モーちゃんの人生を楽しむブログです。一緒に人生を楽しもう!

モーちゃんのブログへようこそ!私の車中泊の旅や海外の旅などを中心に日々の生活をレポートしています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ゼラニュームの冬越し用花台の作成


最近寒い日が続いていますが、ゼラニュームの冬越し対策として、花台を作りました。

ゼラニュームの冬越しは外でもそれなりの対策を取れば可能ですが、

室内に取り入れるのが理想です。

冬季、我が家では、鉢物のセラニュームは室内に取り込んで育てています。

今までは室内に適当に置いていたのですが、専用の花台を作ることにしました。

ホームセンターで12mmのベニヤを買い、大きな棚板の部分はお店でカット(1カット50円)してもらいました。

足の部分は自分でカットしました。

イメージ 1

これらにコースレッド(現代の木ネジ)をねじ込んで組み立てていきます。

イメージ 2

完成した花台です。(寝た状態です)

イメージ 3

コースレッドをねじ込む前に、必ず下穴をドリルで開けます。

コースレッドの首の部分の太さが直径2.3mmなので、同じ径のドリルビット(左)を使います。

そしてコースレッドの頭に合わせて皿取りビット(右)を使って皿穴を開けます。

イメージ 4

完成した花台にゼラニュームを並べたところです。

イメージ 5

花台はダイニングの窓際に置きました。

よく日が当たるところです。

我が家のダイニングはキッチンと兼用で、冷蔵庫も一緒にあります。

冷蔵庫は内部を冷やす分の以上の熱量を外部へ出しますので、その分、いつも部屋が暖かいのです。

今朝起きたばかりの我が家の冷蔵庫のない部屋(居間)では10.5度でしたが、ダイニングでは14.0度でした。

冷蔵庫があると、約3.5度の温度差があるのです。

イメージ 6

ヨーロッパの家の窓辺はゼラニュームで飾られていますが、ゼラニュームは本当に不思議な花です。

こうやって、温度管理さえしてやれば、品種にもよりますが、冬中花が次々と咲き、1年中咲いているのです。

こんな花って、他にあるでしょうか。

ですから、私はゼラニュームの大ファンなのです。

ちなみに我が家の品種は花が大きく、旺盛に育つ「コーラル」が主です。


★その後、花台を改良しました
01/23 ゼラニュームの花台を改良しました






総合目次からいろいろなページを訪れてみて下さい↓

モーちゃんのブログの総合目次です


★下記のURLをお気に入りに登録するといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://blogs.yahoo.co.jp/whfsc363/
 または、「モーちゃんの人生」で検索してください。
モーちゃんのPinterestです


琵琶湖疏水記念館・京都の紅葉2015


京都観光の最後の日、11月25日に自転車仲間のトトちゃんを琵琶湖疏水記念館に案内しました。

琵琶湖疏水(びわこそすい)は、このブログで何回も取り上げていますが、

琵琶湖の湖水を京都へ流すために作られた水路です。

1890年に完成した第1疏水と1912年に完成第2疏水の2つの水路があって、

水道用水、水力発電、灌漑、工業用水、水運、庭園などに利用されているとのことです。

下の地図は拡大してご覧ください
カーソルを写真の右下に持って行くと+マークが現れ、これをクリックすると写真が拡大されます
イメージ 1

今回は記念館で見つけた昔の写真をご紹介します。

下は水路を掘削工事中の様子です。

こんなに大工事だったのですねえ。

イメージ 2

こちらは南禅寺のブログでもご紹介した水路閣です。

まだ樹木が少なかった時で、水路閣全体を見ることができます。

イメージ 3









総合目次からいろいろなページを訪れてみて下さい↓

モーちゃんのブログの総合目次です


★下記のURLをお気に入りに登録するといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://blogs.yahoo.co.jp/whfsc363/
 または、「モーちゃんの人生」で検索してください。
モーちゃんのPinterestです


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事