な心境を与えてくれた虚淵脚本には今年の作品の中で一番賛否が真っ二つに分かれたのではないかと思います。まどマギ第2期的なうわさも出てますがこれもまた賛否が分かれそうな予感。


開く コメント(0)

ちょっと早いですが今年は例年以上にいつ更新できるのか分からないくらい仕事関係が多忙すぎなので、どこまでやれるかわかりませんが、昨晩のけいおん!!劇場版を見ながら(ヤバイ面白い、ぶっちゃけ集中できねぇ!)年末恒例の各ジャンル別個人的ランキング第1段目アニメ編をば作ってみました。

今年はいってしまいますがほとんど見てません。見れていないというのが正しいですが、パンパンになった外部HDDには約1年分がぎっしりなので正月休みにでも(休みが取れたらね)消化できたらいいな〜( -_-)

また基本ラノベ原作ものは原作読んでるから良いや的にほとんどみてないので(と言いつつ2つほどランクインしてますけど^^;)周りでは結構好評だと聞いているSAOがランクインしていないみたく世間一般とは今年は多少なりともズレてると思います。(子安劇場は見たけどね。あれは良かった>ォィ)

P4とかシュタインズゲートとかしっかり見とけばよかったと後悔しつつも数少ない視聴からのチョイスになります。

イメージ 11.Another
今年一番のショキングアニメと言っても良いくらい斬新な死亡シーンでインパクトありすぎ、ネタにされすぎアナザーを1位にあげてみました。コミックスから入りましたが、しっかり原作まで手を出してアニメやコミックスでは描写できなかった細部まで補完したりとかなり楽しませてくれた作品でした。アニメ版は後半の研修所というかまさに猟奇的殺人が起こるに相応しい雰囲気を兼ね備えている洋館でのバトルロワイアルぎみの殺人劇は怖さ以上に笑いが先立ってしまった^^;
製作サイドあっぱれと言うべきか完全にやられたよあの演出には。
         
                      アナザーなら死んでた!【中二病OPパロ】

イメージ 22.となりの怪物くん
原作6巻までは購読していた作品。多分いつかはアニメ化するんじゃなかと思ってましたが、予想以上に面白かった。おはずかしながら少女漫画系はそこそこ読んでますが、コレとタアモさんのと川原先生のやつはダンチでオススメ。でもって怪物くんは既読で分かっていても毎週毎週何かしらの波乱じみた騒動が巻き起こるので、折角良い感じになってきそうなところでぶちまけてしまうすでに様式美と化した二人のやり取りが楽しみで見てました。これ2期やらないかな。

イメージ 33.Fate/Zero
完全にライダー陣営びいきでみずにはおれなかった後半戦。コミケで長時間並んだのも今は良い思い出ですが、購入した小説原作を読み返してみても周りで言われているほどそこまで再現度が低いとは感じませんでしたが、若干出して欲しかったシーンやセリフが抜けてたりしていたのは残念でしたが、円盤では補完されてたりするなら買ってみようかな。
あと全然関係ないけど、あまりのカッコよさについ買ってしまったよセイバー・モータード・キュイラッシェ

イメージ 44.ジョジョの奇妙な冒険
ジョジョーーーー!俺は会社を辞めたぞーーー!!   (ウソです。でも半分願望)
今年最後の秋放送と言う後半スタートながらのごぼう抜きといっても良い素晴らしいデキ。本編は4部完結までなので、今まさにジョジョの一番面白いと思っていた1〜2部をこのクオリティで再現してくれるとは予想裏切る面白さ。あの擬音の秀逸さと丁寧すぎるまでの説明口調、SWのおっさんが息切れしそうなまでの長文をどんなピンチな状況ですらしゃべり遂げてしまうシリアスな笑いと小気味よいテンポで繰り出されていく名言が素晴らしすぎる。リアクションだけでもおなかいっぱいになれます。
第2期は3、4部を是非やって欲しいですね。と言うかこのまま絶え間なくジョジョシリーズとして続いていかないかな?

