モーちゃんの人生を楽しむブログです。一緒に人生を楽しもう!

モーちゃんのブログへようこそ!私の車中泊の旅や海外の旅などを中心に日々の生活をレポートしています。

全体表示

[ リスト ]

威厳のあるミンマン帝廟・フエ2015

(今年の1月15日から2月5日にかけて行ったベトナム旅行記を続けています)

今日からベトナム旅行のフエのお話に戻ります。

フエはベトナムの古都で、南のホーチミンと北のハノイのほぼ中間に位置します。

そしてミンマン帝廟は町の中心部から南西約14kmに位置します。

ベトナム最後の王朝である阮朝(グエン朝:1802〜1945)時代の2代目の皇帝である

ミンマン帝の墳墓です。

ミンマン帝は1820年-1841年にかけて在位していたそうです。

ミンマン帝廟の入り口、左紅門です。

イメージ 1

こちらが正門ですが、ここはミンマン帝が亡くなった時だけ使用され、

それ以来閉ざされているのだそうです。

内部から見て正門の50m程左にある左紅門から入ります。

イメージ 2

正門から一直線上にある建物で、この中に石碑があります。

正門からミンマン帝の墳墓まで一直線上に施設があり、これはミンマン帝の性格を表しているのだそうです。

イメージ 3

ドアもない建物の中に石碑が収められています。

イメージ 4

これはミンマン帝の功績を讃える石碑だそうですが・・・

イメージ 5

中国の影響でしょうか、漢字で書かれているのです。

イメージ 6

石碑の次に一直線上にあるのが顕徳門です。

イメージ 7

顕徳門には3つの門があり、中央は閉まっていました。

とても美しい門で、屋根には竜の飾り物がたくさんあります。

これも中国の影響でしょうか。

イメージ 8

次に進むと崇恩殿が現れます。

イメージ 9

崇恩殿には皇帝と皇后の位牌が安置されているということです。

イメージ 10

次に裏門を通ります。

イメージ 11

次に現れるのが蓮池の橋の先にある明楼です。

イメージ 12

ミンマン帝はここで観月したとのことです。

イメージ 13

ここを通り抜けると道の先に森のようなものが見えます。

あそこがミンマン帝の墓なのです。

イメージ 14

一度下ってまた蓮池を通ります。

イメージ 15

そしてやっとミンマン帝の墓にたどり着きました。

日本の古墳のような墓です。

上がったり、下がったりの長い道のりでした。

ここで行き止まり。この先には行けません。

イメージ 16

ミンマン帝は歴代皇帝の中で一番グエン王朝の繁栄に貢献したとのことです。

アオザイをベトナム全国に広めたりしたのもミンマン帝なのだそうです。

ミンマン帝廟は広大な敷地で、かなり歩くので覚悟が必要です。










総合目次からいろいろなページを訪れてみて下さい↓

モーちゃんのブログの総合目次です

★下記のURLをお気に入りに登録するといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://blogs.yahoo.co.jp/whfsc363/
 または、「モーちゃんの人生」で検索してください。
モーちゃんのPinterestです



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事