モーちゃんの人生を楽しむブログです。一緒に人生を楽しもう!

モーちゃんのブログへようこそ!私の車中泊の旅や海外の旅などを中心に日々の生活をレポートしています。

全体表示

[ リスト ]

バスからの眺めを楽しむ・南イタリア2016

  (***** モーちゃんのブログの全体を見るにはこちら総合目次からお入りください *****)

(南イタリア旅行からは11月9日に帰宅しましたが、旅行の話を続けております)

ソレントからサレルノまでの40キロに及ぶ海岸線はコスティエーラ・アマルフィターナと呼ばれ、

世界で最も美しい海岸線の一つととして有名です。

したがって、アマルフィ海岸の観光で、一番の楽しみがバスからの眺めです。

岩壁のちょっとしたスペースに作られた千差万別の白い建物が面白いのです。

バスから見上げるような光景もありますが・・・

イメージ 1

道路が高いところを走っている場所が多いので、多くの光景は見下ろす形となります。

ここのように、ちょっとしたスペースにひしめき合うように建物が作られています。

イメージ 10

建物が建てられるスペースは様々で、ここは割とスペースの広い例です。

イメージ 2

平らなスペースがほとんどないようなところでも、眺めが良いところでは

このように岩壁に張り付くように建てられています。

イメージ 3

そして、このような独立した建物は、音楽家や画家などの芸術家が持っている場合が多いのだそうです。

イメージ 4

こちらもちょっとした空き地に建てられていますが、

この家まで行く道路を作るのがまた大変なのだろうと思います。

イメージ 5

こちらも岩陰に建っている感じです。

イメージ 6

中には廃墟か遺跡かわからないような建物もあります。

イメージ 7

こちらは昔の砦でしょうか。

イメージ 8

そしてこんな奇岩も楽しめるのです。

イメージ 9

走っているバス自身が岩壁に張り付いた道路を走っているので、

岩壁に建てられた建物を写真に撮るのは難しいのですが、

道路の曲がり具合によっては見えるチャンスがあるのです。

ただし、忘れてはならないことはバスの海側の席に座ることです。

席が海側か、山側かで雲泥の差なのです。

山側に座ると、岩壁ばかりを見る羽目になってしまいます。








★下記のURLをお気に入りに登録するといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://blogs.yahoo.co.jp/whfsc363/
 または、「モーちゃんの人生」で検索してください。
モーちゃんのPinterestです


閉じる コメント(2)

顔アイコン

庶民の家ではありませんね。

(欠かさず拝見しております。ありがとうございます)

2016/11/17(木) 午後 5:24 トアン

顔アイコン

トアンさん、ありがとうございます
そうですね、特に崖っぷちに建っている家は素晴らしいものが多かったように思います。
ガイドさんに、「あそこがソフィアローレンさんが持っていた家です」と
教えてもらったのですが、一瞬のことで、カメラに収めることができませんでした。

2016/11/18(金) 午前 10:04 モーちゃん


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事