イメージ 55.偽物語
化物語につづき原作ファーストシーズン最後となる偽物語も雑談パートがひかる阿良々木くんのマシンガンなツッコミとメタ発言に加え、前作以上のセクハラ度もUPして段々変態紳士ぶりが板についてきたりと妹達を絡めたちょっと可笑しな阿良々木家の姉妹が巻き込まれた怪異に対して見せたお兄ちゃんの戦いも見ごたえありました。
大晦日の猫物語も楽しみですね。なんやかんやでリアル放送は見れないかもしれませんが、ガハラさんと羽川さんの珍しいツーショットが・・・ってアレは白の方だっけか。

イメージ 66.坂道のアポロン
クラシカルと言うかノスタルジックな時代風景と、恋に青春に友情そして全てをつなぐ音楽(ジャズ)が魅せる見ごたえ+聞きごたえのある作品でした。最終話直前、折角家族の輪が出来上がりつつあったところにやってきたあの事故を境に居なくなってしまった千太郎の行方と薫、律子との関係が気になってしょうがなかった最終話はアフターストーリーっぽくまとまっていて見たかった二人のセッションで締めくくったラストはかなり良かった。原作はまだまだ連載中ですが、一体どんな結末になっていくのかこっちはこっちで楽しみです。

イメージ 77.氷菓
いわずと知れた古典部シリーズ。学生最後の年に原作を読み始めた青春ミステリーの一冊だったのでよく覚えている題材でしたが、アニメ版は結構原作を変えて魅せたり、設定を若干いじったりしてましたがぜんぜん違和感なく受け入れられました。キャラの個性もさることながらキーワードと伏線から推理していく中でのミスリードさせられる落とし穴が待ち受けていたりとあっと驚かせる仕掛けとか演出が良かった。
2クールにわたっての製作で大分原作のストックがなくなってきてますが、さすがにOVAはともかく第2期はなさそうですね。でも二人の距離〜までは是非やって欲しいと言うのが本音。この続きがわたし、気になります!

イメージ 88.人類は衰退しました
あの可愛い見た目に反して不条理でブラックユーモア溢れるオチが待ち受けているこのシリーズを見事に描いてくれてます。原作を買ったときもこれでもあかってなくらい泣かされた家族計画の流れから田中ロミオさんの名前だけで買ったのでまさかこんなまったりゆったりの中に劇薬を混ぜ込んだ作品だったとは余計に思いもよらない予想外の印象を受けたのを今でも覚えてます。最近のアニメでもコレ系の作品ってあまり見かけなくなってきたので、逆に新鮮とまでは行かないまでも懐かしめましたね。

イメージ 99.one off
TVAではないですが個人的に同じ単車乗りとしては外せない作品でした。全然関係ないですが、学生時代に見たフリクリと言うアニメで気に入ってしまった念願のベスパGTS250を乗り回してます。でもってOneOffは全面的にホンダスクーターばかりでしたがバイク前面押しではなく、何か時間が止まっているかのような小さな世界での女子高生達の何気ない生活模様を描いた前半に対して少女達が出会いを通して成長していくことで世界が広がり動き出していくような印象を感じさせる後編と言ったバイクというツールを用いては居ますが、絆と心の成長が瑞々しくて透明感溢れる作品でした。あぁ〜スクーターでもツーリングしてみたい!

イメージ 1010.中二病でも恋がしたい!
氷菓の後にコレが来た(放映開始)時は奉太郎が痛いキャラになったのかとはじめは違和感払拭に時間がかかりましたがなんとか序盤話で切り替えられましたよ^^;
ストーリーももっと痛鬱路線に進むのかと思っていたのが最後まで案外ライトな口当たりだった。絵柄的にエグイ話が来てもどうかと思いますが、まあちょっとしたトラウマ時代がフラッシュバックしてきてしまうくらいには痛いところ突かれる作品でした。
森サマーが後半ぐいぐい来てましたが、私はずっとお姉ちゃん派でした>ォィ
そして芳忠さんの使い方がナレだけってかなり贅沢すぎ。久々に聞いた天野由梨さんも良かったですが、母親役が最近多くないかい?


