モーちゃんの人生を楽しむブログです。一緒に人生を楽しもう!

モーちゃんのブログへようこそ!私の車中泊の旅や海外の旅などを中心に日々の生活をレポートしています。

全体表示

[ リスト ]

貸切のメコンデルタクルーズ・ミトー2015


1月16日、メコンデルタクルーズのためにわざわざミトーまでやってきました。

メコンデルタクルーズの船はこのミトーから出発するのです。

そのために、ホテルはメコン川に近いところに取りました。

そしてこれがメコンデルタクルーズのためにミトーで貸し切った小型ボートです。

イメージ 1

「貸し切った」と言うとカッコイイのですが、ホテルのすぐ近くに小型ボートの

発着所があって、たくさんの小型ボートが停泊していてクルーズ客を誘っているのです。

その中で、条件の良さそうなボートに乗ることにしたのです。

イメージ 14

55歳になるという、案内人のトラックさんです。

他にボートの操船員が1人乗ります。

貸切代は500,000ドン(2,800円)でした。

案内人がついての半日クルーズですから、我々にとっては安く感じました。

イメージ 2

後で分かったことですが、ベトナムでクルーズ船に乗るには船を1槽貸し切ることになるのです。

他の国で乗るように、1名や2名で他の客と一緒に乗るというシステムはないのです。

つまり、個人で貸し切るか、グループ(ツアー)で貸し切るかのどちらかになるのです。

幸い、我々はミトーに着いたその日に小型船を貸し切ることができたのでした。

と、言うか、買い手市場で、クルーズ客を待っている小型船はいくらでもあるのでした。

500mほど離れたところに大型ボートの乗り場がありました。

こちらは100%ツアー客の利用です。

イメージ 3

大型ボートといっても、これくらいのボートです。

イメージ 4

クルーズへ出発すると、しばらくはこのような川幅の広いメコン川を下っていきます。

このメコン川はただ川幅が広いだけで面白いことはありません。

イメージ 5

川の岸には海で漁をする船が見られます。

イメージ 6

やがてボートはメコン川の支流へと入っていきます。

この支流もクルーズ船の決まったコースになっているらしく、客を乗せたボートと

何回もすれ違います。

イメージ 7

すれ違うボートはどれも団体客が乗った大型のボートでした。

イメージ 12

支流を上流へと進むにしたがって、川幅が狭くなり、ヤシが多くなってきます。

イメージ 8

背の低い葉だけのヤシはウォーターヤシだそうです。

ウォーターヤシは幹がなく、葉がいきなり水の中から空へ突き出ています。

幹がないので、実も水の中から突き出て実るのです。

イメージ 15

ウォーターヤシに混じって普通の背の高いヤシも見られます。

イメージ 9

背の高いヤシには木の上にヤシの実が実っています。

イメージ 10

支流の奥に入るにしたがって、ジャングルの様相を呈してきます。

イメージ 11

最後にはこんなに狭い上流まで来てしまいました。

大型ボートは向きを変えられないので、こんな上流までは来ません。

イメージ 13














総合目次からいろいろなページを訪れてみて下さい↓

モーちゃんのブログの総合目次です

★下記のURLをお気に入りに登録するといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://blogs.yahoo.co.jp/whfsc363/
 または、「モーちゃんの人生」で検索してください。
モーちゃんのPinterestです



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事