モーちゃんの人生を楽しむブログです。一緒に人生を楽しもう!

モーちゃんのブログへようこそ!私の車中泊の旅や海外の旅などを中心に日々の生活をレポートしています。

全体表示

[ リスト ]

絶景を楽しめるユングフラウ鉄道・スイス2001


スイス2001シリーズを再開します。

2001年6月27日、グリンデルワルトで宿泊したのアイガーブリックホテルです。

イメージ 1


このホテルは高台にあって、とても眺めがよく、下界を楽しめます。

イメージ 2


グリンデルワルトはユングフラウ観光の拠点であり、ユングフラウヨッホへの登山電車の起点でもあります。

イメージ 3


まずグリンデルワルトからクライネ・シャイデック行きのユングフラウ鉄道に乗ります。

ここですでに標高1,067メートルあります。

イメージ 4


ユングフラウを背景に登山鉄道はぐんぐんと登っていきます。

手前がアイガー北壁、右の白いピークがシルバーホーンです。

イメージ 5


車窓から見るアイガー北壁です。

アイガー(標高は3,975 m)北壁は、高さ1800mの岩壁で、グランドジョラスの北壁、マッターホルン北壁とともに、

三大北壁と呼ばれているそうです。

イメージ 6


車窓から見るユングフラウ、メンヒ、シルバーホーン北壁です。

イメージ 7


やがて登山鉄道の乗換駅クライネシャイデック駅に到着です。

ここでユングフラウヨッホ行きの鉄道に乗り換えるのですが、ここは単に乗り換えるだけではもったいないのです。

ここから登山鉄道とアイガー、メンヒ、ユングフラウなどを背景にした雄大な景色が360度堪能できるのです。

したがって、旅行ガイドブックや、パンプレットには必ずといっても良いくらい掲載されているスポットなのです。

奥にロープウェイが見えます。

イメージ 8


この山岳鉄道の最大勾配は日本で最も急な勾配がある区間より、さらに3倍ほど急な傾斜であるそうです。

どうですか、この絶景、すばらしいでしょう。 

これは帰りにロープウェイから撮影したものです。

したがって、上の写真の反対側から撮った風景です。

イメージ 9


これは2004年10月10日付けの読売新聞に掲載されたクライネシャイデック駅とメンヒ、ユングフラウ、アイガーの絶景です。

(写真右下の+マークをクリックすると拡大されます)
イメージ 10


アイガー、ユングフラウ、メンヒはスイスを代表する山でオーバーランド三山と言われているそうです。






★今年の月別の目次です→ 10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事