モーちゃんの人生を楽しむブログです。一緒に人生を楽しもう!

モーちゃんのブログへようこそ!私の車中泊の旅や海外の旅などを中心に日々の生活をレポートしています。

全体表示

[ リスト ]

失敗したミトーへの行き方・ミトー2015

(今年の1月15日から2月5日にかけて行ったベトナム旅行記を続けています)

旅行で最後に訪れたハノイの旅行記が終わりましたので、今日から最初に戻って、ミトーの旅行記の続きに入ります。


★ホーチミンのタンソンニャット空港に着いた私たちは空港からホーチミンではなく、ミトーを目指しました。

メコンデルタを見るにはホーチミンからツアーで行くのではなく、メコンデルタ地域の入り口の町である、

ミトーに行った方が良いと思い、ミトーに宿を2泊予約してあったのです。

イメージ 5

★ミトーへの交通はホーチミンのミエンタイバスターミナルからバスで行けると地球の歩き方に載っていました。

そこで、空港からタクシーでミエンタイバスターミナルまで行きました。

メータータクシーであることだけは確認して乗ったのですが、かなりの距離を走ってバスターミナルに着きました。

料金は220,000ドン(1430円)でした。これが適正な料金かはわかりません。

後で分かったのですが、空港からバスでベンタインバスターミナル(5000ドン:28円)へ行くと、

そこからミエンタイバスターミナルまで行くバス(5000ドン:28円)があることがわかりました。

時間はかかりますが、バスを乗り継げば比較にならないほど安く行けたのです。

ミエンタイバスターミナルは大きなバスターミナルでバスがたくさん停まっていました。

ただ、こちらのバスターミナルはどこもそうですが、ターミナルビルのようなものは無く、

原野にバスが並んでいる感じです。

イメージ 1

バスターミナルに切符を売る小さな建物があり、窓口の女性が「こっちだ! こっちだ!」と手招きします。

ちゃんとした切符売り場の様子だったので、何の疑いもなく、手招きされた窓口でミトー行きの

バスの切符を買いました。

1人80,000ドン(450円)でした。

粗末な切符にゴム印で80,000ドンと押されていました。

イメージ 2

買った切符はマイクロバスの切符でした。

そして乗ったマイクロバスは、座席のカバーが破れたボロボロの車体でした。

このオンボロマイクロバスが飛ばすこと、本当に乗っていて恐ろしくなるほど飛ばすのです。

たぶん、「目的地へ早く着く」がマイクロバスの取り柄なのでしょう。

そして「ミトー!」と言われて降ろされたのが、なんと幹線道路のガソリンスタンドの前だったのです。

そして、そこで降りたのは我々2人だけでした。

ちっともバスターミナルらしき様子ではありません。

おかしいな〜 これがミトーのバスターミナルかな〜と思いました。

イメージ 3

そして、すぐに何人かの男たちに取り囲まれました。

バイクタクシーの運ちゃんたちです。

市内まで1人100,000ドンだと言います。

高いのとバイクタクシーは危ないので、乗るつもりはありませんでした。

男たちを振り切って、タクシーがないか、近くをうろつきますが、見当たりません。

男たちが近寄ってきて、「タクシーはないよ、市内まで50,000ドンでいいよ」と

すぐに半値にしました。

それにしても高いと思いましたが、「仕方ないな」とスピードを出さないことを約束させ、乗ることにしました。

2人ですから、バイク2台です。

我々はバイクの後ろの荷台に乗りますが、大きなスーツケースはどうするのかと思いきや、

2つのスーツケースは2人のバイクの運ちゃんの前で両足で挟むようにして運んだのです。

びっくりです。運転に影響はないのかと心配になりました。

タイのバイクタクシーと違って、ここでは乗客にもヘルメットを貸してくれました。

たぶん、ルールが厳しいのでしょう。

と、なんとかミトーに予約していた「Song Tien Hotel」にたどり着くことができました。

イメージ 4

ミトーに2泊して、ホーチミンに戻る時にマイクロバスのカラクリ?(手口?)がはっきり分かりました。

