全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

きらきら輝くアトベッキンガム宮殿…。
(向)『じゃな!』(芥)『バイB☆』(日)『また明日…。』(忍)『ほな!さいなら!』(滝)『じゃあ。』 (鳳)『おつかれさまでした。』(樺)『ウス。』(宍)『…。』
そう言って(?)みんなと別れた…。

明日も会える…という喜びは私の胸の中で踊るようにはしゃぎまわっている。

『『『おかえりなさいませ。景吾お坊ちゃま。』』』

(跡)『あぁ。』

…。…これ…、夢じゃないんですか?
私は、誰に聞いてるのか…。驚きのあまり、自分さえ見失いそうだ。

(執事?)『こちらが…』
(跡)『あぁ。夕葉だ。』

(執)『こちらにどうぞ。お嬢様v』
ふぅっふえぇ?
『おっおっおっおっおおおおおぉぉぉぉお嬢様ぁぁ?!』
こうして、私の夢の時間は始まりました…。

(メイド)『こちらえどうぞ。お嬢様。』
その呼び方…、ちょっと恥ずかしいよぉ…。
…というか、変!
『は…はぁ…。』
(メイド)『今からお食事ですので、これに着替えを…。』
…ロッロリータァァ?! 
私、これ着なきゃだめですか…???


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事