全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

海外に子供と行く場合、母子手帳の英訳があると便利という話を聞きます。

母子手帳の中身は、妊娠経過、分娩記録、新生児期からの発達過程、検診の記録、予防接種記録など多岐に渡ります。お子様の発達過程がごく普通である場合、母子手帳の中でも予防接種の部分のみ、渡航先の医師にも分かる形になっていれば十分だと思いますし、何よりも予防接種の部分が一番重要だと思います。

もちろん、発達に特記すべきことがあるお子様や、持病をお持ちのお子様は、日本の主治医から英文の経過を別途書いていただくことが大切ですのでお忘れなく。

さて、長男は小学校に通うことになるため、予防接種の証明が必要になるということを知りました。小児科の先生に一から書いてもらってもよいのでしょうが、多忙な小児科医の手を煩わすのに気が引け、自分で作成しました。母子手帳の予防接種欄には英語で注射名(病気名)も併記してあるので簡単で、平成年号を西暦に直す作業が主なものです。

この証明書を、可能であれば、小児科Drに母子手帳と照らし合わせてチェックしてもらい、サインしていただくと証明書としての信頼性が上がると思います。また、この予防接種証明が、すなわち母子手帳英訳にもなると思います。

また、予防接種を受けていないのに罹った病気(はしかや、みずぼうそうなど)は、今後予防接種を受ける必要がありませんので、同じく記録が必要です。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事