モーちゃんの人生を楽しむブログです。一緒に人生を楽しもう!

モーちゃんのブログへようこそ!私の車中泊の旅や海外の旅などを中心に日々の生活をレポートしています。

全体表示

[ リスト ]

ついに囲碁でもコンピューターが勝った!


今朝のNHK・BSワールドニュースで放映されていました。

ついに囲碁の世界でもコンピューターが人間に勝ったそうです。

2500年の歴史があり、世界で4000万人もの人が楽しんでいる囲碁ですが、

ヨーロッパのチャンピオンのプロ棋士とコンピューターとが5回対戦し、

コンピューターが全勝したのだそうです。

イメージ 1

米IT大手グーグルと英グーグル・ディープマインド社の研究チームが人工知能(AI)を

向上させて開発したそうです。

将棋やチェスの世界ではすでにコンピューターが人間に勝っていますが、

囲碁はマス目が多いので、コンピューターが人間に勝つことは当分ないと私は思っていました。

これはすごいことだと思います。

単純にソフトの開発ではなく、人工知能を駆使したことがポイントではないでしょうか。

ニュースの映像を動画でどうぞ。プレイボタンをクリックしてください。




詳細は下記を参照してください。

★YAHOO!ニュース:「囲碁でプロ棋士に初勝利=グーグル、コンピューターで」より
 米IT大手グーグルと英グーグル・ディープマインド社の研究チームはコンピューターの囲碁プログラム「アルファ碁」を開発し、
2013〜15年の欧州チャンピオンのプロ棋士と対戦して5戦全勝したと、27日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。
 プログラムが、正式なフルサイズ碁盤の囲碁で人間のプロ棋士に勝ったのは初めてで、市販の主要な囲碁プログラムとの対戦では
勝率99.8%を誇るという。同誌によると、3月には世界最強と呼ばれる韓国のプロ棋士に挑戦する予定。
 古典的なボードゲームでは、1997年に米IBM社のコンピューター「ディープブルー」のチェスのプログラムが、
当時世界王者のガルリ・カスパロフ氏(アゼルバイジャン出身)に初めて勝ったことが知られる。
 縦横19本ずつの線の交点に碁石を置き、相手より陣地を多く取る囲碁では膨大な計算が必要となり、
プログラムがプロ棋士に勝つにはあと10年程度かかるとみられていた。研究チームは碁盤上の自分と相手の碁石を評価し、
今後打つ手を選択する計算手法をそれぞれ改良、計算量を大幅に減らした。
 ボードゲームのプログラム開発成果は人工知能(AI)を向上させ、さまざまな産業応用が期待できる。
日本では情報処理学会が日本将棋連盟の協力を得てコンピューター将棋プロジェクトに取り組み、
実力がトップレベルのプロ棋士に追い付いたとして、昨年10月に終了宣言を行った。 









総合目次からいろいろなページを訪れてみて下さい↓

モーちゃんのブログの総合目次です


★下記のURLをお気に入りに登録するといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://blogs.yahoo.co.jp/whfsc363/
 または、「モーちゃんの人生」で検索してください。
モーちゃんのPinterestです


閉じる コメント(2)

顔アイコン

今後、プロの棋士はなくなるのでしょうか。

2016/1/28(木) 午後 2:27 トアン

顔アイコン

いえ、そんなことはないと思いますよ トアンさん
人は人、コンピューターはコンピューターで、生きている世界が違うのですから、各々の世界で競えばいいと思いますよ。
そのうちに「コンピューター囲碁世界選手権」なんて開かれそうですね
いやいやそしたら面白いだろうなあ・・・

2016/1/28(木) 午後 3:03 モーちゃん


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事