モーちゃんの人生を楽しむブログです。一緒に人生を楽しもう!

モーちゃんのブログへようこそ!私の車中泊の旅や海外の旅などを中心に日々の生活をレポートしています。

全体表示

[ リスト ]

テニスボールかごスタンドの作成

  (***** モーちゃんのブログの全体を見るにはこちら総合目次からお入りください *****)


我がテニスチーム、ラポーム(フランス語で「手のひら」の意味で「テニス」の語源)の

テニスボールを入れたかごです。

いつもこのかごをコートの物置から取り出して練習しているのですが・・・

地面に置いたかごのボールを取るのに、いちいち腰をかがめて取らなければなりません。

イメージ 13

そこで、かごのスタンドを作ることにしました。

まず、厚さ9mmのベニヤ板でかごが入る箱を作ります。

サイズは420✖310✖200mmです。

仕上げに水性塗料を13回塗りこみました。

イメージ 1

そして底には水抜き穴を開けます。

イメージ 2

同じように、スタンドの下を固定するもう一つの箱を作ります。

木で箱を正確に作るのはなかなか難しいことです。

長さ、直角などを正確に測って注意深く作ります。

サイズは420✖310✖110mmです。

イメージ 3

2✖20✖20のアングルアルミ材料を690mmの長さにカットしたものを4本そろえます。

イメージ 4

ベニアボックスのサイズに合わせて穴を開けます。

イメージ 5

アルミ材を木の箱に取り付けるのですが、アルミの厚さ2mm+ベニアの厚さ9mm=11mmのネジが必要なのですが、そんなネジはありません。

10mmのネジはあるのですが、木部に食い込む部分がわずか8mmとなってしまうので、12mmのネジの先端を1mm削って11mmのネジを作りました。

イメージ 6

2つのベニアボックスをアルミ材でつないでスタンドが出来上がりました。

イメージ 7

下のボックスにキャスターを取り付けます。

イメージ 8

ところが、いざ使ってみると、コートをゴロゴロと引っ張る時に出る音が箱に響いて結構うるさく感じました。

そこで、キャスターをゴム板に取り付け、そのゴム板を箱に取り付けることによって、ノイズを遮断することにしました。

そして、箱の底板にも合板を貼り付けて、音を消すようにしました。

その結果、ゴロゴロ音はかなり静かになりました。

イメージ 9

こうすることによって、キャスターと箱とは直接触れることなく、ゴムを通して固定されます。

イメージ 10

クラブ名「La Paume」を書き入れて完成です。

実はこの名を書き入れるのが一番大変で、午前中から夜まで1日中かかりました。

イメージ 11

早速、今日、コートで使ってみました。

イメージ 12

高さもちょうど良く、キャスターもスムーズでVery Good!でしたけど・・・

初めて作ったこともあり、検討、材料探しと購入、作成に10日ほどもかかってしまいました。









★下記のURLをお気に入りに登録するといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://blogs.yahoo.co.jp/whfsc363/
 または、「モーちゃんの人生」で検索してください。
モーちゃんのPinterestです



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事