モーちゃんの人生を楽しむブログです。一緒に人生を楽しもう!

モーちゃんのブログへようこそ!私の車中泊の旅や海外の旅などを中心に日々の生活をレポートしています。

全体表示

[ リスト ]

大雪によりシェムリアップまで行けるのか不安続きの昨日と今日でした

  (モーちゃんのブログの総合目次は→こちら

1月23日から27日まで、5日間のアンコールワットとハロン湾クルーズのパック旅行に申し込んでいました。

23日の成田集合は07:30の早朝というので、始発の電車では間に合いません。

そこで、坂戸始発04:55の高速バスを予約していました。

イメージ 1


1・成田空港への高速バスが運休になるかもしれないと

ところがです、21日になって、バス会社から電話があり、予想されている大雪のため、

バスが運休になる可能性があるというのです。

その運休はいつ決まるのかと問うに、天候の具合でいつ決まるか分からないといいます。

決まったら電話するとのことでした。

もし、バスが運休になったら集合時間に間に合わなくなってしまうので、

安全をみて前日泊をすることにし、22日泊でコンフォートホテル成田を予約しました。

このホテルは京成成田駅からすぐそばのところです。

前泊を決めたのだから、もうバスには乗らないと、バスのキャンセルの電話をしたら、

キャンセルはギリギリまで待ったほうがいいと言うのです。

運休になればキャンセル料は無料だが、その前にキャンセルすると1000円近くも手数料を取られるそうです。

ならばと、最後の最後まで待ってキャンセルする事にしました。


2・出発直前に高速バスの運休連絡

前日の22日は天気予報よりも早く、朝9時頃からチラホラと雪が舞い出しました。

ホテルには18時頃着けばいいかなと思っていましたが、だんだんと雪が本降りになってきたのと、

駅まで車でいくので予定を早め、12時頃自宅を出ました。

すると、玄関を出ようとしたその時に電話がありました。

バス会社から、運休が決まったとの連絡です。

これでキャンセル料を取られずに済みました。 良かった!