開く コメント(0)

イメージ 1
                    『カーニバル・ファンタズム』3rd Season 初回限定版

濃密な12分間。
映像特典はまるで劇場版のダイジェスト、はたまたPVを見ているかのようなハイクオリティの映像美で贈る圧巻のプロトタイプ版Fate。

マテリアルの中の世界(設定)が今映像となってよみがえる、誰もが予想すらしていなかったサプライズな特典映像。ちょっと鳥肌たったじゃないですか^^
この映像見てるとどうしてもOVAとか劇場化とか期待してしまいますが、この12分だけでも凄く見てみたいと思わせるだけの魅力が詰まってます。

イメージ 2

カーニバル・ファンタズム本編のほうは毎度のことながら巧みに笑いどころをつついてくるシュールなやり取りを彩る演出(見せ方)、ほとんどオリジナルのエピソードばかりで何が飛び出してくるのかワクワクさせられることも含めてパロディ作品らしいキャラ崩壊っぷりを爆笑しながら楽しめる最後まで一切手を抜かないこだわりを感じさせる完結巻でした。

個人的に気に入っているのが中田譲治さんが演じる言峰綺礼の残念発言ばかりの泣き言がたまらなく好き。特に今期はZeroでミステリアスな役柄(ポジション)の綺礼さんのイメージが強いだけにこのギャップがより一層おかしくしてくれてます^^

突然でてきた聖杯さんもドラ○もん風なパロディですが、扱うネタがどれもヤバイ^^;
しかもだんだんちょっぴりやばいドラ○もんじゃなくて、甘い言葉で心を掌握していくキュウベえさんっぽく見えてきてしまうあの悪魔のささやきキャラに思わず吹いた^^

ラストではカーニバル・ファンタズムオールキャスト+α(Fate/Zero)と言う豪華な面々が総動員されており、無いとはわかっていても第4期を熱望(期待)してしまう名残惜しさがひとしおな演出にやられた^^;
イメージ 3

開く コメント(0)

昨年は時間の都合と実際問題あまりアニメを見ることが出来なかったことも重なり未実施でしたが、今年はあまり見ていないのは引き続きかわらずですが、視聴した中でこれはと言うものを個人的に今年のランキングをつけてみました。


イメージ 11.Fate/Zero
とりあえず今期ではダントツのクオリティとストーリー構成・演出といった最高峰の作品としか言いようのない完成度の高さ。ホントに30分未満の放映時間の中で経過するスピードがハンパじゃないくらい集中してしまう=引き込まれる圧倒的な作品力。もう一回小説版を読み直してみたくなります。もちろんBD-BOXは速攻カゴにいれましたよ^^
とは言え前期・後期での2クール作品なので、今期は完璧にライダー陣営にもってかれたところでおわっちゃてて、しかもキャスターさんとの決戦直前と言う焦らしプレイに第2期が待ち遠しすぎる。



イメージ 22.あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
わかってたよ。わかってたけど最後はおっさん泣きしちゃったよ^^;
あれは卑怯なくらい弱いところをえぐってくれましたね。全員が幼い頃におっためんまの事故によるトラウマを抱え、10年後その傷を様々な形で負ったまま成長し、そして再会を果たした5人の青春ドラマはすれ違いや嫉妬、秘めた想いなど交差する5人のそれぞれが純粋で真っ直ぐな気持ちのぶつかりが見てるこっちも色々昔を思い出し考えさせられるアニメでした。聖地が結構近いのでいっぺん行ってみましたが町も一体となって後援してたりと社会現象となったのもうなずける作品。



