モーちゃんの人生を楽しむブログです。一緒に人生を楽しもう!

モーちゃんのブログへようこそ!私の車中泊の旅や海外の旅などを中心に日々の生活をレポートしています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

家内が怪我をしたのでクルーズ参加中止・ハノイ2015


ハロン湾のハロン市で、クルーズ船に乗船直前、家内が転倒し、右手首を骨折してしまいました。

現在ハロン市内の病院で手当てを受けていますが、今晩は病院で1泊し、明日、ハノイに戻ることになりそうです。

もちろん、クルーズはできません。

予定どおり明日23:55ハノイ発のJALで帰国できそうです。














総合目次からいろいろなページを訪れてみて下さい↓

モーちゃんのブログの総合目次です

★下記のURLをお気に入りに登録するといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://blogs.yahoo.co.jp/whfsc363/
 または、「モーちゃんの人生」で検索してください。
モーちゃんのPinterestです


現地ツアーをぼられないで買うには・ハノイ2015


ベトナム初の3週間の旅行があと1泊で終わろうとしています。

楽しいことも多かったのですが、悔しい思いもたくさんしました。

何が悔しいかって、旅行者を食い物にするベトナムの観光関係者のずるさと

これだけベトナムの「ボラレ対策」をして来た積りなのに何回もまんまと

引っかかってしまう自分に対してです。

旅の終わりになって、徐々にこちらのやり方が分かってきましたので、

経験した範囲で現地ツアーをぼられないで買う方法をまとめました。

★ツーリストは万とある

私が利用しているホテルの近くの交差点です。

「シン〜」などと看板を掲げている似たようなツーリストが3つ見えます。

,六笋利用したところです。

イメージ 1

もう少し大きくしてみると

「SINH CAFE TRAVEL」となっています。

その右もツーリストですが、「シン〜」ではありません。

イメージ 2

右の角を大きくしてみると・・・

△癲SINH CAFE TRAVEL」となっています。

は「SINH CAFE OPEN TOUR」となっています。

イメージ 3

反対側から見てみると、先ほどの△寮茲豊い離帖璽螢好箸見えます。

い論弔ご波弔如The Sinh Cafe Tourist」となっています。

イメージ 4

ベトナムではシンカフェのツーリストが人気で、

日本人は誰でもが使っているようですが、偽のシンカフェが乱立しているといいます。

私が使ったシンカフェに聞いてみると、この4つは皆同じ会社だと言っていましたが、

真偽のほどは分かりません。

(その後、別の店員に聞いたら、全部他の会社だそうです)

こんな具合に、ベトナムの観光地ではツーリストだらけです。


★現地の路線バスなどを熟知していれば、観光はとても安くできます。

しかし、こちらにはバス路線図(ハノイにはあるらしい)やバスの情報がほとんどありません。

そして、欧米での「Tourist Information」というものが見あたりません。

(と、思っていたら、昨日ハノイ市内のホアンキエム湖の近くで1件見つけました。

我々が知りたかった劇場の公演については分かりませんでしたが、

市内地図はもらえました)



あってもツーリストがInformationの看板を掲げているだけで、お金になる話しかしません。

従って、自分で回るのは歩いて行ける範囲とか、タクシーを利用することになるので、

どうしても現地ツアーに申し込むことになります。

ところが、ツーリストは無数にあるのですが、どこも価格表示がありません。

あっても客引きの価格で、本当の価格ではありません。

ツアーや市場には値段の表示がなく、値段は売り手(売る人)が決める仕組みです。

ですから、値段を訪ねなければいくらか分かりません。

また、値段がないのですから、売り手はいくらでも高く売れるのです。

高く売れば、それだけ売り手の懐に入ると言うわけです。

したがって、売り手はなるべく高く売ろうとします。

これが分かってきてからは、私はツアーなど高いものを買うときは最後の最後までOKと言いません。

渋っていると、黙っていても相手から値段を下げてきます。

それでも、「今日は買わない」とか言って、店から立ち去ろうとすると、さらに安い値段を言ってきます。

こうして2、3のツーリストを回って相場を知り、最後に買うのです。

安く買おうと思ったら、どんなに安いと思っても絶対に最初のツーリストで買わないことです。

ツーリストは無数にあるのですから。

しかし、相手も毎日商売をやっているプロですから、1度つかんだ客はなかなか離しません。

女性ではなかなか振り切ることが出来ないでしょう。

そこを、喧嘩してでもいいくらいの気持ちで振り切るのです。

特にホテルではチェックインした客にはすぐにツアーを売ろうとします。

「街中は高い、あなたはうちのお客さんだから特に安くする」と言われると、ついつい買ってしまいます。

ホテルでは客が街に出てツーリストに行かないまでが勝負だと思っているようで、

「今日はこれからどうする? 明日はどこへ行く?」などと、それはどこもしつこいです。

どこのホテルもツーリストを兼ねているか、大きなホテルではツーリストが入っています。

お客の代わりに予約をするだけですから、電話とパソコンがあれば誰でもできるのです。

ですから、どこのツーリストも机に女性が一人座っているだけです。

簡単なわりには自分の腕しだいで大きな儲けを得られるので、美味しい商売なのです。


★しっかりと内容を確認:

フエで市内1日ツアーに参加したら、行きはホテルまでの迎えがあったのですが、

帰りは「ここで解散です」とボートが着いた船着き場でおしまいになりました。

そういえば、帰りはホテルまで送ってくれるのか確認していなかったのです。

したがって、それからはツアーの内容をしっかりと確認することにしています。

書いたものはくれないので、ツアーデスクで説明されたプログラムを

カメラで撮っておくことにしています。

それでないと、説明を聞いた時点では分かったつもりでの、後でどこどこに

行くのかわからなくなるからです。

確認事項:出発、到着の時間、送迎、食事の有無、ツアー料金以外に必要な支払いなど。

★フエでのツアーはアルバホテルでチェックインした女性がしきりに誘うので

ついつい買ってしまった(1人37万ドン)のですが、後で町のツーリストで見ると、

1人25万ドンだったので、「やられた!」と思いました。

★フエでの市内1日ツアーはツアー料金以外に入場料が1人39.5万ドンでした。

ツアー料金よりも高い入場料を別にガイドに払う仕組みでした。

これはあらかじめ言われたので、分かっていたのですが、バスの中で

ある女性が「総額の料金と言われて払ってきた、話が違う」と怒り出し、

ガイドも困っていました。

とうとう、「ここで降りる」とバスを停めましたが、結局諦めて、参加することになりました。

ツアー料金以外の必要経費もしっかりと確認しておくことが大事です。


★今日はこれから2日間のハロン湾ツアーに参加してきます。

船内で1泊です。

良い船を選んだので楽しみです。












総合目次からいろいろなページを訪れてみて下さい↓

モーちゃんのブログの総合目次です

★下記のURLをお気に入りに登録するといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://blogs.yahoo.co.jp/whfsc363/
 または、「モーちゃんの人生」で検索してください。
モーちゃんのPinterestです


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事