そのきっかけは・・・

ミトーのホテルからミトーのバスターミナルまでタクシーで行った時(66,000ドン:370円)です。

着いたミトーのバスターミナルは来た時に停まったガソリンスタンドではなく、

バスがたくさん停まっているバスターミナルだったのです。

イメージ 6

つまり、来た時は本来のバスターミナルではなく、バイクタクシーが待っているところで降ろし、

我々何も知らない外国人をバイクタクシーに引き継いだという訳です。

来る時のバスも我々が乗ろうとした本来の大型バスではなく、手招きでまねかれるまま切符を買った、

別人が運営するマイクロバスで、外国人用の値段で買わされたのです。

と、いうのは、マイクロバスには地元の人も乗っていました。

安い大型バスがあるのに、地元の人が80,000ドンも出して乗るはずはないので、

地元の人には大型バスより少し高い運賃で売るのだと思います。

地元の人でも急いでいる人は少し高いお金をだしてマイクロバスに乗るのだと思われます。

私の地球の歩き方は2008〜2009版でちょっと古いのですが、ミトーまでのバスは24,000ドンとありました。

多少値上がりがあるでしょうが、それでもマイクロバスの80,000ドンは高いです。

誘いに乗らずに、しっかりと自分の乗るバスを見極めれば良かったのでした。

細かいようですが、本来のバスを使った方法と、誘いに乗った方法の違いを計算してみました。

★空港からミトーのホテルまでの片道運賃2人分

・熟知していなかった今回の場合:合計48万ドン:2,700円
(空港からタクシー22万ドン、ミトーへマイクロバス8万×2=16万ドン、ホテルへバイクタクシー5万×2=10万ドン)

・熟知して本来のバスを使ったとした場合:合計13.4万ドン:750円
(空港からバス0.5万ドン×4=2万ドン、ミトーへ大型バス2.4万ドン×2=4.8万ドン、ホテルへタクシー6.6万ドン)


★今回の失敗は全てが「熟知していなかった」ことによる失敗でした。

金額としてはたいしたことないのですが、この失敗をどうみるかは人それぞれではないでしょうか。

長くなりましたが、ミトーへ行かれる方には参考になると思います。













総合目次からいろいろなページを訪れてみて下さい↓

モーちゃんのブログの総合目次です

★下記のURLをお気に入りに登録するといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://blogs.yahoo.co.jp/whfsc363/
 または、「モーちゃんの人生」で検索してください。
モーちゃんのPinterestです


閉じる コメント(2)

顔アイコン

もーちゃんさん、初めまして。私は今ミトーにいます。しがない中年サラリーマンのひとり旅です。私もバスで安く行こうかと思っていたのですが、結局はミエンタイのバスターミナル迄タクシーでいき、FUTAバスで何と10万donも払って、かつバスターミナルのかなり手前で下ろされた次第です。エリアによってTPOを使い分けないといけませんね。ただ、私の下ろされた場所は、運転手があのタクシーに乗れ、とマイリンタクシーを指さし、そこそこ良心的だなと思いました。結果としてすごく高かったのは、もっと遠くに行くバスにのり、途中下車させたためとわかりました。なかなか異国では意思の疎通が難しいですね。

2015/11/21(土) 午後 10:18 [ マサデト ]

顔アイコン

マサデトさん、初めまして、ようこそモーちゃんの人生を楽しむブログのブログへ。そうですか、マサデトさんも私と同じですね。でもバスは私の時より2万ドン高いですね。
これも、のほほんとしていたら、こんなものかと、騙されてことに気づかないですよね。そこが旨いところです。
全く、ベトナムではあの手この手で観光客を騙してお金を稼ごうとします。全く油断も隙もありません。

2015/11/21(土) 午後 10:38 モーちゃん


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事