イメージ 3  3.STEINS;GATE
時間跳躍系(タイムリープ)はどうしてもタイムパラドクスや矛盾などタイムスケジュールが小難しくてあまり得意なジャンルじゃなかったのですが、これも登場人物の個性の強さと次から次えと謎が深まっていくストーリー構成など見せ方もかなり良かったです。
劇場版も控えてますが、BD第9巻に収録されるTV未放映のエピソードは色々登場人物の知られざる一面が見られそうで今から楽しみです。



イメージ 44.WORKING´!!
安定の第2期。
原作コミックス以上に動く絵での魅せ方が面白く、第一期以上にキャラたちの恋模様も加速しているんだかどうなんだか分からない中確実に混沌と化して行っているのだけは分かるワグナリアの日常風景は気ずくと思わずニヤニヤしながらみてたりと、素になったときにこっちもダメージを負ってしまう鉄板のラブコメ展開。これ原作ストックがまたたまれば第3期も普通にありそうなのでまた来年あたりぽっと出てきそうですね。



イメージ 55.アイドルマスター
意外でしたが、正直面白かったです。あんまり記憶に残ってませんが、数年前にやらかしたロボッ・・・何でもありません>ォィ
ゲーム(原作)は未プレイなので浅い設定くらいしか知りませんでしたが、各キャラの紹介を兼ねた序盤、掘り下げていった中盤、そして全員の想いをひとつに纏め上げメンバー一体となり作り上げたステージを通して目指すアイドル像へと帰結していくストーリーは良かったですね。
思わずPS3ソフトを買いそうになっちゃいましたが、体験版でぐっとこらえましたよ^^;



イメージ 6次点.カーニバル・ファンタズム
OVA作品なので次点扱いにしましたが、実は一番面白かった。笑えるという意味で。
実際の作品では決して見ることが出来ない月型キャラの壊れっぷりや意外性しかないはっちゃけぶりはもうシュールなシチュエーションと小気味よいテンポで贈られるコメディ模様は元となったコミックスを遥に超える演出とアレンジが加えられていてしかも毎回驚かせてくれるサプライズ要素がまた楽しみのひとつな今期イチオシのアニメでした。

来期は「あの夏〜」がちょっと楽しみです。


開く コメント(1)

イメージ 1
                        カーニバル・ファンタズム 2nd Season
TYPE-MOON10周年記念アニメーション 『カーニバル・ファンタズム』のシーズン2が登場!!

『野生の王者』
解説に衛宮士郎とセイバーを迎え、セイバーライオンの生態に迫る。
『はたらくセイバー』
アーネンエルベで働くことになったセイバー、ギルガメッシュの横暴に堪えきれなくなった彼女は黒セイバーへと変身する!?
他全4話収録。
やばい、腹痛て〜〜〜www

セカンドシーズンも笑かしてくれるギャップブレーカーなおバカ展開であっという間の約1時間。
相変わらずオモチャにされてるランサーとかもう死亡要員としか思えないくらい逝っちゃってたり、キャス子さんの若奥様っぷりがラブリー過ぎたりと過剰におバカ度があがりまくってキャラ崩壊気味にぬるぬる動く良作のOVA。

さくら劇場では薄幸少女・さくらの自虐的なんだけどどこか可愛そうな自分に酔いまくったナルシーでブラックさがところどころで見え隠れしてて、なんとかさくらを救おうと影ながら奮闘していたライダーさんすらも最後にはもうどうでもいい感じに投げっぱなし感が漂うシュールな演出で笑った^^
表面の白さと内面の黒さの見せ方が秀逸でした。

原作では普段描かれないようなキャラどうしの掛け合いや作品を超えたコラボがまた新鮮なだけでなくどんどん初期設定がブレまくっていくアンソロ作品らしさと言うか強みが良い味出してます。

なんか凄く短かったように感じてしまうくらいハイテンポ・ハイテンションで進んでいくのであれよあれよと言う間に終わってました^^;
すでに4周目突入です。また次巻12月(3rd)まで待つのはちょっと長い・・・orz
とりあえず今晩のZeroのほうでつないでいこう。
イメージ 2

開く コメント(0)

全34ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事