3・車と電車で京成成田のホテルへ

自宅を出た12時頃から雪は激しくなりましたが、交通機関の影響は少なく、

途中で昼食を食べ、なんとか16時過ぎに京成成田のホテルに着きました。

イメージ 2

京成成田駅は成田空港(第一ターミナル)の2つ手前の駅です。

ホテルに着いた頃には雪は10cm以上積っていました。

ホテルのフロントで受付をしている間中、部屋の空きを探す人からの電話がかかって来て、それを断っていました。

早めにホテルを予約しておいたのが正解でした。

ネットで見つけたこのホテル、部屋は狭いのですが、朝食付き2人でなんと7,400円(一人3,700円)でした。

しかも駅のすぐそばで、綺麗でサービスが良く、コスパが満点でした。

このホテルについては別途お話ししたいと思います。


4・翌朝、京成成田駅から40分遅れの電車で空港へ

翌朝、ホテルで朝食を済ませた後、集合時間の30分前にホテルを出て駅に向かいましいた。

ところが京成成田駅はホームから人が溢れんばかりの混雑で、電車に乗れるか心配になりました。

ホームの一番後ろに行って、なんとか来た電車に乗ることができましたが、

この電車、なんと40分遅れで京成成田駅を出たことが車内アナウンスで分かりました。

雪の影響で途中で遅れたのです。成田空港近くで前泊したのが正解でした。

イメージ 3


5・予定していたハノイ行きの便が7時間35分遅れの17:35発になったと

早速、4階出発ロビーの旅行会社の受付カウンターに行ったところ、

登場予定のベトナム航空10:00発のVN311は7時間35分遅れの17:35発になったというのです。

えー!そんな〜 と言っても仕方ありません。

そんなに遅れるのなら、旅行スケジュールも一部カットされるでしょう。

東京の雪が溶ける頃に着くよう、ベトナムからの出発を遅らせたのだそうです。

途中で変更になったら携帯に電話することにしてもらい、近くの椅子で休んでいました。

今回はカンボジアでアンコールワットを、ベトナムでハロン湾クルーズのパック旅行です。

現地で案内人がつくだけで、添乗員はつかない旅行です。

最初にベトナム・ハノイ乗り換えでカンボジアのシェムリアップへ飛ぶのですが、

ハノイまで6時間もかかるので、17:35発だとハノイ乗り継ぎは23:35以降の深夜ということになります。

旅行会社の人はハノイでシェムリアップの飛行機へ乗れるはずだと、言うのですが、不安です。

イメージ 4


6・フライトが09:30発のホーチミン行きに変更になったと

家内を待たせて、両替をして戻ってくると、「今、電話があって、もっと早い飛行機に乗れることになった」と言います。

早速、旅行会社のカウンターに行くと、09:30発のホーチミン行きに乗り、

ホーチミン乗り換えでシェムリアップへ行ける事になったというのです。

ホーチミン行きとホーチミンからシェムリアップへのフライトに空席があったのでしょう。

でも、我々のグループは11人と聞かされていて、全員のフライトがそうなったのかは分かりません。

その時がすでに9時頃でしたので、急いでベトナム航空のチェックインカウンターに行きました。

ベトナム航空の係員や旅行会社の係員が我々に付きっ切りで案内とフライトの変更手続きをしてくれました。

係員はフライトの変更手続きに時間を取られていましたが、我々はじっと待っていました。

やっとホーチミン行きの搭乗チケットをもらい、搭乗口へと急ぎました。

イメージ 5


7・やっとホーチミン行きの飛行機へ

搭乗口へ着いたのが搭乗時間の20分ほど後でしたが、係員の誘導で、汗をかきかき、どうにか搭乗することができました。

でも、その後も飛行機はすぐに出発することなく、40分遅れで出発しました。

遅れて来た人がもっといたのだと思います。

飛行機の窓から撮った雪で真っ白の成田空港です。

イメージ 7

飛行機に乗って、やれやれ、これでゆっくりできると思いましたが、不安はまだあります。

それは成田でもらった搭乗券はホーチミンまでのフライトの分だけです。

ホーチミンからシェムリアップへのフライトの搭乗券はホーチミンで乗り継ぎ手続きをしてくれと、

乗り継ぎのフライト情報を手書きしたメモをもらったのです。

イメージ 6

通常、乗り継ぎの場合、同じ航空会社だったら、乗り継ぎ先のフライトの搭乗券まで出してくれます。

でも、ベトナム航空とクラブツーリズムの係員の親切で迅速な対応のおかげでどうにか成田を

出発することはできましたが、この後ちゃんとシェムリアップへ着くことができるでしょうか・・・

添乗員のつかない安いパック旅行だと、こんな時に苦労しますねえ。


8・ホーチミンからシェムリアップへ

ほぼ予定通りにホーチミンに着き、空港でトランジットの手続きをしました。

ちょっとトラブって(荷物タグを貼った搭乗券の半券をなくした)手間がかかりましたが、

どうにか変更されたフライトVN813に乗ることができました。

そして予定通り、4時半頃シェムリアップへ着いたのですが、

現地案内人と会う場所に11人グループの内、1人参加の女性だけがいつまで経っても現れないのです。

他の人が、あの人、ホーチミンで乗り継ぎ手続きにトラブっていたと言います。

現地案内人は慌ててあちこちへと探しに行きました。

30分くらい待った頃、その人が突然、出口から出て来ました。

その人だけベトナム航空でなく、後発のカンボジア航空に乗せられたのだそうです。

ベトナム航空の便が満席となり、カンボジア航空になったようです。

と、大雪のおかげでいろいろなハプニングに見舞われた1日でした。








★下記のURLをお気に入りに登録するといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://blogs.yahoo.co.jp/whfsc363/
 または、「モーちゃんの人生」で検索してください。
モーちゃんのPinterestです

閉じる コメント(4)

まぁ、よりによって雪の日の出発とは、、、やきもきしますね。
でも、運は付いてるようですね。
ラッキーが続いて目的地の空港まで辿り着かれたのですから、全て良しとしましょう。
これからもラッキーがついて回りますように、祈っています。

2018/1/24(水) 午前 11:42 [ sto*es*_88 ]

顔アイコン

> sto*es*_88さん、ありがとうございます。
私も時々海外旅行しますが、こんなトラブルは初めてです。
ついているのか、ついていないのか、どちらでしょうねえ。

2018/1/24(水) 午後 11:27 モーちゃん

> モーちゃんさん

ラッキーがついて回りますよ!
旅の記録、楽しみです!
懐かしいアンコールワット!楽しく、懐かしく読ませてもらっています。

2018/1/27(土) 午前 0:41 [ sto*es*_88 ]

顔アイコン

ありがとうございます sto*es*_88さん
だからね、これがラッキーと言えるのか、アンラッキーなのか・・・
不幸中の幸いってやつですね。

2018/1/27(土) 午後 9:35 モーちゃん


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事